ギガンテス

遥か昔に世界の頂点に君臨したと伝えられる「タイタン」
そのタイタンの真の姿を見て生き残った者はいないと言われています。
戦争の神、戦場の支配者と呼ばれるタイタンの真の姿、それが「ギガンテス」です。
ギガンテスは「ドラゴンバスター」や「ダークソウル」と同じくバスター級に分類される装着型の仲間です。
これまでのバスター級仲間と異なり、体の大きさが通常仲間サイズなのが特徴

ギガンテスキーを装着したキャラクターは、顔アイコン右下の職業アイコンがギガンテスアイコンに変わります

目次


ギガンテス一覧

▽今後実装予定のギガンテス

巨神の炎アトラス(シーフ)


一撃のアトラス+伝説のグレイソウル+破壊のマカエル
アトラスの真の姿

敵1人を戦場から強制離脱させる第1スキルが最大の特徴のPVP特化バスター級仲間。
アンドロメダパンチの効果は当然バスター級以外にも適用され、スキルが当たれば宇宙へ飛んで行く。
それ以外を見ると継続火力に優れた自己バフ型ディーラーという、典型的なシーフ仲間ではあるが、
シーフにしては珍しく広域攻撃スキルを持っておりバフ除去と100%スタン効果まで持っている。

この強制離脱スキルとバフ除去&100%広域スタンスキルのために、対人戦闘で脅威的な性能を見せている。
特にギルドバトルの場合カウンターや対処方法を見つけるのが難しい最強最悪のディーラー。
ダークソウルのラグナロクが初めて出てきた時と同じような衝撃だと考えれば凶悪さを感じることができるだろう。

余談だが、この広域スタンの成功率100%は公式ブログやゲーム中の図鑑には記載されておらず、ユーザーからの文句が多い部分である。
現在は記載済み。
さらに元々オメガのパッシブ「スタン免疫」は機能しているかが疑問視されていたが、
ギガアトラスの広域100%スタンによって「オメガのスタン免疫はほぼ機能していない」ことが自明のこととなった。

ギガンテスアトラスはギルドバトルのために生まれてきた存在といって良い。
同じく対人戦闘のアリーナバスターリーグや、ナイトメアダンジョンバスターリーグでも非常に優秀。
レイドもULTスティグマがない場合次点のディーラーとして優秀で、アッパーの瞬間ディーリング、自己バフ中の反撃を含めた継続ディーリング共にレイド向きである。
ベルフェゴールや証明の塔バスターモードでも使える。
冒険でもギガアトラス、生身アトラスを併用することで雑魚をポンポン吹き飛ばしPTが整っていなくてもある程度はゴリ押しで進めれる。
ワールドボスやギルド冒険のような長期戦闘には不向きと思われていたが、
ゴーレムにおいてギガアトラスを使用した「無限スタン」で必須キャラになりつつある。

既存のバスター級シーフはレイドとワールドボスに特化していたが、ギガアトラスは対人戦闘に特化しレイドもこなせる点が特徴。

続いてギガンテスヒュペリオンまで登場すると、アリーナバスターリーグで組み合わせて驚異的な性能を見せ、
開幕で先にギガアトラスの広域スタンを入れた側が即座にギガヒュペリオンの広域砲撃を放ち、
一瞬で勝敗が付くような状況が生まれた。

超越キャラが追加された後でもまだ全体100%スタンのためPVPでの需要はトップクラスに高い。
タッグバトルでも相手PTに超越偉人がいない場合はギガアトラス一人で余裕で5人抜き出来るほどPVP性能は圧倒的である。

タイタンの時のあどけない雰囲気が感じられない非常に殺伐とした姿が特徴。
降臨のアトラスが純粋にアップグレードされた形で、上位互換と見て問題ない。
既にスティグマを所持していればアトラスさえULT強化すれば容易に作れるのも長所。

これまで登場したギガンテスの中で最も容貌の評価が高く人気がある。

総合評価
冒険・レイド
アリーナ:バスターリーグ
ギルドバトル:バスターリーグ
証明の塔:バスター
ナイトメアダンジョン:バスターリーグ 今後実装予定
ギルド冒険 今後実装予定
要塞戦
ベルフェゴールの逆襲 今後実装予定
ワールドボス
総合評価
作成日 2016年7月24日

