※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

544年 粛慎(みしはせ)の人、佐渡島に漂着


ツングース人のことか。粛慎の人が佐渡島の浜辺に漂着したと越国から報告があった( 欽明5年12月)。

佐々木史郎(1996)では、粛慎(しゅくしん)=中国東北部の人々。

寺田隆信(1991)によると、この事例が、タタール(韃靼)地方の住民が日本を訪れたことについての文献にみえる最初の事例とされる。また、寺田は粛慎を「アシハセ」と読み、沿海州に住むギリヤークのような人種であろうとしている。

グレゴリオ暦では545年1月ごろになるがここでは他文献との整合を考え544年としている。

マップ


大きな地図で見る

参考文献