+ セリフ一覧
Grand summon
召喚 「こんにちは、カルデアのマスター君。
 私はマーリン。人呼んで花の魔術師。
 気さくにマーリンさんと呼んでくれ。堅苦しいのは苦手なんだ。」
Synthesis
レベルアップ 「ありがとう、こういうのも悪くないね」
霊基再臨 1 「霊基再臨とは、また面白いシステムだ。随分と手間がかかっただろう? その苦労に報いるとしようか」
2 「なに、先は長いんだ。気楽にいこう」
3 「さて、霊格の強化はここでお終いだ。ここから先は趣味の世界だが、君は諦めそうにないな」
4 「おめでとう! 君がここまで凝り性とは思わなかった。全く嬉しい誤算だとも! グランドキャスターの名に恥じない活躍を約束……はできないけど、努力することを誓わせてもらうよ、マスター」
Battle
開始 1 「よーし戦いだ! 苦手だけど全力でいこうか!」
2 「慌てない慌てない。呪文噛むからね」
スキル 1 「お任せを。夢のように片付けよう」
2 「この辺り、いじった方がいいんじゃないか?」
コマンドカード 1 「ん?」
2 「いいとも」
3 「お望みのままに」
宝具カード 「王の話をするとしよう」
アタック 1 「ふむ」
2 「どうかな?」
3 「そーれ!」
エクストラアタック 「ガラではないんだけどね」
宝具 「星の内海、物見の台。楽園の端から君に聞かせよう……君たちの物語は祝福に満ちていると。罪無き者のみ通るがいい――『 永久に閉ざされた理想郷 (ガーデン・オブ・アヴァロン)』!」
ダメージ 1 「乱暴だな、君は!」
2 「おおっ」
戦闘不能 1 「退散退散……後は任せるよ」
2 「ホント、役立たずでごめん」
勝利 1 「ご苦労さま、じゃあ次にいこう」
2 「あたたた……久しぶりの運動は応えるねえ」
My room
会話 1 「せっかく自由なんだし、外に出かけないかい?少なくとも、体力のあるうちは」
2 「誰かに仕える、という行為は私にとって自然なことなんだ。何しろ、人間の精神性が栄養みたいなものだからね」
3 「君は私に頼り、私は君を育てる。共に戦うというより、君の戦いを見守る、というのが私の方針だ。報酬は……旅の思い出、そのものだよ」
4 「マスター! アルトリアと私を一緒にするとか、君は悪魔なのか! い、いや嬉しい、すごく嬉しいんだけど……まだ心の整理がついてないというかだね?(アルトリア・ペンドラゴン所属)」
5 「……うん、アルトリアが聖剣を抜かない未来、か。 ロンゴミニアドを使いこなすようになったのは嬉しいけど……その、なんだ。 彼女、成長するとあんなにイメージ変わるのかい?!(アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕/ランサー所属)」
6 「相談にのって欲しいんだマスター。久しぶりにあった王様が、何故か、豚を見るような目で私を睨み付けてくるのだけど……あれは、照れ隠しなのかな?(アルトリア・ペンドラゴン/ランサー所属)」
7 「あっははははは、全く、円卓の皆はいつまでたっても成長しないな! どこまでアルトリアを困らせたら気が済むんだい? でも、見応えがあるから止めない私なのであった」(円卓系サーヴァント所属)
好きなこと 「好きなもの? 人間と、悪戯と、女の子だよ? だって楽しいだろう? いじるの」
嫌いなこと 「嫌いなもの……は特にないんだが、あえて言うならグランドキャスターかな。勿論私自身も含まれるけどそこはそれ。まあ、察してほしい」
聖杯について 「人間が夢を見る限り、成長しようと望む限り、聖杯は作られる。それは悪い事じゃない。問題は、いつの時代も夢というものは……現実より大きすぎるということだ」
Lv.1 「今まで遠くから見ていたわけだけど、これからは共に歩いていく仲間だ。頼りにしてほしい。特に恋の悩みとか、その手の相談は大歓迎だよ」
Lv.2 「花の魔術師と呼ばれているのは、単に私が花好きなだけだよ。歩いているだけで花が咲くなんて、自分でもどうかと思うけど」
Lv.3 「私は善なのか悪なのかだって? そんなのは君が決めてくれ。私は基本、未来に続く人間にしか見えない妖精さんみたいな立ち位置なわけだし?」
Lv.4 「辛い戦いが続くね。けどまあ、辛くない戦いなんて戦いじゃなくてただのタスクだしね。辛さ、苦しさも大切なものと思えばいい」
Lv.5 「君との旅も随分と長くなった。初めは小さな好奇心から手を貸したけど……今ではもう、君は私にとって忘れ難い存在になっている。――マイ・ロード。君の辿る道行きに花の祝福があらんことを」
イベント開催中 「おや、異変が起きているね。またぞろ、異界からの訪問者かな。どうしてこう、可愛い女子だけが遊びに来るイベントじゃないんだろうね」
誕生日 「誕生日おめでとう。良いことはより良いことに、悪いことに喜劇として記憶される、実に喜ばしい一日だ」