※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1680年 バタン船、日向に漂着

延宝8年5月17日(1680/06/13)、日向国(宮崎県)の伊東出雲守領の沖へ異国船が1隻漂着。バタンの漁船で、出発時25人乗り込み、長さ10m、幅3m。出発直後に難船し、琉球に1度上陸。琉球で2人死亡。その後また難船し、日向国に漂着した。漂着後5人死亡し、残りは18人となる。

延宝8年6月17日(1680/07/12)、長崎奉行のもとへ送られる。十善寺御薬園所に召し置かれ、御薬種苗手入れ役をしている水野小左衛門にお預けになる。ここで、12人死に、6人となる。

延宝8年9月(1680/11月ごろ)、オランダ船に引渡し、バタンへの送還を依頼した。オランダ船は、バタビヤまで連れて行って、生活の手段を与え、便船があるときにバタンへ送ることになる。6人ともバタビヤで結婚し、1人は左官になり、残りは鍛冶屋手伝いになる。

参考文献