※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


F:登場人物についての予想(マリ以外)

この項目ではヱヴァンゲリヲン新劇場版における 登場人物についての予想 のうち、マリ以外に関するものを紹介します。マリに関する予想については別個に項目(G:登場人物についての予想(マリ))を用意しました。そちらを参照してください。

TIPS
混乱を避けるため、当wikiで用いた一部の用語についての簡単な用語集を用意しました。
あくまで混乱を避けるための用語集なので、初心者向けの用語解説や詳細な用語解説は 新世紀エヴァンゲリオンの用語一覧(wikipedia) 等を参照してください。


目次(掲載順)
五十音順索引は こちら からどうぞ

※この項目の見方
  • 提唱 主にその予想を最初に提唱したレス、または、詳しく説明したレスの番号と該当スレです。(スレ番号)-(レス番号)の表記になっています。例えば、01-0001は初代スレのレス番号1番を表します。他にもその予想を詳しく説明したレスや、もっと先に提唱したレスがあるかもしれませんが、あくまで引用元があるということを示しておきたいだけなので、ご理解ください。
  • 有力度 その予想を1.該当レスの数、2.そのレスに対するスレの反応やレスの数、3.その予想がどれだけストーリーに適するかを、管理人が主観を交えて格付けしたものです。勿論あくまで参考です。
    • :相対的に見てやや劣る予想。
      • 該当レスが比較的少ない説。スレの反応が比較的悪い予想。
    • ★★ :相対的に見て普通程度の予想。
      • 該当レスが普通程度の説。スレの反応が普通程度の予想。 
    • ★★★ :相対的に見て優れている予想。
      • 該当レスが多い説。スレの反応が比較的よい予想。
  • 真偽 その予想の真偽が明らかになった段階で、4段階に分けて検証します。各記号の意味は以下のとおりです。
    • :完全に的中
    • :大筋で的中
    • :部分的に的中
    • × :完全に誤り
  • 内容 その予想の該当レスの内容を管理人がまとめ、書き起こしたものです。
  • タイトルナンバー右端の半角英字(ex.No.001a,No.001b 同じような予想を分けたものです。
  • タイトルの下括弧内の英数字コード(ex.01A001a) 誤字・脱字や、内容に関する議論をBOARDでする際に、予想を特定するのに用いてください。


No.001

「月面で全裸でいられるので、カヲルは普通の人間ではない」とする説

(01F001a)

提唱:01-0384など
有力度: ★★★
真偽:

内容
旧作同様、カヲルは普通の人間ではない(※注1)とする説である。
旧作同様、使徒であるとの意見や、レイのようにアダム(もしくは別の使徒)の魂をサルベージした人間であるとの意見、はたまた今作が旧作からループした世界であることを前提として、EOEで登場した量産型EVAシリーズのダミープラグから抜き出されたという意見もあるが、現時点ではいずれも情報不足であり、何とも言えない。

※注1:旧作では「タブリス」と呼ばれる第17の使徒だった。


No.002

「アスカがSEELE側に回り、シンジをはじめとするNERVと戦う」とする説

(01F002a)

提唱:01-0400など
有力度:
真偽:

内容
最後の月面(※注1)のシーンで、月面にいた巨人がアダムであり、リリスベースの"Prototype"EVA零号機&"Test Type"EVA初号機 vs アダムベースの"Production Model"EVA弐号機以降(NERV vs SEELE)の構図を示唆する説である。(※注2)
しかし、ゲンドウの「弐号機と付属パイロットは現在ドイツに於いて実証評価試験中」という台詞や、この説の具体的な根拠が全く無いことから、現時点では提唱者の空想の域を出ない。

※注1:DVDの特典映像では「静かの海」と紹介されている。これは月の 表側 である。
※注2:旧作では、零号機のベースについてはっきりとは触れられていない。



No.003a

「ヤシマ作戦後、EVA零号機エントリープラグ内でレイの手元から落ちていくゲンドウの眼鏡の描写は、後にシンジとレイが結ばれる伏線である」とする説

(01F003a)

提唱:02-0292など
有力度: ★★
真偽:

