※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダークシール

名称 効果 リキャスト 持続時間 能力値ボーナス
ダークシール 次に唱える暗黒魔法の命中率がアップ。 15min 1発 リキャスト2分30秒短縮

暗黒魔法専用の精霊の印。 暗黒魔法の種類を考えるとドレイン・アスピル・各種アブゾ系に使われることになる。 初期のリキャストが15minもあるため印章BCでは1回使うかどうか、Kirin以上のHNMでは2〜3回使える程度となる。メリットポイントを注ぎ込む事によって最短で10minまで短縮ができるので、当然使用回数も増える事になる。

通常戦闘での使い方

暗黒+ギロティン→ダークシール+ドレインで1500ダメージ+約HP300回復ぐらいいけるぐらい。やった後はタゲ固定が必須なので戦況を見たうえで使うようにする。 ドレインと比較して命中率が高いドレインIIの実装によりドレインのためだけにダークシールを使う必要性がなくなってきた。

ダークシール+ドレインIIとブラッドウェポンとの併用

タイトルどおり。目的は最大HPを増やし暗黒時に与えるダメージを上げる事にある。 ドレインIIが入れば暗黒魔法スキルにもよるが300〜360ほど最大HPが上がり、結果的に1回の攻撃で30〜36ダメージを追加で与える事になる。

対HNMでの使い方

アブゾインを使った精霊魔法支援やアブゾマインを使った弱体魔法支援が必要な状況では優れている。また単発ドレインでも吸収量によっては十分な回復手段になるかもしれない。