※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1790年 ラジシチェフ、シベリアに流刑

1749年、ラジシチェフ|Aleksandr Nikolaevich Radishchev(ラジーシチェフとも表記)、モスクワの貴族の家に生まれる。

1766年、ドイツのライプチヒ大学に留学(~1771)。

1771年、帰国して元老院に勤務。
1773年、軍法会議の法務官に転じた。
1777年、商務省に勤務。
1780年、ペテルブルグ税関の副長。

1783年、頌詩 (しようし)《自由》 を著す。ロシア最初の革命詩。
1788年、自伝的小説《 F.V.ウシャコーフの生涯》を著す。

1790年5月、奴制を激しく批判した「ペテルブルグからモスクワへの旅」を自宅の印刷所で印刷,出版したが,ただちに発禁となり,彼も逮捕され,死刑を宣告された。「ペテルブルグからモスクワへの旅」は、一旅行者の手記の形で,農奴制下の農民の悲惨な生活を描き,改革の必要を訴えたもので,ロシアの啓蒙思想を代表する著作である。
1790/07/11、逮捕されペトロパウロフスク要塞に監禁 シベリアのイリムスクに10年の流刑を命じられる。
1791年1月下旬(ユリウス暦)、流刑地に赴く途中トボリクスで光太夫(H1783a)らと会う?
1792/02/17、イリムスクにてヴォロンツォーフ公爵宛てに書簡を書く。ラクスマン教授(H1783a)との対面を心から待ちわびていたことを明らかにしている。
1796/07/20、イルムスクにてヴォロンツォーフ宛て書簡。ラスクマンの死を確認し、深い哀悼の念にみちている。

1801年、ペテルブルグに戻ると,皇帝アレクサンドル 1 世の設置した立法委員会に参加,精力的に働いた。
1802年、リベラルな改革を目指す彼は孤立し, 服毒自殺した。