推奨パイロット
プレイヤーシーフ:スティグマ、ティールを所持していないのならレイドに適性がある。自己バフの反撃により相手の攻撃密度が高いほどディーリングが加速する。また、ギルドバトルでは現在人気が非常に高い。ティールに続き戦闘中に女性になれる対象が増えた。

一撃のアトラス:アリーナ、要塞戦、証明の塔などでは最高の相性を見せる。 特にギガンテス召還が解除されたり破壊された場合でも生身のアトラスにも除外スキルがあるので相手の生身を吹き飛ばせるのはありがたい。

虐殺者ルシエン:ボス特化ディーラーを所持しておらず、ワールドボス、ギルド冒険、ネビュラレイドなどで運用する必要がある場合はボス追加ダメージを持つ覚醒ルシエンが最も適している。問題は覚醒ルシエンがギガンテスアトラスの器でもスティグマの器でもないこと。もし覚醒ルシエンを持っているなら乗せよう。

破壊のマカエル:ボス用パイロットの次点の候補。ギガンテスアトラスの器でもあるので、覚醒ルシエンを所持していない場合はマカエルを乗せる。

韓国登場時(シーズン4)
通常攻撃 通常攻撃時に敵の上昇効果一つを除去
スキル スキル効果 クールタイム
アクティブ アンドロメダパンチ 敵1人に3965%のダメージを100%クリティカルヒットさせて、敵が自分の強化段階以下のバスター級の場合、宇宙まで吹き飛ばし30秒間戦場から離脱させる。戻る前に戦闘が終了した場合死亡とみなされる。吹き飛ばせないボスには3418%の追加ダメージ 15秒
衝撃の放出 敵全体に全ての上昇効果を除去し1875%のダメージを与え、8秒間スタン(命中時100%スタン) 16.3秒
最後の反撃 自身の攻撃速度175%、固定ダメージ80%増加し、8秒間すべての攻撃に対して反撃。反撃時には530%のダメージを100%命中させる。 18秒
パッシブ 封印解除 自身のスキル攻撃力が35%、通常攻撃のダメージ114%上昇。
勢い 敵死亡時、自身の敏捷102%上昇
Uパッシブ 運命の抵抗 アトラスが受けたダメージの28%ほどHP回復、異常免疫41増加

韓国シーズン4上方修正後
通常攻撃 通常攻撃時に敵の上昇効果一つを除去
スキル スキル効果 クールタイム
アクティブ アンドロメダパンチ 敵1人に3965%のダメージを100%クリティカルヒットさせて、敵が自分の強化段階以下のバスター級の場合、宇宙まで吹き飛ばし30秒間戦場から離脱させる。戻る前に戦闘が終了した場合死亡とみなされる。吹き飛ばせないボスには3418%の追加ダメージ 15秒
衝撃の放出 敵全体に100%命中する1969%のダメージを与え全てのバフを削除、8秒間スタンさせる 16.3秒
最後の反撃 自身の攻撃速度175%、固定ダメージ80%増加し、8秒間すべての攻撃に対して反撃。反撃時には530%のダメージを100%命中させる。 18秒
パッシブ 封印解除 自身のスキル攻撃力が35%、通常攻撃のダメージ114%上昇。
勢い 敵死亡時、自身の敏捷102%上昇
Uパッシブ 運命の抵抗 アトラスが受けたダメージの28%HP回復、 アトラスが受ける広域ダメージが25%減少



巨神の加護テティス(ビショップ)


光の神官テティス+慈愛のメルセデス+精霊の友達マナランディ
テティスの真の姿

回復とバフ、敵からの攻撃に対するカウンター能力を持ったバスター級ヒーラー。

テティスがバッファー型ヒーラーとして出てきたため、上位互換であるギガンテスも同じくバッファーとして登場した。
イプシロン同様通常攻撃が広域攻撃/回復で、味方の強化スキルとダメージを吸収してHPを回復するスキル持つ。蘇生スキルがないのが欠点。
特に味方の強化スキルのためにワールドボス、ギルド冒険のNo.1ヒーラーとして活躍しているPVE特化ヒーラー。
バスター級ヒーラーの中では最もレイドに適している(サポート要員として)

