5大偉人

第二幕で追加された上位仲間「降臨仲間」の5人。
降臨/覚醒仲間が増えた現在では彼らは降臨仲間グループの1つ「5大偉人」に分類される。

ストーリー上重要な役割を担っている。
彼らは100年前の戦争で世界に破滅をもたらそうとしたラグナロクを封印した伝説の偉人であり、
また同時に竜の化身でもある。その証拠に全員頭に角が生えている。
本編では伝説のデスクラウンのみ何度かその正体を露わにしている。

第三幕で降臨仲間を集めて作る「バスター級仲間」が追加され、
5大偉人はバスター級仲間グループの1つ「ドラゴンバスター」作成に必要となる

韓国では第4幕に新たなバスター級グループ「ギガンテス」が登場し、
5大偉人の一部もギガンテスキー制作に必要な器に選ばれた。
さらにその後、5大偉人を元に作成する超越級仲間超越5大偉人」が発表された。
超越級仲間はバスター級よりもさらに上位のランクに位置する


目次



5大偉人一覧


伝説のデスクラウン(ナイト)


生ける者と死せる者の王
ポジション:タンカー
ジョブ:ナイト
メイン武器:ロングソード
サブ武器:シールド

日本最新スペック(2016年8月上方後)
通常攻撃 通常攻撃時、敵の攻撃力を減少させる
スキル スキル効果 クールタイム
アクティブ 絶対強打 敵1人に1371%の​​ダメージを与え、14秒間気絶させる。 22.9秒
死の証 敵1人に100%命中する1097%のダメージを与え、すべてのバフを除去した後14秒間「死の証」を残す
「死の証」は対象の防御力を35%低下させ、味方全員が対象に集中攻撃する
20.8秒
かかってこい 14秒間無敵状態になり、敵全体を一定確率で挑発 39秒
パッシブ 守るべきもの 自身の被ダメージ16%減少、味方全員の体力10%増加
生と死の境界線 被ダメージ時15%の確率で敵全員に506%ダメージのダメージを与え
18秒間攻撃力35%減少、無敵を含むすべてのバフ効果を除去
6.5秒

無敵バフ消しゴム
2016年10月4日追記
第二幕にはパーティを安定させるタンカー役として評価され、
第三幕開始時に不意に上方修正が入り、敵全体の無敵を含むバフを全て消せるようになりアリーナでの優位性が大きく増した。
タンカーであることから耐久力が高く最短6.5秒おきに敵の全てのバフを除去できるため、同じく全体バフ除去を持ったピヨエルと比べても圧倒的に優れている。
英雄アリーナでは特にファルコンの全体無敵や覚醒ファルシオンの自己バフが強力だが、
デスクラウンはそららを一瞬で消すことができる。
同様にバスター級オメガの無敵も除去できるため、バスター級仲間が少ないユーザーはバスターアリーナで使用することもある。

主に自己バフを重ねるスキル構成のシーフ仲間が活躍した英雄アリーナで敵パーティの無敵含むバフを除去し、敵を無力化させる役目で活躍した。
覚醒ロアや覚醒カルルンのような、自己バフに依存しない瞬間高火力キャラが増えたことで、相対的に英雄アリーナの役目が減り、
二軍キャラに降格した。

同じくデスクラウンが必要なバスター級プルートも対人戦闘では二番手であるため、
対人特化ユーザーにとっても優先度は低い


【韓国版での変遷】
韓国版では超越して対人戦トップタンカーであることに加え、ワールドボス必須バッファーとなった

【ストーリー】
5大偉人のリーダー格であるらしく、ストーリーでは第1幕から出演し続ける重要人物。
特に第1幕と第3幕では物語の主人公格として描かれる。
生きとし死せる者たちの王と呼ばれ、死の王冠の持ち主。
死の王冠は第1幕~第3幕ストーリーのキーアイテムであり、第3幕では王冠に隠された秘密が判明する。
第1幕ラストシーンで死に瀕したデスクラウンは王冠をホワイトヘルに渡すが、それが全ての過ちの始まりだった
グラームキングの娘メルセデスプリンセスとは相思相愛の仲。


伝説のブラッドウインド(アーチャー)


血の嵐
ポジション:ディーラー
ジョブ:アーチャー
メイン武器:ロングボウ
サブ武器:クイバー

日本最新スペック(2016年8月上方後)
通常攻撃 通常攻撃で敵全員を攻撃する
スキル スキル効果 クールタイム
アクティブ 暴風の弓 敵1人に2395%のダメージを与え、防御力87%減少 11.8秒
ブラッドストーム 敵全員に998%のダメージを与え、8秒間解除できない321%の持続ダメージを与える 18.2秒
暴風の目 味方全員に31秒間クリティカルパワー55増加、吸血効果8%付与 47.3秒
パッシブ パワーウィンド 自身の敏捷16%、命中43上昇
クリティカルタイム 防御無効化43上昇

