※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

菅原道真、高視親子の左遷(O0901a)

延喜元(901)年、道真の子、菅原高視(ふじわらたかみ)、大学頭・右少弁を兼ねていたが、この年、道真が大宰権帥(だざいのごんのそつ)に左遷されたとき、これに連座して、土佐介に左遷された。道真の死後、その遺品を高視に届けようと、老臣の松本春彦(白大夫)がはるばる土佐にきたが、目的をたっせず、病死した伝説が残る。

参考文献