バレンタインイベント2017に期間限定で登場した星5バーサーカー。
HPは星5バーサーカーで2位、ATKはワースト2位でHP寄りのステータス。
バーサーカーゆえクラスに影響されにくい攻撃力と、スキルのスター操作でパーティを底上げする、サポート型サーヴァント。

Quick単体宝具、カードはBBAQQとバーサーカー初のQメイン構成。
Q宝具に加えQ2枚持ちでQチェインを狙いやすい。BAQどのカードもNP回収率が高く、バーサーカーとしては高いNP効率を持つ。
スキル2のQバフがあるので星出し性能はアサシン並み。宝具込ならば自身でQチェインが可能で、成立すれば40前後のスターを稼ぐ。
また、最短CT5で3ターン火力バフを2つ持っているので通常火力も良好。

第1スキル「∞黒餡子 EX」(旧名:∞チョコレート EX)は自身のHP回復と3ターンの回復量アップ。回復量はLv10で2000だが、前述の回復量アップの補正が加わり実質3000回復となる。
バーサーカーなので3000でも心細いが、回復量アップは味方からの回復にも適用されるため編成次第ではある程度効果が増す。最短CTも5と使いやすい。
(17年2月24日メンテナンス時に「∞チョコレート EX」から「∞黒餡子 EX」へ名称変更)

第2スキル「直感 C」は初期からの汎用スキルで即時スター獲得。
「王の見えざる手」との併用が基本だが、スター発生に長じた編成ならば単独で使っても効果を発揮する。
2017/7/31に強化クエストが解禁され、それをクリアする事で「刹那無影剣」へ変化。
CTはそのままに自身の3ターンのQuick強化が追加され、スターの獲得個数が最大20個に増加した。
Quick強化はダメージ、NP獲得、スター発生を3つとも強化でき、効果量が3ターン30%アップ。
今まで以上に味方全体のクリティカルに貢献でき、さらに自身の攻撃力も上げる強力なスキルになった。

第3スキルは「王の見えざる手」。「カリスマA」相当の全体攻撃バフと、指定した味方単体のスター集中率(SW)を1ターンだけ100%ダウンさせるXオルタの目玉スキル。
100%ダウンなので指定された味方のSWは0になり、 Xオルタは元々スターをほぼ吸わないため、指定しなかった味方にスターを集中させられる。
ただし、SWの仕様で指定した味方にもスターが配分される可能性があり(※)、元からSWの低いキャスター、バーサーカー、アヴェンジャーにはスターを集中させにくい。
このため、上記3クラス以外のサーヴァントにスターを集中させるのが主な運用となる。
特に“クリティカル威力アップを持つが、スター集中を持たないキャラ”となら弱点を補う組み合わせになる。
最短CT5なので、単純にオマケのついた「カリスマA」として回転重視で使っても仕事をする。
+ ※SWの仕様について
第2、第3スキルを併用したスター操作はコマンドカードの配布を確認してから使えるのも強みだ。

宝具は単体Quick宝具「黒竜双剋勝利剣」。
セイバークラスの『サーヴァント』に対してのみ特攻があり、特攻が入ればほとんどの単体宝具アーチャーよりダメージが出る。
特攻対象の範囲自体は狭いが、バーサーカーで火力バフも揃っているので特攻対象外にも大きなダメージを期待できる。NP効率の良さから連射も狙える。

おすすめ礼装はQ強化のイマジナリ・アラウンド、スター出しを行う2030年の欠片、両方の効果を備えるデンジャラス・ビースト
事故を嫌うならガッツを付与するカルデア・ライフセーバーズ、防御アップ効果の鋼の鍛錬、無敵3回付与の月霊髄液など。
限凸したいつかの夏で生存率を高めつつ星出し性能や宝具威力を上げるのもあり。

第2スキルと第3スキルで他の味方にスターを流し、クリティカルさせるのがXオルタの役割。
強化クエストによって単独でも飛躍的に火力を高められるようになったため、クリパでのサブアタッカーとして主力級の活躍ができるようになった。
しかし脆さは相変わらずなので編成でうまく居座れるようにしたい。

相方候補はスター供給と回復に長けるジャック、味方のクリティカル威力アップ+星供給と回復ができるマーリンアンデルセン辺りが組みやすい。
特にマーリンの英雄作成はクリティカル威力を1T100%アップと効果が高く、第2、第3スキルと合わせればアタッカーを選ばず、瞬間的に高いクリティカル威力を実現できる。
アタッカーでは、自前で集中を持たないクリティカル威力UP持ちやB3枚持ちなどの、キャスター、バーサーカー、アヴェンジャー以外のクラスならばおしなべて相性が良い。
全体防御バフと「単独行動」、Q2枚持ちの弓王や、アヴェンジャーながらスター集中スキルと高いクリティカル威力UPを持ち、スキル「竜の魔女」による恩恵が得られる邪ンヌとも良相性。