※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シナリオ


 文化祭を二日後に控えた10月1日。
 プレイヤーが生徒会長のド正義に呼ばれる。

ド正義「今年の文化祭も『転校生』に狙われているという噂が学園生徒の中に広まっている。手の空いているキミにこれを担当して欲しい。まあどうせ、いつものあいつだろうから、何の問題もないとは思うが。『転校生』対策はキミに一任するので、対策チームを組織するなり罠を仕掛けるなり、適当に対処してくれ。ただし、生徒会の面々は他に仕事があるので力にはなれないと思う。無論、僕もだ。独力でなんとかしてくれたまえ」

 10月3日、朝九時に『転校生』は学園正門に現れます。ここからゲーム内時間で二日間、もしくはリアル時間でニ時間の間に自由に行動して下さい。

《キャラ別反応》


  • ド正義卓也(生徒会室)

「まあ、ハッキリ言ってどうでもいい仕事だ。あの、なんだっけな、キョウ……なんとかだろ。特に脅威とは思えない。だが、最悪のケースは常に想定しなければならない。もしもの場合は僕に報せに来てくれれば対処しよう」


  • 赤蝮(生徒会室)

赤蝮は最近文化祭準備に忙しく、まったくレイプができていないのでイラついている。メンバーに処女がいれば(赤蝮が精神2なので)25%の確率で身の危険を感じ、会話をせずに撤退する。

「『転校生』? 特に問題はなかろう。それよりもむしろ、最近、範馬殿の挙動が不審にござる。拙者もド正義殿に忠告差し上げたが、ド正義殿は範馬殿を信用しきっており、まるで耳を貸されぬ。余力があれば、少し範馬殿の様子も探ってくだされ」


  • 歪み崎絶子(生徒会室)

「『転校生』? 私もたまにお弁当を差し入れしてるよ。つんつんしてるけど、結構イイ子だよね。彼、今年も来るのかなあ。もう恒例行事だからねー。『転校生』対策、がんばってね。あ、そうそう、パン屋さんでパンの耳をもらったから、もし彼に会いに行くなら渡してくれないかな?」

 パンの耳をゲットする。


  • 範馬慎太郎(風紀委員室不在)

 風紀委員の部下がいる。話を聞くことができる。

「すいません。範馬委員長を知りませんか。最近、僕らに指示だけ出して、すぐにどっか行っちゃうんですよね。委員長がいないと、有事の戦闘力に不安が残るんだけどなあ」


  • 一刀両断(女子剣道部室)

 女子部員一同が忙しそうに手縫いでメイド服を作っている。

「すまないが、私は手伝えないぞ。いまは、ほれ、この通り忙しいし。当日は朝から男子剣道部と合同でカ、カフェーを行うことにしているのだ」

 と言って、恥ずかしそうに顔を赤らめた。

 他の女子部員に話を聞くこともできる。

「うう、なんで私たちが一刀両先輩に付き合ってこんなことを……」
「白金先輩に合同出店のOKをもらってから、主将はずっとこんな調子なんです……。たまに女の子らしいところを見せたと思ったら極端なんだから……」
「どうして私たちがメイドに……。一刀両先輩、たぶん何か勘違いしてます……。くぅ~」


  • 夢見崎アルパ(希望の泉)

 泉の中でバシャバシャと転げまわって絶叫をあげながらオナニーをしている。会話は通じない。気持ち悪いので周りのみんなも避けている。よくよく見ると股間に女の右手が伸びており、どうやらオナニーをしている訳ではなさそうだ。


  • 邪賢王ヒロシマ(番長小屋)

身体が臭いので、近付くと体力1以下の人間は50%の確率で嘔吐する。

「『転校生』か……。なつかしいのう。二年前、初めてヤツが現れた際、ワシとド正義は生徒会と番長グループというしがらみを捨て、共にやつに挑んだもんじゃ……。ま、結果としては、共闘する程の必要性は全くなかったわけじゃがのう」

「白金? ああ、あいつは最近、剣道部員たちと一緒に家庭科室にこもりっきりじゃのう」


  • 白金翔一郎(家庭科室)

 エプロン姿で男子剣道部員たちにホットケーキの焼き方を教えている。隣では男子剣道部副将の服部産蔵が黒々とした奇怪な塊を作り上げて、白金がそれを見て唖然としている。

「む、悪いが、見ての通り今は忙しい。女子剣道部の一刀両君からカフェの合同出店を持ちかけられてな。しかし、何がなんだか良く分からんが、一刀両君たちは部室に引きこもってしまい何をしているかも教えてもらえないのだ。連絡も取れないので、しょうがなく我々で最低限のメニューだけでも揃えようと、この通り、ホットケーキの焼き方からオレが教えていたのだが……。(服部の作った奇怪な黒い塊を持ち上げて)この通り現実は厳しい……。こんな調子で果たして無事に出店できるのだろうか……」

