※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

年表

BC320年ごろ ピュテアスがグリーンランド(アイスランド?)を探査* TB320a
BC20年 瓠公、新羅に漂着* HB020a
157年 迎烏、日本の小島に漂着* H0157a
544年 粛慎の人、佐渡島に漂着* H0544a
570年 高麗の使人、越に漂着* H0570a
573年 高麗の使人B、越に漂着* H0573a
609年 百済の僧ら、肥後葦北に漂着* H0609a
620年 屋久島の人、伊豆諸島に漂着* H0620a
653年 遣唐使02* H0653a
654年 トカラ船漂着* H0654a
659年 遣唐使04A* H0659a
659年 遣唐使04B* H0659b
661年 大伴部博麻ら百済救援の役で唐の捕虜となる* R0661a
676年 麻續王、因幡に流される* O0676a
676年 筑紫太宰三位屋垣王、土佐に流される* O0676b
677年 新羅人朴刺破ら五島列島に漂着* H0677a
678年 百済の使人遭難* H0678a
685年 新羅人金物需、漂着新羅人とともに帰国* H0685a
686年 防人の遭難* H0686a
699年 役小角、伊豆に流される* O0699a
703年 漂着した新羅人を新羅使に付けて還す* H0703a
724年 流刑の制が定まる* O0724a
727年 渤海使01* H0727a
733-739年 遣唐使10* H0733a
735年 筑紫から新羅に漂流したものが帰国* H0735a
739年 渤海使02* H0739a
739年 石上乙麻呂、土佐へ流される* O0739a
743-753年 鑑真* H0743a
752-754年 遣唐使12* H0752a
756年 大伴古慈悲、池田親王 、土佐に流される* O0756a
756年 楊貴妃が山口県長門市に漂着(伝説)* H0756a
760年 渤海国迎使(遣唐使13)判官、渤海使05とともに対馬に漂着* H0760a
763年 板振鎌束の漂流* H0763a
769年 氷上志計志麻呂、土佐に流される* O0769a
772年 遣渤海使07+渤海使07、能登に漂着* H0772a
774年 大宰府に命じて新羅の漂流民を帰還させる H0774a
775年 紀伊国の漁師、大水で流される H0775a
776年 高麗の使者が越前に漂着 H0776b
776年 渤海使09 H0776a
777-778年 遣唐使16 H0777a
777年 遣渤海使08, 渤海使10 H0777b
779年 渤海人ら出羽国に漂着 H0779a
792年 安曇宿禰継成を佐渡国へ配流 O0792a
793年 四天王深草が隠岐国へ配流 O0793a
783年 呉原忌寸名妹丸、海部郡に漂着 H0783a
786年 渤海使12、出羽に漂着 H0786a
795年 渤海使13、出羽に漂着 H0792a
795年 久米舎人望足、讃岐国へ配流 O0795a
795年 上毛野兄国女を土佐国に配流 O0795b
795年 大伴部阿弖良らの妻子・親族66人を日向国へ配流 O0795c
796年 流人が京へ戻ることを許可 O0796a
799年 天竺人が三河に漂着 H0799a
804年 遣唐使18 H0803a
805年 唐舶能登珠洲郡に漂着 H0805a
812年 新羅人清漢波ら日本に漂着 H0812a
815年 渤海使17 H0815a
818年 金剛三昧、峨眉山を経て、中天竺に達する T0818a
820年 唐人李少貞、出羽に漂着 H0820a
828年 但馬国に渤海人が漂着(渤海国使節#23) H0828a
836年 遣唐使19 H0836a
844年 一櫃、但馬に漂着 H0844a
