+ セリフ一覧
Grand summon
召喚 「よう。サーヴァント・ランサー、召喚に応じ参上した。
 ま、気楽にやろうやマスター」
Synthesis
レベルアップ 「身体のキレが良くなったな。イケるイケる!」
霊基再臨 1 「影の国での修行を思い出すねぇ」
2 「おう! ガンガンアゲていこうぜ!」
3 「そろそろ俺の槍も神域クラス! ……なんて、そう甘かねぇか」
4 「これにて打ち止めってなぁ! どうだい? 俺の槍は英霊随一だろう? いやぁ~スカサハの師匠に見せたかったぜ!」
Battle
開始 1 「おう、かかってきな」
2 「少しは楽しめそうじゃねぇか」
スキル 1 「んじゃまぁ、ぶちかますかねぇ!」
2 「紅い棘は茨の如く、ってな」
コマンドカード 1 「おう!」
2 「行くぜ!」
3 「まかせな!」
宝具カード 「呪いの 朱槍 (しゅやり)をご所望かい?」
アタック 1 「シッ!!」
2 「ふっ!」
3 「そらっ!」
エクストラアタック 「よいしょっと!」
宝具 「その心臓貰い受ける! 『 刺し穿つ死棘の槍 (ゲイ・ボルク)』!」
ダメージ 1 「痛ってェじゃねーかッ!」
2 「っ痛ぇッ!」
戦闘不能 1 「抜かった……ぜ……」
2 「悪い、ちょっとタンマ……!」 
勝利 1 「何だよ……あっけねぇな」
2 「あ? 何? 今の全力?」
My room
会話 1 「ハァーつまんね。いい加減戦いに行こうぜ。マスター」
2 「あぁ? マスターには従うぜ俺は。アルスターの流儀だからな」
3 「いい戦いといい獲物、加えていい主人がいるんなら、番犬は満足だねえ」
4 「あの野郎と一緒とはなあ。あの赤い弓兵のことだよ。どこに召喚されてもあの顔があるんだ。いい加減運命とか感じちまうだろ? ……おーヤダヤダ」(エミヤ 所属)
5 「感謝するぜマスター。味方にフェルグスがいるんなら百人力だ! あとは師匠がいればまさに敵無しなんだがな」(フェルグス・マック・ロイ 所属)
6 「なあマスター、スカサハはオレの師匠なんだが……なんだよあれ、城に居た時より腕前上がってねーかあの人!? てかゲイ・ボルク二槍流って、オレの立場ないですよね?!」(スカサハ 所属)
好きなこと 「俺の好み? 無理難題と気の強い女ってところか。まあ、どっちもロクな目に遭ってねえんだが」
嫌いなこと 「嫌いなものはハッキリしてるぜ。裏切りには倍返しだな。面倒なのも性に合わねえ」
聖杯について 「聖杯ねえ。さーて、何に使ったものか……ま、手に入れてから考えるわ」
Lv.1 「どこかで会ったか? 初見の気がしないんだが…。ま、今後ともよろしくな!」
Lv.2 「聖杯戦争ってのは、場所ごとにルールと規模がマチマチでよ。今回はまた随分とでっけぇ話になってんなぁ」
Lv.3 「ゲッシュってのはケルトの戦士が交わす誓いのことだ。多ければ多いほど戦士としての格が上がるんだが……。まぁ、大抵はやっかみ、嫉み、妬みによる嫌がらせなんだわこれが! ハッハッハッハッ!」
Lv.4 「俺には3人、いや、4人の女がいてな。槍の師匠と姫さんと死の女神と敵国の女王。どれもロクに約束を果たせなかった。今回少しは甲斐性を見せられればいいんだが」
Lv.5 「お前さんとも長い付き合いになったな。俺はこの通り古参兵だが、重宝してもらえるんなら死力を尽くす。まあなんだ、照れ臭いが、これからも頼むぜ! マスター! ってことだ!」
イベント開催中 「おう、どこぞの間抜けが攻めてきたな。ちょいと懲らしめに行くかい?」
誕生日 「誕生日だぁ? なんだそれ早く言えよ! 猪の一匹でも狩ってくるか!」