※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

渤海使13、出羽に漂着 795年(H0792a)

延暦14年11月3日(丙申)(795/12/18)、出羽国が渤海国使呂定淋ら68人が夷地志理波村(秋田県能代市のあたりか)に漂着して襲撃を受け、人・物ともに失われたと言上してきた。そこで、生存している人たちを越後国へ遷し、規定に従い給養せよとの勅を下した。(日本後紀)

(延暦11(792)年11月、渤海国使(次数不明)呂定林ら68人、出羽の夷地志理羽(しりは)村に漂着し刧畧に逢う。勅して越後に遷し供給す。)(外交志稿)

参考文献