 男子部員に話を聞くこともできる。

「な、なんで、オレたちがこんなことを……」
「くそぅ。女子部から話があった時は喜んだのに。なんでこんなことしなきゃいけないんだ……」
「女子は一体何をやってるんだ。男女同権の世の中とはいえ、なんでオレたちばっかりが……」
「でも女子部は一刀両が怖いしなあ、ちくしょう……」


  • 鏡子(泉の近く)

 げっそりとして疲れきっている。目の下にもクマができている。よく見ると右手だけが消えている。事情を聞くこともできる。

「も、もう、ダメ……。夢見崎先輩、が……、ガクッ」

 どうも、うっかり夢見崎に手を出してしまい、ターゲッティングが外れないようだ。四日間で五千発以上射精させているのに一向に飽きる様子がないらしい。かといって本気でやりすぎると夢見崎が死んでしまう。とても手伝ってくれそうな雰囲気ではない。


  • 静かなる駒沢&あげは(新校舎付近の花壇)

 常時影が薄いので接触可能性は20%。あげはがくっ付いてて、二人でお花をいじっている。

「え、『転校生』ですか? それは大変ですねえ。じゃあ、がんばって下さい。それでは」

『転校生』討伐隊にスカウトすると、

「ははは、あげはちゃんを危険に晒すようなことはできませんよ」


  • 立川トシオ(番長小屋)

 番長グループのメンバーが言えば、『アメリカン・チョッパー』でハーレーを作ってくれるかもしれない。ただし、生徒会の人間がいた場合、交渉が必要となる。


  • 天音沙希&両性院男女(芸術校舎)

 天音の絵を描いている。

天音「お仕事、がんばって下さいね(にっこり)」

 両性院に討伐隊入りを頼んでも、

両性院「え、僕は普通の人間ですから無理ですよ」

 と軽く断られる。


  • 鏡介(正門入り口)

 正門入り口の橋へ行くと、増水により鏡介が溺れかかっている。助けてあげると話を聞くことができる。「今年こそきさまらを皆殺しにしてやる! 特にド正義、あいつをだ!」「そして、このダンボール生活ともおさらばだ!」などと息巻いている。(お腹を空かせており、パンの耳などをあげるとなつくので)よくよく話を聞いてみると、どうも依頼者に『旧校舎に』呼び出されて、「おまえもういいよ。今年は違うやつを雇ったから」みたいなことを言われて涙目らしい。依頼者の名前は教えてくれない。


  • 長谷部(旧校舎)

 鏡介の話を受けて旧校舎へ向かう。ひっそりと様子を伺うと、「何者か」(長谷部)と数名の魔人が会議をしている。どうやら今年の文化祭に『転校生』を差し向けようとしているのは彼ららしい。

「それで、『転校生』を使ってどうする気なんだ?」
「ド正義がいるから、いくら『転校生』といえども学園内では無力だろう」
「問題ない。そこは考えてある」
「フン、まあ、オレはド正義が殺せればそれで構わないがな」
「今回は精神攻撃能力を持つ『転校生』を用意した。学園敷地内に入りさえすれば、学園全体に精神攻撃を使うことができる。お前達は『転校生』の起こした混乱に乗じて、生徒会、番長グループの主だったやつらを暗殺すればいい」

 魔人は、奇印太郎、戦慄のイズミ、いずれもワルで知られたインモラル魔人である。ド正義の能力により大人しく学園生活を送っているように見えた彼らだが、どうやら暴力支配の野望を捨てきれていないらしく、「何者か」の話に乗って、学園にクーデターを起こそうとしているようだ。そして、彼らの中にあって、一人寡黙に立っている男がいる。風紀委員長の範馬慎太郎であった。

「しかし、風紀委員長さまが、まさかド正義に反旗を翻すとはな」
「ああ、敵にすりゃ怖ろしい男だが、味方にすればこれほど頼もしいヤツもいない」
「では、打ち合わせは以上だ。後は当日だ。くれぐれも生徒会、番長グループには悟られぬよう頼むぞ」

 ここで「何者か」が去って行こうとするので、こっそり後をつけても、その場で姿を現して戦闘を挑んでもいい。戦闘に入る前に、範馬がこっそり目配せをするので、範馬を攻撃しなければ、範馬が途中からイズミや奇印を攻撃する。どちらにしろ「何者か」は逃げる。