コンテンツ特化型が多いギガンテス達の中では、最も汎用性に優れたギガンテスである。

全体回復と生身蘇生スキルを持つイプシロン、無敵吸収とバフ、バスター蘇生を持つシヴァと、
3体のヒーラーバスターはそれぞれ特性が異なるため、上位ユーザーはコンテンツに応じて使い分ける傾向にある。

アリーナ/ナイトメアダンジョンのバスターリーグ、ワールドボス、ギルド冒険で最上級。
ギガアトラスの除外アッパーに第3アクティブスキルの効果で唯一カウンター与えることができるためPVP採用率も現状ではTOPクラス。
レイドもディーラーバスター級をもっていなければ次点の候補。
ギガテティスはPVE特化の仲間なのでベルフェゴール、証明の塔バスターモードも最上級。
冒険にはなくても構わない。

慈愛のメルセデスの材料であるメルセデスだけ持っていれば、残りのヒーラーの器は何でもいいので比較的容易に作ることができる。
イプシロン、シヴァを所持していればテティスのみをULTにすれば容易に作れるが、二つのうち一つだけを持っているとすれば残りの鍵の器2体が必要になる点に注意。

総合評価
冒険・レイド
アリーナ:バスターリーグ
ギルドバトル:バスターリーグ
証明の塔:バスター
ナイトメアダンジョン:バスターリーグ 今後実装予定
ギルド冒険 今後実装予定
要塞戦
ベルフェゴールの逆襲 今後実装予定
ワールドボス
総合評価
作成日 2016年7月24日

韓国登場時(シーズン4)
通常攻撃 敵全体を攻撃/味方全員を回復
スキル スキル効果 クールタイム
アクティブ 神の天幕 味方全員に5.8秒間、受けるダメージをHP回復に変換する上昇効果と状態異常免疫を付与 13秒
保護本能 味方全員を16秒間、攻撃力84%、攻撃速度43%、体力27%上昇 24秒
神の加護 味方全員に3秒間、すべての弱体効果を反射する上昇効果​​を付与。ギガテティスの強化あたり持続時間が0.3秒ずつ増加 16秒
パッシブ 懺悔の祈り 自身の被ダメージ15%減少し、防御力22%、回復効果84%上昇。
慈愛の心 味方全員の異常免疫26、異常耐性28上昇
Uパッシブ 神の力 味方全員の攻撃力18%、固定ダメージ14%増加



巨神の怒りプロメテウス(ウィザード)


巨人プロメテウス+旋律のピヨエル+炎禍の軍団長ターク
プロメテウスの真の姿

凶悪なボス追加ダメージと自己バフを持つワールドボス特化のバスター級ウィザード
2016年9月18日追記
Ult強化基準で、純粋な継続ディーリング能力はサシャよりも遥かに優れている。
第1スキルの自己バフは最大20スタックされ、スタックしたバフはバフ除去スキルでも解除されない。
バフがスタックする時間が十分にあるワールドボスで最大の効率を発揮し、ギルド冒険でも絶大な威力を発揮している。
この自己バフをいかに早く最大スタックさせるかが最終スコアに大きな影響を与えるため、
スキルクールタイム速度上昇効果を持つアスクやヘリオス、ギガヘリオスとの相性が良い。

注意点は、最も重要なボス追加ダメージがUパッシブにあるため、ギガプロメテウスが本領を発揮するのは Ultimate強化してから ということ。
そのため、かなりハードルの高いバスター級仲間。

ワールドボス、ギルド冒険で最上級。
ベルフェゴールも継続戦闘であることからかなり使える。
バフがスタックしなければ本領を発揮できないため、短期決戦のアリーナやギルドバトルでは活躍できない。
連戦形式のナイトメアダンジョンには優秀。
冒険にはなくてもかまわない

