+ セリフ一覧
Grand summon
召喚 「サーヴァント、諸葛孔明だ。……何、別人じゃないかと?
 その通り、エルメロイ二世だ。
 だが力は引き継いでいる。問題じゃあない」
Synthesis
レベルアップ 「やれやれ……一歩近付いたか」
霊基再臨 1 「ここまでに至ることも、私にとっては奇跡に等しいか」
2 「先は長いな。さて、あれを補佐する軍師になるまで、あとどのぐらい必要なのか」
Battle
開始 1 「戦闘か。なるべくは避けたい行為だが、仕方あるまい」
2 「一気呵成に滅ぼしてくれよう。やるぞ、マスター!」
スキル 1 「くだらん」
2 「ふむ、ではこうしよう」
コマンドカード 1 「ふっ」
2 「つまらんな」
3 「仰せの通り」
宝具カード 「物理で殴るだけが戦いじゃない……」
アタック 1 「計略だ!」
2 「罠だ」
3 「無駄だ!」
エクストラアタック 「嘆かわしい。簡単すぎる!」
宝具 「これぞ大軍師の究極陣地、『 石兵八陣 (かえらずのじん)』! ……破ってみせるがいい」
ダメージ 1 「迂闊!」
2 「くっ」
戦闘不能 1 「ここまでか……後を頼む」
2 「ライダー……貴様の名を汚したかもしれん」
勝利 1 「犠牲が少なければ、それでも勝利だ」
2 「最上に近い勝利だが、戦う前に勝つくらいでなければな」
My room
会話 1 「さて……そろそろ出かけようか」
2 「私が仕える主は一人だけ。あくまで使える駒の一つと考えておけ」
3 「私はあの征服馬鹿以外に仕える気は毛頭ない。しかし、君とは良い関係でいたいものだ」
4 「」(イスカンダル 所属)
好きなこと 「好きなもの? そうだな……。物分かりのいい生徒、静けさに満ちた教室、頭に豆腐が詰まっていない同僚……といったところか」
嫌いなこと 「嫌いなタイプ? 乱暴な男、下品な男、夢もなく覇気もなき男。女でも同じだ」
聖杯について 「聖杯ね。いらんよ。できれば解体したいものだ」
Lv.1 「ええい! 鬱陶しい!」
Lv.2 「邪魔だ、邪魔」
Lv.3 「ライネス? いや、私は諸葛孔明だ。何のことだかさっぱり分からないな。……おい、時計塔に連絡しようとするな。おい!」
Lv.4 「ところで、極東地区は歴史改変に関係ないのか? 秋葉原とか、ゲームの歴史が……あ、ないか……そうか……」
Lv.5 「見ての通りゲーム中だ。話しかけるのは構わんが、髪を弄るのだけは止めてもらおう。気が散るなんてレベルじゃないからな……!」
イベント開催中 「どうやらトラブルがあったらしいな。様子を見てみろ」
誕生日 「何だ、君が産まれた日か。祝い事なら祝っておけ」
Event
Fate/Accel Zero Order 1 「第四次聖杯戦争か。実技課題としてはやや過酷すぎるかもしれんが、君より未熟な魔術師が無事生還した例もある。安心したまえ」
2 「よろしい、それでは採点だ。……ほほう、悪くないじゃないか。その調子で頑張りたまえ」
3 「レポートの提出か。ああ、そこに置いておいてくれたまえ。私は今オンラインマッチで手が離せん……いや、こっちの話だ。気にするな」
4 「ところで取得単位を間違えていないだろうな? たまにいるんだ、そういう迂闊な生徒が……。科目はきちんと確認しておくんだぞ」
5 「フィールドワークも時計塔では命懸けだ。ま、魔術の研鑽を志すなら当然のリスクだが。死ぬより悲惨な結末にならないよう、せいぜい頑張りたまえ」
6 「今期の講習は終わりだ、補講はない。君の成績は……うん、まあ単位の取得には十分だと認めるしかないな。よくやった」
