|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

敵画像の移動・追加

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

敵画像データの移動方法
1:Lunar ExpandでROMを28Mbit以上に容量拡張する。
2:以下のアドレスをバイナリエディタで書き換える。
例として0x297000hから0x300000hに移動した場合。
0x0120ED:70 > 00
0x0120F3:E9 > F0
(バンク$E9:7000から$F0:0000に移動)
3:バイナリエディタで0x297000h-0x2CE2FFhのデータをコピーして移動先アドレスの先頭から貼り付ける。

敵画像データについては合計256KB使用でき、残り36KB追加できます。
元のアドレスだと残りが少ししか空いていないので画像の追加は実質無理です。
(アイテム説明文を移動するか潰せば4KBまで追加可能)

オメガパッチはプログラムに手を入れてあり、標準の256KBと拡張した256KBの合計512KB使用できるようです。
0x340000h以降に拡張した分の画像データが格納されています。
この領域に画像を追加する場合の画像データのオフセット計算式
(画像データ先頭アドレス-0x3?0000h)を8色画像は2、16色画像は8で割ります。
?は画像を配置したアドレスによって異なります。
0x350000hに配置した場合は5、0x360000hは6と64KBごとに変わります。

オメガパッチで拡張されたモンスターデータ(0x1A0以降)にFF6にデフォルトのモンスターを色違いで追加する時は0x340000h以降にも画像データが必要になります。

0x380000以降には他のデータがありますがここは絶対に上書きしないでください。
街やチョコボ屋に入った時に画面がバグります。
メニュー
トップページ

Final Fantasy I


Final Fantasy III


Final Fantasy IV


Final Fantasy V


Final Fantasy VI


編集用



最新の10件

取得中です。


total -
today -
yesterday -