ギルドの冒険でも絶大なディルを抜いて出してレイドにも優れている
ただしシーフに比べて回避も不足して吸血も存在していないので耐久度が貧弱で、意外にもよく粉砕される。
開始直後にすぐにボスを削除できず乱戦が開始した場合、復活スクロール何枚か消費することは避けられない。
レイドはほとんど2ディーラー2バフで組み合わされる場合が多いため爆死必須。
速戦即決で行われるレイドでは、ヘリオスがあっても巨大化スタックを大きく期待するのは難しい方だ。
できるなら純粋なレイドディーラーで行くことが、本人の精神健康にもいい。

サシャのポジションを大幅に代替して、そのディーリング性能はさらに強力だ。
ただし補助してくれるパーティーに応じて、そのディーリング性能が大きく左右される。
一人でも召喚獣を介してバフを得てディーリングを行使できるサシャとは若干の違いがある。

余談に巨大化バフは実際にプロメテウスの表示サイズを少しずつ育ててくれる。
ビショップの大きくなぁれのキャラクター表示の拡大効果が際限なく蓄積されるようなもので、
最終的には1人で他のキャラクター2、3人の姿を隠してしまうほど大きくなる。

超越級登場後失業
超越ブラッドウィンドのクレイジーディーリング能力と、ワールドボス能力値向上のために10分持ちこたえることが難しくなり、ワールドボスで地位を失った。
ボスダメージパッシブのために永遠と思われたギガプロメの統治は2ヶ月(韓国版アップデート速度基準)と意外にも短く、
ライバルであったサシャよりも早く失業することとなった。

総合評価
冒険・レイド
アリーナ:バスターリーグ
ギルドバトル:バスターリーグ
証明の塔:バスター
ナイトメアダンジョン:バスターリーグ 今後実装予定
ギルド冒険 今後実装予定
要塞戦
ベルフェゴールの逆襲 今後実装予定
ワールドボス
総合評価
作成日 2016年7月24日

韓国登場時(シーズン4)
通常攻撃 通常攻撃で敵1人の防御力低下
スキル スキル効果 クールタイム
アクティブ 巨大化 自身の攻撃力230%、知能8%増加(※最大20スタック。解除されない) 58秒
落雷 敵1人に9秒間攻撃速度30%減少デバフを与え、3725%のダメージ 11秒
処罰の風 敵全体に12秒間防御力38%減少デバフを与え、1861%のダメージ 18秒
パッシブ 不死 自身のHPが40%以下になる時、11秒間不死 58秒
巨人の知識 自身のスキル攻撃力38%、攻撃速度23%増加
Uパッシブ 激怒 85%のボス追加ダメージ



巨神の太陽ヒュペリオン(アーチャー)


爆撃のヒュペリオン+伝説のブラッドウィンド+牙のティヌビエン

ヒュペリオンの真の姿

現バージョン最高の瞬間火力ディーラー。
通常攻撃がなく、装填モーションなのはタイタンのヒュペリオンと同じである。
AIは悪くはなく、装填スキルのクールが戻っている場合は迅速装填を使用した後、1番or2番スキルを使用する。
問題はこれらのスキル係数が生身のヒュペリオン以上にものすごいこと。

特にこのギガンテスヒュペリオンなら迅速装填を使用した後第2スキルを使用した場合、
敵全員に既存の1690%のダメージ+ 950%×6の5,700%ダメージに合わせて総合21秒間のスタン+1421%の固定追加ダメージ+すべての防御力無視+100%命中 という非常識なダメージとスタンを与えてしまう。
迅速装填を使用する前に、モルガナやギガンテスアトラスなどがヒュペリオンを無力化しない限り、本当に核爆弾が降ってくる事になる。

しかし通常攻撃がないので、1番、2番スキル以降の賢者タイムは仕方がない。
通常攻撃の装填モーションにも発動効果が適用されるようで、CT減少を付けていれば一定の確率でクールタイムが減少する。

タイタン版同様アリーナで活躍する。
アリーナ上層ではどちらが先にギガヒュペリオンの広域スキルを決めるかで勝敗が決すると言っても過言ではなく、
牽制のために広域100%スタンを持つギガアトラスが組み合わされる事が多い。
さらに広域スキルクールタイム初期化を持ったギガヘリオスが登場すると、
ギガアトラス+ギガヘリオス+ギガヒュペリオンがアリーナの新たな組み合わせとして現れだした。

