※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


骨について

骨というものはその生物の体の体格を維持するために最も必要な物でありドラゴンもその例外ではない。
今回の解剖の際に確認できたのは600以上の骨を確認したが、問題は今回のサンプルは子竜であり
成体のドラゴンについての情報は不明である。

骨の種類

比較、骨の構造は既存の動物とほぼ酷似している。
胴体部分はトカゲで、肩甲骨に羽腕部分の骨が接続されている。
羽部分の骨は人間の手の構造と似ている。
基本的は骨の構築についての説明は今後発表する。

羽骨に構造について

ドラゴンの羽は肩の位置に存在し、羽の根元から第一関節までの長さはドラゴンの尻尾の先端部分まであり。
第一関節は人間のヒジと同じ構造をしており、そこから第二間接までの長さは先ほどの長さと同じ物である。
第二関節からは五つの骨に分かれており、人間の手その物の構造をしている。
親指部分の関節は短く、他の指部分の骨は体長の同等以上の長さをしていおり、関節は5つに分かれている。
翼について細かい詳細は次の記録にて説明する。

ドラゴンには全ての種類において角があると言われているが、このドラゴンについていなかった
恐らく、幼体であるのが主な理由であると推測した。

竜の牙については様々な魔力の媒体になる事で有名であり、我々はそれを保管した
牙についての研究は後に行う予定だ。

以上、骨についてのレポートである。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|