7 「受講証明書と修了証はきちんと受け取っているだろうな。せっかく私の集中講座を受けたのだ。成果はきちんと、後々に活かしたまえよ」
8 「今期の講習は終わりだ。君にとって実りある授業だったならよいのだが。教室に忘れ物などしないように」
9 「やり遂げたか。ま、合格点といったところかな」
10 「ほほう……大したものだ。その調子で頑張りたまえ」
11 「うん、それでは新しい課題だ。次は少々難題だぞ」
12 「よろしい。それでは次の段階に進むとしよう」
13 「次は教室が変わるぞ。遅刻しないようにな」
14 「見事だ。君の奮闘で、一つの運命が覆された」
15 「全ての課題を提出したな。よくやった」
16 「おめでとう。長い道のりだったが、本講はこれで修了だ。来期は私のゼミに参加してみないかね。見込みのある生徒は、いつでも歓迎だ」
Synthesis(再臨三段階目以降)
レベルアップ 「そりゃ成長するよ。まだ青年だし」
霊基再臨 3 「見ろよライダー! ボクだってやればできるのさ! ……あれ?」
4 「これが限界か。まぁ仕方ないか。感謝するよマスター、ここまで来られたのもあんたのおかげだ」
最大レベル到達 「痛い思いをした甲斐があったな!」(現在なし)
Battle(再臨三段階目以降)
開始 1 「戦闘かぁ……なるべく避けたいところだけど、仕方ないな」
2 「一気呵成に畳み掛ける!」
スキル 1 「つまんない連中だな。他にやることないの?」
2 「じゃあ、こういうのはどうだ?」
コマンドカード 1 「よぉし」
2 「あぁ」
3 「行くぞ」
宝具カード 「全てはボクの思うまま! ……ってね」
アタック 1 「計略だ!」
2 「罠だ!」
3 「無駄だ!」
エクストラアタック 「簡単すぎるんだよ!」
宝具 「これぞ大軍師の究極陣地、『 石兵八陣 (かえらずのじん)』!
ダメージ 1 「うわあぁっ!!」
2 「うわっ!」
戦闘不能 1 「ここまでか……ちくしょう……」
2 「悪い、ライダー……」
勝利 1 「これでも勝ちは勝ちだよな、うん」
2 「最上に近い勝利だけど、戦う前に勝つくらいでないとな」
My room(再臨三段階目以降)
会話 1 「そろそろ出かけよう。ここじゃ、早起きは三文の得って言うんだろ?」
2 「ボクが仕える主は一人だけだぞ。だからあくまで、使える駒の一つと考えておけよ」
3 「ボクはあの征服馬鹿以外に仕える気は毛頭ない。お前とは、主従とは別の……いい関係でいたいかな」
4 「 」(イスカンダル 所属)
好きなこと 「好きなもの……。そんなの決まってるよ。ボクの才能を正しく評価できて、かつ、尊敬に値する相手だね!」
嫌いなこと 「暴力は嫌いだよ。前に進んでいるように見えて、その実後退しているだろう? あれって」
聖杯について 「聖杯……ね。いらないよ。できれば解体したいくらいさ」
Lv.1 「何だよ、鬱陶しい!」
Lv.2 「邪魔だ、邪魔!」
Lv.3 「ライネス? え、いや。ボクは諸葛孔明だから、何のことだかさっぱり分からないな。……おい、時計塔に連絡しようとするな。おい!」
Lv.4 「ところで、極東地区は歴史改変に関係ないのか? 秋葉原とか、ゲームの歴史が……あ、ないか……そっか……」
Lv.5 「見ての通りゲーム中だよ。話しかけるのはいいけど、プレイの邪魔だけはするなよな。ボクは効率厨なんだ、ここまで積み重ねた時間を、ムダにされたらたまらない」
イベント開催中 「なんだかトラブルっぽいな。様子、見に行く?」
誕生日 「誕生日ぃ? 只の目安だろ! 特別騒ぐような日じゃないさ」