ギガンテス版もタイタン版も「じいさん」の愛称で呼ばれることが多く、同じく愛称が「じいさん」のドランクファルコンと混同しやすい。

総合評価
冒険・レイド
アリーナ:バスターリーグ
ギルドバトル:バスターリーグ
証明の塔:バスター
ナイトメアダンジョン:バスターリーグ 今後実装予定
ギルド冒険 今後実装予定
要塞戦
ベルフェゴールの逆襲 今後実装予定
ワールドボス
総合評価
作成日 2016年7月24日

韓国登場時(シーズン4)
通常攻撃 通常攻撃の代わりに砲弾を装填し敏捷が増加(最大5発)。5発装填時にはスキルクールタイム減少。装填速度は攻撃速度の影響を受ける
スキル スキル効果 クールタイム
アクティブ 混沌の爆撃 敵1人の上昇効果を除去し3312%のダメージを与え、装填した砲弾1発につき950%の追加ダメージ。最大装填時は防御力を全て無視し100%命中させて、追加で2384%の固定ダメージ 14秒
焦土化 敵全員に1690%のダメージを与え3秒間スタンさせ、装填した砲弾1発につき950%の追加ダメージとスタン時間を3秒ずつ延長。最大装填時はすべての上昇効果を除去し防御力を全て無視し100%命中させ、追加で1421%の固定ダメージ 19秒
迅速装填 即座に最大装填し、16秒間自身の攻撃力248%増加 26秒
パッシブ 最後の抵抗 自身の被ダメージ25%減少、異常抵抗56増加
必死の覚悟 自身のHPが60%以下になるとき、12秒間免疫状態になり、全てのスキルのクールタイムがリセット 34秒
Uパッシブ 弾丸増幅 最大装填ゲージが1発分増加し、砲弾の装填速度40%増加



巨神の障壁クロノス(ナイト) NEW!


司令官クロノス+伝説のデスクラウン+破天のグラームキング

クロノスの真の姿
タイタン版同様、同期のギガヘリオスが何かと議論の的になっているため言及が少ないが、アリーナ上層で活躍しているようだ。

とあるアリーナ上位ユーザーによると、
盾を召喚するまで生存した場合、ほぼ勝利が約束されるほどU強化時の盾は強力で、
話題の少なさに反してアリーナで極めて高い効率を示しているらしい。
盾が本体

総合評価
冒険・レイド
アリーナ:バスターリーグ
ギルドバトル:バスターリーグ
証明の塔:バスター
ナイトメアダンジョン:バスターリーグ 今後実装予定
ギルド冒険 今後実装予定
要塞戦
ベルフェゴールの逆襲 今後実装予定
ワールドボス
総合評価
作成日 2016年7月24日

韓国登場時(シーズン4)
通常攻撃 通常攻撃時、一定確率で敵1人のすべてのアクティブスキルを使用済み状態にする
スキル スキル効果 クールタイム
アクティブ 残滅の一撃 敵1人に3969%のダメージを与え、6秒間防御力100%減少 7.5秒
アスカロンの(?) 敵全員のバフを除去し2034%のダメージを与え、9秒間スキル封印 17秒
アイアスの障壁 敵全員を常時挑発し続けるアイアスの盾を召喚(※)。アイアスの盾召喚時味方全員の被ダメージ25%軽減 41秒
パッシブ 激怒 クロノスのHPが60%以下になる時、15秒間自身の力280%上昇し、被ダメージ40%軽減。この効果は解除されない。 58秒
(?) 味方全員の体力25%上昇と被ダメージ15%軽減
Uパッシブ クロノスの意思 アイアスの盾が自身の被ダメージ40%をダメージ反射
※常時挑発のため、敵の単体攻撃は全てアイアスの盾に向かう。
アイアスの盾にはHPが存在する。盾HP量はギガクロノスの強化度依存。
パイロットの装備はアイアスのHPや防御力に影響を与えない
遺物効果は発動しない。盾は味方のバフやHP回復効果を受けない。
敵の能力値減少デバフは受ける。モルガナの闇の破片効果は無効
ギガクロノス破壊時、アイアスの盾も消える。



巨神の審判ヘリオス(パラディン) NEW!