かつての多目的汎用仲間、かつてのヒドラディーラー
2016年10月4日追記
シンプルに広域ダメージを与える設計であることから、第二幕では様々なコンテンツで汎用的に使われ、
ワールドボスヒドラのディーラとしても活躍した。
その後第三幕が始まるころにはヒドラ以外に活躍の場はなくなり、
ドラゴンバスターが登場すると完全に役目を失った。
さらに覚醒ティヌビエンが登場しヒドラ戦でバスター級にも劣らぬ継続火力を発揮すると、
バスター級未所持の新規ユーザーにすらブラッドウィンドの使い道はなくなった。
ブラッドウィンドが必要なバスター級ウラヌスの優先度も低いため、降臨優先度がかなり低い。

2016年8月の上方修正でかなり強化されたが、わざわざ新しく降臨するほどではない。


【韓国版での変遷】
超越によってワールドボストップディーラーとなった

【ストーリー】
主に第二幕に登場する。
100年前の戦争で起こった出来事のためにホワイトヘルを憎んでいる。
ブラッドウィンドは聖騎士を従えるエルフの王であり、恋人としてエルフの女王アリアウィンドランナーがいる。
普段は冷酷で攻撃的な性格だが、アリアと2人の時は周囲にお構いなしにいちゃつくバカップルっぷりを発揮する。


伝説のブラックヘブン(ビショップ)


天国の使者
ポジション:ヒーラー
ジョブ:ビショップ
メイン武器:マジックワンド
サブ武器:マジックオーブ

日本最新スペック(2016年8月上方後)
通常攻撃 通常攻撃で味方1人のHPを回復
スキル スキル効果 クールタイム
アクティブ 天国のハーモニー 味方全員のHPを攻撃力270%分回復。 7.5秒
戦闘のマーチ 味方1人を16秒間攻撃力84%、攻撃速度45%上昇させ、状態異常免疫を付与。 52秒
終わりなき演奏 味方1人を無敵状態で復活させる 62.4秒
パッシブ 天国のレクイエム ブラックヘブン死亡時、味方全員に8秒間解除不可能無敵を付与 43.7秒
悲壮な旋律 味方全員の防御力14%上昇

かつての最上位万能ヒーラー
2016年10月4日追記
通常攻撃ヒーリング、味方の蘇生、死亡時味方に全体無敵など隙のないスキル構成を持ち、
第二幕登場時から覚醒英雄が登場するまでのかなり長い期間鉄板ヒーラーとして活躍し、
登場してから1年以上もの間新規ユーザーの降臨優先度1位仲間として推奨されていたが...
2016年8月現在、二重復活/味方の不死化を持つ覚醒シャベルに優先度を押され始めている状況。
これまでは新規ユーザーログインボーナスの偉人選択ではヘブンが推されていたが、
降臨仲間の上方修正によって大幅に強化されたホワイトヘルが一番人気になったこともあり、
わざわざ材料を揃えてヘブンを降臨する理由はなくなった。


【韓国版の変遷】
韓国版では超越して各種コンテンツ万能ヒーラーになったことに加え、ワールドボス必須バッファーになった

【ストーリー】
主に第二幕に登場しプレイヤーを導く。
天国の使者と呼ばれ、デスクラウンは死の王冠はブラックヘブンが持っていれば安全だと発言していることから、
5大偉人の中でも特別な存在であると思われる。
100年前のラグナロクとの戦いには参加せず、戦いに赴くグレイソウルの安否を気にかける。
グレイソウルに対しては特別な感情を持っているようだ。


伝説のホワイトヘル(ウィザード)


地獄の天使
ポジション:ディーラー
ジョブ:ウィザード
メイン武器:マジックワンド
サブ武器:マジックオーブ

日本最新スペック(2016年8月上方後)
通常攻撃 通常攻撃時、スプラッシュダメージを与え「死の印」を残す
「死の印」はホワイトヘルの与ダメージを40%上昇させる(最大3スタック)
スキル スキル効果 クールタイム
アクティブ ヘルレーザー 敵1人に2687%のダメージを与え、9.5秒間バフ付与不可能状態にする 8.7秒
地獄の火炎 敵全員の全てのバフを除去し1343%のダメージを与え、7.5秒間攻撃速度80%減少 15.9秒
死の天使 敵全員に4秒間、毎秒403%のダメージとスタンを与え、自身は無敵状態になり吸血する 16.2秒
パッシブ 天使の祝福 自身のクリティカルパワー56、命中25上昇
天使の指先 自身の防御無効化49%上昇