※範馬は個人的に潜入捜査中


名前:戦慄のイズミ

性別:男 種族:魔人 武器:戦慄の一撃

【通常ステータス】

知力:2 体力:5 金力:2 OSR:2 FS(龍殺し):4 精神:3

【戦闘ステータス】

攻撃力:12 防御力:8 ライフ:5 すばやさ:5 中二力:0

【特殊能力】
『屠龍の技』発動率90% 成功率100%
範囲:自マス
対象:一人
効果:ドラゴン、あるいはその眷属 一体を滅ぼす(龍やケツァルコアトルを含む)。
説明:ドラゴンを屠るために錬り上げられた、最強にして究極の一撃。 ドラゴンである限りこの技に耐えることは決してできない。 まさに屠龍の技である。


名前:奇印太郎

性別:男 種族:魔人 武器:刃物

【通常ステータス】
知力:1 体力:6 金力:2 OSR:1 FS(ヤク中):6 精神:2

【戦闘ステータス】
攻撃:20 防御:0 体力:10 すばやさ:0 中二力:0

【特殊能力】
『エクササイズ』発動率43% 成功率100%
範囲:自マス
対象:自分のみ
時間:永続
回数:∞
効果:通常攻撃によりダメージを受けると、後手通常攻撃カウンター
説明:甲高いおたけびをあげながら、目に入った存在全てを切り刻む。


名前:範馬慎太郎

性別:男 種族:魔人 武器:ハンマー 持ち物:ふんどし

【通常ステータス】(合計18まで)
知力:4 体力:5 金力:1 OSR:2 FS(ハンマー投げ):4 精神:2

【戦闘ステータス】(合計30まで)
攻撃力:20 防御力:2 ライフ:4 すばやさ:2 中二力:2

【特殊能力】
『ムロフシ』発動率86% 成功率100%
範囲:0~100M以上(回転数依存)
対象:一人(+α)
効果:対象一人に通常攻撃ダメージ(+周囲に爆破ダメージ1D3~6)
説明:回転の後、相手に向かってハンマーを投げつける。ハンマーは命中するとなぜか爆発する。射程、威力、爆破半径は回転数に依存し、千回程回ると、小型ミサイル程度の破壊力となる。

「何者か」は車で逃げている。追いかける場合はバイクを持っていれば追いつけるかもしれない。でなければ、職員室に逃げられた後なので無理。追いついて長谷部を捉えた場合、今度の『転校生』がリュウセンシであることが分かる。追いつけなかった場合でも、範馬から事の詳細を聞くことができる。

 これ以降、今度の『転校生』の危険度が認知されるので、説得次第でNPCが仲間になってくれる。少なくとも範馬は戦闘時の先制攻撃を約束してくれる。


 ***

10月3日 戦闘

龍閃獅殺と正門前の大橋上で戦闘となる。龍閃獅が学内に入ると、能力3により学園が大混乱に陥るので、基本的には入れてはいけない(絶対ダメとは言わない)。イズミと奇印が生きている場合は、これらも戦闘に参加する。


名前:龍閃獅 殺(りゅうせんし しゃあ)

性別:男 種族:転校生 武器:転校生の攻撃的オーラ 持ち物:マスク

【通常ステータス】

知力:4 体力:4 金力:2 OSR:2 FS(中二病):3 精神:4

【戦闘ステータス】

攻撃:20 防御:5 ライフ:17 すばやさ:7 中二力:14


〔特殊能力1〕 君に・殺・血・悪・霊・!(きみにさちあれ)

効果時間:永続  効果範囲:∞ 効果対象:一体
《パッシヴ能力》

1ターンに1回、自身に向けられた通常攻撃および遠距離通常攻撃に対してオーラによる通常攻撃数値での先手カウンターを放つ。
虚無属性の一撃を防ぎうる盾はこの世にはない。


〔特殊能力2〕 アルティメットインフィニティサンデイ

効果時間:瞬間  効果範囲:自マスのみ  効果対象:範囲内の一体

防御力15以上の標的のみに発動。
強烈な暗示により標的は今日から続く毎日が、日曜日と認識し学校から帰る。(戦線離脱)
毎日が日曜日となった標的は、二度と学校に来ることも働くこともないだろう。
バイトくらいは出来るかもしれない。


〔特殊能力3〕 ふっ、蒙昧なる小衆に転校生の力を見せてやろう! くっ、力を使いすぎて反動がっ。

効果時間:瞬間  効果範囲:MAP全体  効果対象:全員

転校生が標的にたどり着けなかった場合に発動。
転校生のオーラを解放し、MAPに存在するプレイヤーキャラクター全員に体力に2ダメージ、精神力に1ダメージを与える。
尚、急激な力の解放のため、転校生も体力2ダメージを受ける。


[特殊能力4] 転校生無双

《パッシヴ》

効果:通常攻撃で敵を殺害した際、再行動可能。1ターンに1度まで。