※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1788年 ペルーズ、バニコロ島に漂着

1741年、ジャン・ラ・ペルーズ、フランスで生まれる。

1756年、ペルーズ、海軍に入る。

1775年、ペルーズ、アジア東北沿岸探検のためフランスを出発。
1776年、ペルーズ、アメリカ独立革命に遠征した(~78)。

1785年、ペルーズ、ルイ 16 世に太平洋側からの北西航路の発見と太平洋調査を命ぜられ,フランスのブレスト港を出帆した。南アメリカ大陸を周航し,ハワイからアラスカまで北上後,北米沿岸をカリフォルニアまで南下し,ついで太平洋を横断。

1787年、ペルーズ、マカオに入った。再び北上して対馬海峡,日本海,間宮海峡まで行ったのち, ラ・ペルーズ海峡 (宗谷海峡) を通過。
1787年8月下旬ペルーズ、カムチャツカのペトロバウトフスクに寄港。
1787/09/29、ペルーズ、ペトロバウトフスク出港。それより南下してサモアに達する。
1788年、ペルーズ、オーストラリアのシドニーに入る。
1788年3月、ペルーズ、シドニーを出港してのち消息を絶った。 1827 年にイギリス人ピーター・ディロンがサンタ・クルーズ諸島のバニコロ島でラ・ペルーズ一行の遺品の一部を発見,その翌年にはフランスの探検家デュモン・デュルビルが船体の一部を発見した。さらに 1964 年にも多数の遺品が発見されている。

参考文献