|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

2005年9月11日

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2005年9月11日

無限サーキットアタック in TC2000



M-TEC後援のタイムアタックイベントに彼氏くんが参加するというのでついてってみました。

いつもは無限サーキットチャレンジというプロドライバーの講師を招いての走行会をやっているのですが、今回のようなタイムアタックは初の試みだったそうです。

タイムアタックと言っても通常の走行会とほとんど同じで、違いは走行終了後にタイムが上位の人を表彰するところくらいです。

以下のようなクラス分けがありました。

シビックタイプRクラス
インテグラタイプRクラス
S2000クラス
アコード・トルネオクラス
NSXクラス
UNDER1800ccクラス

タイプRじゃないシビックやインテグラは排気量クラスに参加するようです。

ちなみにNSXクラスは参加台数1台でした。

表彰は上のクラス分けの中でされるのですが、走行はUNDER1800ccとシビックR、アコード&トルネオのAグループと、インテグラR、NSX、S2000のBグループの2グループで走行していました。

彼氏くんはシビックRクラスに参加して、ベストタイムは10秒336でした(自己ベスト)6台中4位。ちょっと彼氏くんを擁護すると、Aグループの中では彼氏くんよりも速い人たちは皆さんSタイヤ。Aグループでラジアル履いている中では一番いいタイムでしたw( ̄△ ̄;)wおおっ!でも、Sタイヤハンデとかないので4位は4位ですけどね。

終わった後にSタイヤ買おうかな…とつぶやいていましたが、さてはて?湾岸MIDNIGHTって漫画に出てきた北見っていうキャラクターの「ククク…つくづく終わりのない世界だな…。」というセリフを思い出しました…( ̄m ̄〃)ぷぷっ!


無限サーキットチャレンジはミニサーキットが中心で、TC2000での開催は初。ゲストのプロドライバーとかもいなかったせいか、参加台数は無限サーキットチャレンジに比べて若干控えめでした。

車検受けたときに、プロクルーズのスタッフの方が

「いつも参加されている方ですよね。」

と声をかけてくださいました。はい、そうです。そして

来週も参加します(>▽<;;

今回は本コースのピットが使えて、屋根のあるところに荷物がおけました。結局天気はもったので、雨に振られることはなかったのですが、日差しを避けられたし、快適快適♪

たまたま同じピットに荷物を置いたお兄さん(UNDER1800ccクラスで優勝してた!)がとっても気さくでいい人でした♪(* ̄(エ) ̄*)

走る前にツナギに着替えてて、

「すいませ~ん、ズボン脱いでいいですか?」

って私に聞いてくださったり(*≧m≦*)ププッ、私がひとりでピットにいるときに「つまらなくないですか?」って声をかけてくださったり。

開会式で無限の方から挨拶があったのですか「微妙に豪華な賞品」を用意しました、と言っていました。


12時10分から走行開始して、その時は普通にしてても汗ばむくらいの陽気でした。最初の1回目は練習走行で、残り2回がタイムアタック。2回目と3回目のタイムで一番よかったタイムを元に順位が決まります。2回目の走行終了くらいからちょっと曇ってきて、3回目はちょっとぽつりぽつりと雨が降り始めました。雨っていっても路面には影響なさそうなくらいでしたが。


表彰は上位3位と聞いていたのですが、参加台数が少ないクラスは1位だけでした。UNDER1800ccクラスとシビックRクラスとNSXクラスは1位のみ表彰。賞品は無限のエンジンオイルとかエンジンオイル添加剤とか無限グッツ(非売品も入ってたらしい)とかだそうです。


上位入賞者の人たちのヒーローインタビュー、皆さん慣れた感じで面白かった(*≧m≦*)ププッ

そういえば、詳しいことはよくわからないのですが、走行会終了後にピット内で車と人が接触した模様・・・。命に別状はなさそうでしたが、車が入り乱れているパドックでは注意しないといけませんね。