|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

敵パレットデータについて

モンスターパレットについて

うpされている構造体ではWORD 00[16];で16色/32バイト/384個になっていますが、
海外のFF6グラフィックエディタではパレットは8色/16バイト/768個となっています。
どちらもデータ量は(32*384=16*768=12,288)で同じになります。
モンスターによっては8色使用したり16色使用したりと使用色が異なります。
16色モンスターはパレット番号をnとするとn番とn+1番のパレットを使用、8色モンスターはn番のパレットを使用しています。
ただし16色使う場合は最大で766番のパレットまでしか使用できません、8色は767番まで使用できます。

構造体のモンスターグラフィック情報3-4バイトで使用するパレットを決めています。
3バイト目の下位4ビットがパレット番号上位2ビット、4バイト目でパレット番号下位8ビット格納されています。

FF6は656番までモンスターパレットのデータがあり657番から767番まで未使用です。
FF6Aでは767番まできっちりモンスターパレットのデータが入っていました。
追加モンスターパレットのデータをFF6Aから持ってくればFF6でもFF6Aの追加モンスターが作れます。
ただし丸ごとパレットデータを写すと途中から色がおかしくなります。
676番から767番のパレットデータだけ写してください。

メニュー
トップページ

Final Fantasy I


Final Fantasy III


Final Fantasy IV


Final Fantasy V


Final Fantasy VI


編集用



最新の10件

取得中です。


total -
today -
yesterday -