時間の支配者ヘリオス+審判者ティエル+神のハンマードランクンファルコン
※紹介画像の姿と違い、ゲーム内ではスカートを着ている(後述)

ヘリオスの真の姿

タイタン版をそのままグレードアップしたような性能で登場し、
既存の聖騎士同様、全てのコンテンツで大幅な効率上昇が認められている

永遠のように思われたドラゴンバスターオメガの時代を終わらせた張本人。
ギガンテスヘリオスの登場で、今オメガは覚醒ティエルに1%召喚設定で装着しワールドボス後半戦にのみ登場する存在となった。
既にオメガをUltimate強化まで上げた人々はUパッシブのためにまだオメガも併用するが、最終的にはヘリオスに席を引き渡すことになるのは時間の問題。
したがってまだオメガがない初心者にとってはあえてオメガを作成する必要もなく、ギガンテスヘリオスが推奨される状況。

注意点はギガヘリオスをデッキに組み込むとメンバーのスキル頻度が上がり、代わりに通常攻撃頻度が下がること。
タイタン版ヘリオスやアスクとは比較にならないほどスキルクールタイム速度が上昇するため、その傾向が顕著となった。
例を挙げると、スティグマ+ギガヘリオスにするとスティグマがスキル攻撃ばかりして通常攻撃をほとんど使用しなくなる。
そのためギガヘリオスの追加で相対的にスティグマの評価が下落した。

広域スキルクールタイム初期化のために、アリーナ上層でがギガアトラスやギガヒュペリオンと組み合わせて牽制役として活躍している。

覚醒ティエル、ヘリオスに続いて槌以外の武器を装備した聖騎士。
タイタン版は剣を持っていたがギガンテス版では槍を扱う。

余談だが見た目が計3回修正された。
初期状態(本ページの画像)ではフランス騎兵から取ったようなスパッツと風船のような胸のため酷評が溢れ、
リリース後4時間で緊急パッチが配布され、胸をナフしズボンをパンツに変えてしまった。
修正後イメージ
しかし元のズボンの足の部分だけを切り取ってパンティー部分は既存の素材を残したため、モーション中にやたら股間が膨らみ「おむつ」だという酷評を得て、胸だけナフさせてパンツはロールバックさせた

見た目を再度練り直し次のパッチに適用すると告知してから一週間が過ぎた後、今度は既存タイタンヘリオスのスカートを適度に減らして切り取ったスカートを加えることで最終的に完成版とした(最終盤準拠の紹介画像は公開されていない)
完全リニューアルを期待したユーザーの間では、むしろ初期状態が一番良かったと後悔する反応も見せている。
現在はスカート姿で定着した。

総合評価
冒険・レイド
アリーナ:バスターリーグ
ギルドバトル:バスターリーグ
証明の塔:バスター
ナイトメアダンジョン:バスターリーグ 今後実装予定
ギルド冒険 今後実装予定
要塞戦
ベルフェゴールの逆襲 今後実装予定
ワールドボス
総合評価
作成日 2016年7月24日

韓国登場時(シーズン4)
通常攻撃 通常攻撃時、敵の攻撃速度減少
スキル スキル効果 クールタイム
アクティブ 時空崩壊 敵全員に2062%のダメージを与え、75%の確率で全てのアクティブスキルを使用済み状態にする 22秒
時間の波 味方全員を17秒間、スキルクールタイム速度80%上昇 36秒
時間の境界 味方全員に14.8秒間、攻撃力1071%のHP保護膜と攻撃速度31%上昇 19秒
パッシブ 時空間制御 味方全員の状態異常持続時間を15%短縮
時間の支配者 味方全員の通常攻撃ダメージ72%、スキルクールタイム速度11%上昇
Uパッシブ ヘリオスの祝福 味方全員の各自メインステータス(力、知能、敏捷)20%、スキル攻撃力40%上昇