対人戦闘力が非常に高い眼鏡おっぱいお姉さん
2016年10月4日追記
第二幕登場時からしばらくの間は同じく広域に優れたブラッドウィンドのように様々なコンテンツで使われる万能仲間であり、
ウィンドと同様ヒドラでも活躍した。
特にアリーナのような対人戦闘で非常に強力で、第二幕アリーナではアリーナの女王として君臨した。
その後様々な降臨仲間が追加されていくと徐々に活躍の機会は減りヒドラディーラーとしての立場だけが残った。
さらにバスター級仲間が登場すると完全に活躍の場を失いドラゴンバスター・ガイア作成の器としての役目だけが残った。
そして2016年8月の降臨仲間のバランス調整で顕著な上方修正を受け、再び対人戦闘のトップディーラーとして返り咲いた。
特に英雄アリーナでは覚醒英雄を追い抜いてトップに君臨し、バスターアリーナでもしばしばガイアに搭乗し敵を粉砕する姿を見せる。
全体バフ除去と全体継続スタンが非常に強力で、バスターから降りても生身で敵バスター級を粉砕する姿も見せてくれる。

覚醒カルルン登場後も変わらず対人戦の最上位ディーラーとして君臨している。


【韓国版での変遷】
超越してバスターアリーナの最上位ディーラーになった

【ストーリー】
第1幕から出演し続ける重要人物。
その正体は世界を滅ぼすために降臨した天使カミエルの分かたれた半身であり、
カミエルの内面にあった迷いの心がホワイトヘルとなった。
そのせいかホワイトヘル自身も常に迷いながら自分のすべきことを模索しており、時には不可解な行動をとることも多い。
プレイヤーはそんなホワイトヘルに終始振り回されながら第1幕、第2幕のストーリーは進行する
本人は世界の均衡を守り善を行おうとしているが、結果的には新たな問題の種を撒いてしまうことも多い。
第1幕でデスクラウンから死の王冠を預かったヘルは、「ブラックヘブンに王冠を渡してほしい」というデスクラウンの願いを無視し、
独自に王冠の秘密を探り世界の均衡を保つための手段を模索するが、それが結果的に様々な問題を引き起こす。
問題が次々と生まれストーリーが完結せず続いていく原因の多くがホワイトヘルに由来し、見方によっては物語の黒幕とも言える。
余談だがカップルだらけの5大偉人の中で唯一のソロ。


伝説のグレイソウル(シーフ)


魂の略奪者
ポジション:ディーラー
ジョブ:シーフ
メイン武器:ロングソード
サブ武器:ダガー

日本最新スペック(2016年8月上方後)
通常攻撃 通常攻撃時、敵の無敵含むバフを1つ除去する
スキル スキル効果 クールタイム
アクティブ 魂を斬る刀 敵1人に953%のダメージを与え、50%の確率で即死させる。 17.3秒
魂の宿った剣 敵1人に1271%のダメージを与える。 13.6秒
魂の影 自身の分身を作る。分身は19.2秒間持続し、本体のすべての技を真似する 39.6秒
パッシブ 魂の略奪 敵が死亡すると20秒間自身の敏捷117%上昇
グレイソウルが敵1人を倒すごとに自身のすべてのスキルのクールタイムが初期化
グレイソウルに倒された敵は復活不可の状態となる
魂の集中 自身の命中21%上昇、被ダメージの15%分HP回復

かつてのアリーナの殺戮の帝王
2016年10月4日追記
確率即死と倒した敵を復活不可にしてしまうことから、
第二幕登場時はアリーナやギルドバトル(当時は仲間が使用可能だった)で活躍した。
その後新たな降臨仲間が増えていくと徐々に活躍の場を失い、現在ではドラゴンバスター・スティグマの器という立場。
余談だが女性ユーザーからの人気が高い


【韓国版での変遷】
超越してバスターアリーナとタッグマッチの最上位ディーラーとなった

【ストーリー】
主に第2幕に登場し、出演時間は短いもの颯爽と登場しておいしいところを1人で持っていく。
アカードとは互いに剣士として信頼しあう仲で、100年前の戦争時は、
自分に何かあった場合はブラックヘブンを頼むとアカードに言い残し、ラグナロクとの戦いに向かう。
魂を切り刻む衝撃のスピリットソードの持ち主で、ラグナロクとの戦いで重要な役割を担った。
ブラックヘブンとグラエルの愛を一身に受ける人生の勝利者。


専用コスチューム


天上・煉獄コスチューム
各降臨仲間に2種類ずつの合計10種類コスチュームがショップにて販売されている。
1つ350ルビーと性能の割には高め。降臨仲間に装備される事が出来、見た目が変化する。
性能はhp+636、対応するステータス(デスクランは力・ブラッドウインドとグレイソウルは敏捷・ホワイトヘルとブラックヘブンは知能)+18、クリティカル+8.3。

日本で2015年12月~2016年1月まで限定販売されたサマーコスチューム
余談だが、サマーコスチュームのホワイトヘルが眼鏡をかけてないのは韓国男子達の熱い要望が叶った結果だそうな。