内容
今作のTV版からの変更点の一つとして、ヤシマ作戦後のEVA零号機エントリープラグ内で、レイが救出に来たシンジの顔を見たときにゲンドウの顔がフラッシュバック(※注1)されるカットが削られ、代わりにエントリープラグ内に持ち込んだゲンドウの眼鏡(※注2)を手元から落としてしまうカットが追加された点が挙げられるが、これが旧作とは異なり、今作ではレイとシンジが結ばれる伏線であるとする説である。ちなみに、TV版では第16使徒(「アルミサエル」と呼ばれた)との戦いで、レイが自爆する直前にEVA零号機エントリープラグ内で「私は碇君と一緒になりたい」と発言する。
そうすると、今作ではストーリーにおけるアスカの存在の比重が大幅に下がるのことも考えられる。
しかし、旧作ではレイの体はユイ由来であり(※注3)、そのままの設定でいくと、果たしてシンジと結ばれるのが可能かどうかという問題もある。

※注1:起動実験中にEVA零号機が暴走し、ゲンドウが強制排出されたエントリープラグからレイを救出したシーンと思われる。
※注2:TV版ではそのような描写は無かった。
※注3:リリスの魂をユイから作られた体に宿した人であり、リツコの母である赤木ナオコ博士が幼い一人目のレイの姿を見て、即座にユイを思い出すほどユイと似ていたようだ。



No.003b

「レイが病院のベッドで眠るシンジを心配して泣いていた」とする説

(01F003b)

提唱:01-0277など
有力度: ★★
真偽:

内容
第6の使徒(TV版では「ラミエル」と呼ばれた)の攻撃を受け、強制回収された初号機から救出されたシンジが病院のベッドで目を覚まし、ベッドの横に座っていたレイの存在に気づくカットで、レイの読んでいた本をよく見ると、涙で濡れたシミのような部分があり、それがこの説の根拠となっている。
ちなみに、シンジが目を覚ますや否や、レイは隠すようにして読んでいた本を閉じた。


No.003c

「レイにはユイの魂が宿っている」とする説

(01F003c)

提唱:01-0277など
有力度:
真偽:

内容
01F003b「レイが病院のベッドで眠るシンジを心配して泣いていた」とする説を初めとして、旧作と比べ、今作ではレイの人間的な部分(シンジを見守るような部分)がより多く描写されているため、今作ではユイの魂がレイに宿っているのではないかとする説である。
ちなみに、ユイの魂を宿しているといっても、記憶や感情までは移すことはできず(※注1)、故にストーリーに対して大きな矛盾とはならない。
しかし、レイの人間的な描写・シンジを見守る描写が、レイがユイの魂を宿しているということの根拠としては、やや弱い感がある。

※注1:旧作設定。記憶のみ事前に記録したものを移すことが出来るようである。



No.004

「シンジが第3の使徒である」とする説

(01F004a)

提唱:01-0713など
有力度:
真偽:

内容
最後のカットにおけるカヲルの台詞「また三番目とはね。(後略)」における「三番目」が、シンジが第3の少年であるだけではなく、「第3の使徒」であるという意味も持つとする説である。
カヲル(※注1)をアダム、レイ(※注2)をリリスと見たて、現時点で第1、第3の使徒が空白(※注3)であることと対応させると、うまく整合が取れるが、具体的な根拠はない。

※注1:旧作では、第1の使徒アダムより生まれし第17の使徒であり、TV版ではタブリスと呼ばれた。
※注2:旧作では、ユイ由来の体に第2の使徒リリスの魂を宿した人間である。
※注3:第2の使徒はリリスであるとミサトが発言した。



No.005

「カヲルと加持が同一人物」とする説

(01F005a)

提唱:31-0170など
有力度:
真偽:

内容
DVD版のscriptで、予告のマリが登場する直前のカットがどこからどう見てもカヲルであるのに、「加持」と説明されていたというのがこの説の根拠である。
非常に細部まで作りこまれているエヴァンゲリオンシリーズにしては珍しく、これはさすがに誤植である可能性が高そうだ。



(以下広告)




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー