※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

727年 渤海使01

神亀4年9月21日(727/10/14)、出羽の国に渤海使24名が漂着。大使高仁義(こうじんぎ)。蝦夷に襲われ仁義ら8名が殺害される。

神亀4年12月20日(728/02/08)、生存した高斉徳ら8名が入京。

神亀5年1月17日(728/03/06)、聖武天皇と対面。高斉徳は渤海国王大武芸(だいぶげい)が聖武天皇にあてた上表文とテンの毛皮などを献上した。

神亀5(728)年6月以降、渤海使01は天皇から進物を託されて、引田虫麻呂以下62人の送使(遣渤海使01)とともに日本を出発

参考文献