845年 新羅人、日本人漂流民を大宰府まで送る H0845a
853年 円珍、琉球に漂着 H0853a
860年ごろ ナドッド、アイスランドに漂着 H0860a
862年 新羅人、丹後に漂着 H0862a
862年 新羅の僧ら、因幡に漂着 H0862b
862年 真如、入唐。天竺をめざす T0862a
864年 新羅人、石見に漂着 H0864a
873年 渤海国人崔宗佐門孫宰らの船2艘、薩摩甑島郡に漂着 H0873a
874年 新羅人、対馬に漂着 H0874a
866年 応天門の変にかかる遠流 O0866a
901年 菅原道真、高視親子の左遷 O0901a
920年 唐僧長秀、燈爐島に漂着 H0920a
930年 丹後に渤海人が漂着 H0930a
935年 呉越の人100人、肥前松浦郡柏島に漂着 H0935a
950年ごろ アイスランド人の漂流者がグリーンランドを見つける H0950a
982年 赤毛のエイリーク追放される O0982a
1002年 宋建州の海賈周世昌漂着 H1002b
1002年 大宰府に高麗人が漂着 H1002a
1004年 高麗芉陵島の人、因幡に漂着 H1004a
1019年 刀伊(女真人)、対馬、壱岐、筑前に来襲 R1019a
1019年 高麗耽羅島の人、日本に漂着 H1019a
1028年 高麗耽羅島の人7人、北陸に漂着 H1028a
1036年 高麗の漂流民11人、本国に送還 H1036a
1045年 清原守武の密貿易の発覚 O1045a
1049年 高麗人20名、対馬に漂着 H1049a
1060年 高麗の漂流民4人を送還 H1060a
1066年 宋人盧範漂着 H1066a
1078年 高麗耽羅島の漂流民を送還 H1078a
1079年 高麗人40人を送還 H1079a
1156年 妙音院師長、土佐へ流される O1156a
1156年 源頼朝、伊豆に流される O1159a
1160年 源希義、土佐へ流される O1160a
1171年 伊豆国奥島に太平洋諸島民(?)漂着 H1171a
1176年 邦人100余名、宋に漂着 H1176a
1183年 邦人73名、宋に漂着 H1183a
1190年 邦人、宋の泰州に漂着 H1190a
1200年 邦人、宋の平江に漂着 H1200a
1202年 邦人、宋の定海県に漂着 H1202a
1207年 法然上人、土佐に流される O1207a
1217年 日本商船、金に漂着 H1217a
1221年 後鳥羽上皇、順徳上皇、土御門上皇の遠流 O1221a
1241年 圓爾、宋から帰国時に漂流 H1241a
1243年 高麗の漂流民を送還 H1243a
1249年 行衍房嶷浄の漂流 H1249a
1258年 日本船(?)がオアフ島に漂着 H1258a
1269年 高麗済州の漂流民を送還 H1269a
1270年 日本船(?)がマウイ島に漂着 H1270a
1293年 高麗国に漂着した日本人8人が捕らえられる H1293a
1332年 後醍醐天皇、尊良親王の遠流 O1332a
1392年 大明船、八丈島に漂着 H1392a
1397年 朝鮮蔚州の知州事李殷、倭寇に拉致される R1397a
1401年 明船、漂着する H1401a
1403年 明船、相模三崎浦に漂着 H1403a
1426年 島根県長浜に朝鮮人10人が漂着 H1426a
1455年 朝鮮人、対馬に漂着 H1455a
1457年 朝鮮人、肥前五島に漂着 H1457a
1460年 朝鮮人、豊後に漂着 H1460a
1467年 朝鮮人、筑前に漂着 H1467a
1468年 朝鮮人、周防に漂着 H1468a
1498年 ジョン・ガボット最後の航海 H1498a
1541年 明船1隻、豊後神宮浦に漂着 H1541a
1541年 ポルトガル船、豊後神宮寺浦に漂着 H1541b
1543年 鉄砲伝来 H1543a
