ステータス入手方法詳細情報性能性能比較その他コメント


毒蛇一芸

詳細情報

イラストレーター
真じろう
キャラクター詳細
長い研鑽の末に辿り着いた拳の極北。
されど、その道程で削ぎ落とした意思の欠如故に、
男は茫漠たる暗殺者でしかありえなかった。

ただ喪われるばかりの雨の夜。
ひとりの魔女との邂逅が訪れるまでは。

入手方法

  • 聖晶石召喚(2016/4/11~)

性能

★4のArtsカードの性能アップ礼装。

フォーマルクラフトを超える強化倍率だが、3ターン限定である。
スキルにより即座にNPを貯められるメディアのようなサーヴァントに合っている。

効果比較

No. Rare Name Cost 初期
HP
初期
ATK
MAX
HP
MAX
ATK
効果対象 上昇値 最大解放 備考
003 1 技巧 1 0 100 0 300 Artsカードの性能 3% [5%]  
013 3 青の黒鍵 5 0 200 0 1000 8% [10%]  
023 4 投影魔術 9 0 400 0 1500 15% [20%]  
031 5 フォーマルクラフト 12 0 500 0 2000 25% [30%]  
093 3 阿蘭若 5 0 200 0 1000 Artsカード性能(3T) 15% [20%]  
156 5 冠位人形師 12 400 250 1600 1000 開始時NP 50%[60%]
182 4 毒蛇一芸 9 320 200 1200 750 30% [40%]  


その他

  • イラストに描かれているのは『Fate/stay night』でのメディアのマスター、「葛木宗一郎」。
    • Arts宝具の連打が狙える彼女こそ、この礼装の数少ない使い手の一人でもある。
    • 蛇が描かれているのは、暗殺拳「蛇」の使い手であることを表している。
      • 動きの読めない戦い方をすることで、初見ではサーヴァント相手でも互角に戦うことが可能。3ターン限定の設定はここから来たものか。
    • 教師然としたスーツ姿のまま拳を振るう「朽ち果てた殺人鬼」を自称する人物で、これまで蛇のオーラをまとうどころか、上半身裸になったこともない。

コメント

  • ↑3 そうか?客観的事実しか書かれてないじゃん。別に暴言が書かれてるわけでも無いし。これを読んで書いた奴の性格が悪いと感じるような奴って、ぶっちゃけこの性能を考えた本人ぐらいだと思うぞ。 -- 2016-04-15 19:43:16
  • このコメント欄から「イベ終わったら餌」「ゴミ」とか明らかに口の悪い内容を除去しつつまとめてあるのに、それでも気に入らないならもう自分で書けよと -- 2016-04-15 21:34:27
  • まあ他に礼装無いなら比較的使われる方だとは思うけどね ☆3☆4の有象無象と比べたら最低限効果あるだけマシ 凸龍脈複数とか作れるようになったら要らんけど -- 2016-04-20 00:50:01
  • 龍脈はフレポからも出るし、今回のイベントで腐るほどフレポもらえたのもあって、凸龍脈複数のハードルはかなり低くなってると思うぞ。 -- 2016-04-20 03:34:18
  • ↑龍脈はフレポからしか出ないぞ -- 2016-04-20 04:39:25
  • 初見殺しで2戦目には負け確定の葛木の礼装にターン制限は原作ファンとして納得のでき -- 2016-04-20 05:08:05
  • 効果量は納得じゃないけどな -- 2016-04-20 12:25:39
  • セイバー圧倒出来るなら80%ぐらいあってもいいな。キャス子に合わせる時黒聖杯と考えるようになるし、そもそも3ターンってそのぐらいないとまず選ばないよね。 -- 2016-04-27 01:46:04
  • イベ復刻に備えて一応餌じゃなくて凸して保管庫行き - 名無しさん 2016-12-22 21:55:01
    • 丸一年以上経って復刻されるとはな・・・ - 名無しさん 2018-01-12 11:34:17
  • 3Tで効果有効に使えたためしがない。 - 名無しさん 2018-01-09 19:16:31
    • 発動するターンを選べる(3回分)か、発動してから3T有効だったら活用の余地があったかも? - 名無しさん 2018-01-09 20:50:24
      • そうなったら、完全に外付けスキルやん - 名無しさん 2018-01-09 23:06:20
    • ヴァチカン回る時にマーリンがゴーストに天地人不利だから顕学つけるよりも3T周回安定するということに気がついてしまった。まぁ特攻の時くらいは効果出してもらわんとな - 名無しさん 2018-01-14 20:34:58
名前:

すべてのコメントを見る