+ セリフ一覧
Grand summon
召喚 「サーヴァント・アーチャー。召喚に応じ参上した」
Synthesis
レベルアップ 「まだまだ、気を緩めないことだ」
霊基再臨 1 「そろそろ本領発揮といこうか」
2 「魔力の底が上がってきたな」
3 「これなら単騎でも戦えそうだな」
4 「見事だマスター。君の信頼に応えよう」
Battle
開始 1 「懲りない連中だ」
2 「全霊でお相手しよう」
スキル 1 「くせが悪くてね」
2 「トレース・オン」
コマンドカード 1 「よし」
2 「攻め時だな」
3 「いいだろう」
宝具カード 「魔力を回せ。決めに行くぞマスター!」
アタック 1 「ふっ」
2 「はあっ!」
3 「せい!」
エクストラアタック 「もらったぞ!」
宝具 「I am the bone of my sword.---So as I pray, unlimited blade works.」
ダメージ 1 「やってくれる!」
2 「ぐっ!」
戦闘不能 1 「深手を負ったか」
2 「私の、敗北だ」
勝利 1 「決意も覚悟も足りなかったな」
2 「もう少し手こずると思ったのだが……」
My room
会話 1 「そろそろ出陣だ。準備はできているかね」
2 「契約だからな。どんな命令であれ、とりあえず話は聞くさ」
3 「サーヴァントといえど好き嫌いはある。信頼に足る采配を願いたいものだ」
4 「サーヴァントのクラスに相性があるように、英霊そのものにも相性がある。私の場合、金色のアーチャーと青いランサーがそれだ。くれぐれも、同じチームに入れないでくれ」
5 「信じられん……。以前から災難体質だと思っていたが……まさか、女神に取り憑かれるとは。よほど波長が合っていたんだな……。素直じゃない系女性の原点というやつか」(イシュタル所属)
6 「最近、厨房の食材の減りが早くてねぇ。原因はわかっているのだが、どうにも私では対処できない。きみの方から、おかわりは2杯までと、あのトラぽいご婦人に注意してくれないか」(ジャガーマン 所属)
好きなこと 「休日にやること……? 武器いじりと……だいどこ、水回りの整理、といったところかな」
嫌いなこと 「嫌いなものか? 未熟な自分はまだ直せるが、未熟な思想は我慢できないな。あ、いや、君の話じゃない。こちらの話だよ、マスター」
聖杯について 「聖杯に興味はないよ。願いの一つもない、つまらない男だと思ってくれ」
Lv.1 「新米マスター……いや、新米魔術師か。気持ちはわかるよ。無力な自分をもどかしく思うだろうが、今はじっくり進むことだ」
Lv.2 「サーヴァントがどんな生活を送っているかだって? そうだな……召喚されてからは、君たちとそう変わらない。サーヴァントごとに個体差はあるが、食事や睡眠を楽しみにする者もいる。私? 私は……まあ食事は楽しんでいるよ。主に作る側で、だが」
Lv.3 「調子がいいじゃないか。少しは自信が持ててきたんじゃないか? 結構。その意気だ。オレも及ばずながら手を貸そう」
Lv.4 「ん? ……偶に一人称が変わるのはなんでかだって? あぁ……そ、そうか、無意識に溢れてしまうようだな……気を抜くと地が出るというか……オレという呼称は若い頃の癖みたいなものなんだ」
Lv.5 「この戦いもじき終わるかと思うといささか寂しいな。英霊として多くの戦場を経験したが、この戦いは特別だ。人類を救うなんて大きすぎる話だが、君が戦う以上オレも負けてはいられない」
イベント開催中 「ん……何か起きたようだ。厄介ごとでなければいいが」
誕生日 「誕生日おめでとう、マスター。今日一日、無様なところは見せられないな」