1543年 ポルトガル船、豊後に漂着 H1543b
1553年 リチャード・チャンセラー白海に漂着 H1553a
1566年 安南船、三河渥美郡片浜浦に漂着 H1566a
1566年 明船5隻、相模三浦に漂着 H1566b
1570年 ポルトガル船1隻、肥前に漂着、長崎を視察 H1570a
1592年 山科勝成、紅村頼成、安南に漂着し殺さる H1592a
1596年 サンフェリーペ号土佐に漂着 H1596a
1600年 ウィリアム・アダムス(三浦按針)の漂着 H1600a
1601年 ポルトガルの船、上総大瀧浦に漂着 H1601a
1602年 ポルトガル船、土佐に漂着 H1602a
1605年 有馬晴信の遣い、媽港に漂着し殺される H1605a
1609年 ドン・ロドリゴ九十九里浜に漂着 H1609a
1610年 メキシコ船、東国に漂着 H1610a
1611年 ヘンリー・ハドソン、ハドソン湾に置き去りにされる H1611a
1611年 薩摩の商船、媽港に漂着 H1611b
1615年ごろ カンボジア船、筑後柳川に漂着 元和年間 H1615a
1616年 美保の漁師、朝鮮に漂着 H1616a
1617年 大屋甚吉、鬱陵島に漂着 H1617a
1634年 慶尚道の漁民の石見に漂着 H1634a
1637年 ポルトガル船、琉球に漂着 H1637b
1637年 米子の漁師、蔚山に漂着 H1637a
1643年 オランダ船、陸奥南部に漂着 H1643a
1643年 ポルトガル人、筑前大島に漂着 H1643b
1644年 越前国の廻船、韃靼に漂流 H1644a
1645年 天草耶蘇教の徒、漂流に託して朝鮮に逃れる H1644b
1645年 清国広東の船、朝鮮南桃浦に漂着 H1645a
1649年 清船、肥前五島に漂着 H1649a
1653年 対馬の漁民、朝鮮に漂着 H1653b
1653年 オランダ船、朝鮮全羅道に漂着 H1653a
1663年 肥前五島の漂流民、朝鮮から対馬に送還 H1663a
1666年 米子船、朝鮮国慶尚道に漂着 H1666a
1666年 隠岐の漁民、江原道三陟に漂着 H1666b
1667年 尾張孫左衛門船、馬丹島に漂流 H1667a
1669年 阿波国勘左衛門船、無人島に漂着 H1669a
1671年 播磨飾磨津の漁民、朝鮮巨済島に漂着 H1671a
1672年 讃岐塩飽島の漁民、朝鮮に漂着 H1672a
1673年 陸奥国相馬の船、東寧(台湾)に漂着 H1673a
1673年 清船、肥前平戸に漂着 H1673b
1676年 豊前小倉の漁民、朝鮮に漂着 H1676a
1679年 朝鮮人、薩摩甑島の内瀬に漂着 H1679a
1680年 バタン船、日向に漂着 H1680a
1681年 清国の船、天草に漂着 H1681a
1682年 清船、野間崎で破船 H1682a
1684年 朝鮮の船、対馬に漂着 H1684b
1685年 伊勢国度会郡神社村船、マカオに漂着 H1684a
1685年 清国漁船、長門に漂着 H1685a
1686年 清国泉州の商ら、対馬琴浦に漂着 H1686a
1686年 清国商船、肥後天草に漂着 H1686b
1687年 ルソン船、尾州と紀州に漂着 H1688a
1688年 薩摩の船、広東に漂着 H1688b
1688年 越前坂井郡神浦の漁船、朝鮮に漂着 H1688c
1688年 ポルトガル船、紀伊熊野に漂着 H1688d
1689年 清国商船、日向兒島郡に漂着 H1689a
1690年 朝鮮人死体が、長門阿武郡須佐浦に漂着 H1690a
1692年 薩摩の漂流民、長崎に護送される H1692a
1692年 備前岡山の漁民、朝鮮多太浦に漂着 H1692b
1693年 安龍福ら、鬱陵島で米子大谷家の船頭等に拉致される R1693a
1693年 安南国王、漂流民送還を謝す H1693a
1693年 讃岐の船、浙江定海県に漂着 H1692c
1693年 長門の船、広東陽江県に漂着 H1693b
1694年 清国船、中永良部島に漂着 H1694a
1694年 清国船、甑島に漂着 H1694b
1695年 伝兵衛、カムチャツカへ漂流 H1695a
1695年 江原道蔚珍県の漁民、出雲神門郡鷺浦に漂着 H1695b
1696年 朝鮮人、蝦夷に漂着 H1696a
1698年 寧波の商王懋功ら、肥前五島多多羅島に漂着 H1698a
1701年 ダンピア、アスンシオン島付近で難破 H1701a
1704年 アレクサンダー・セルカーク、無人島に漂着 H1704a
1708年 日本人がカムチャツカに漂着? H1708a
1708年 ローマ教皇使節シドッチ、日本に潜入 T1708a
1710年 サニマ(日本人)、カムチャツカに漂着 H1710a
1711年 久留米藩船、フィリピンに漂着 H1711a
1712年 亘理郡荒浜船、広東へ漂流 H1712a
1713年ごろ ヤコフ・マクシモフ(日本人)、カムチャツカに漂着 H1713a
1713年 キスチ(日本人?)、ポロムシリ島に漂着? H1713b
1715年 朝鮮人が宮古島に漂着 H1715a
1720年 遠州鹿丸、鳥島に漂着 H1719a
1720年 摂州大阪大津屋利三郎が八丈島へ漂着 H1720a
1727年 小笠原貞頼、小笠原渡航を目指すが帰らず H1727a
1728年 唐人が宮古島に漂着 H1728b
1728年 若潮丸、カムチャツカ半島に漂着(ゴンザ、ソウザ) H1728a
1729年 藤曲(宇部市)の船、出羽沖で難破 H1729a
1739年 江戸宮本善八船、鳥島に漂着 H1739a
1741年 ベーリング、ベーリング島へ漂着 H1741a
1744年 南部多賀丸、北千島に漂着 H1744a
1750年 唐人が宮古島に漂着 H1750a
1752年 十三夜丸、台湾に漂着 H1752b
1752年 春日丸、中国舟山に漂着 H1752c
1753年 福聚丸、フィリピンに漂着 H1752a
1756年 陸奥国津軽郡石崎村治右衛門船朝鮮に漂着 H1756a
1757年 志摩若市丸、台湾に漂着 H1757a
1764年 伊勢丸、ミンダナオ島に漂着 H1764a
1765年 トルストゥイフ、カムチャツカで暴風に遭い死亡 H1765a
1765年 常陸姫宮丸、安南(ベトナム)に漂着 H1765b
1765年ごろ 陸奥住吉丸漂流 H1765c
1768年 ベニョフスキー、カムチャツカに流刑(のち脱走) O1768a
1770年 朝鮮人駿河興津に漂着する H1770a
1773年 薩摩藩士ら舟山諸島に漂着する H1773a
1783年 伊勢神昌丸、アムチトカ島に漂着 H1783a
1786年 サポジニコフ、アムチトカ島で座礁 H1786a
1788年 ペルーズ、バニコロ島に漂着 H1788a
1790年 ラジシチェフ、シベリアに流刑 O1790a
1794年 陸奥若宮丸アリューシャン諸島に漂着 H1793a
1804年 陸奥慶祥丸、北千島に漂着 H1804a
1807年 文化魯寇 R1807a
1808年 通州の船頭ら薩摩防津に漂着 H1808a
1810年 摂津歓喜丸、カムチャツカに漂着 H1810a
1812年 高田屋嘉兵衛、ロシア兵に拉致される R1812a
1832年 宝順丸遭難。3名がアメリカへ漂着 H1831a
1841年 中浜万次郎(ジョン万次郎)、鳥島へ漂着 H1841a
2005年 津軽海峡で外国人6人漂流 H2005c
2005年 NZで漂流の邦人女性救助 ダイビング中にはぐれる H2005d
2005年 香港を出発した船沈没し乗員2名、ベトナム沖で救助される H2005e

What's New

取得中です。