|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

王犬セロ

EditThisPage    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 満天星国王犬「セロ」 RD:18 評価値:7
    • 部品: 概要
    • 大部品: 王犬(セロ版) RD:8 評価値:5
      • 部品: マスコット的存在
      • 部品: 実直な性格
      • 部品: 王犬の仕事
      • 部品: 王犬としての知識
      • 部品: オーダーメードの首輪
      • 部品: 眠そうな面構え
      • 部品: 美しい吠え声
      • 部品: 好物は牛筋煮込み
    • 大部品: 都築つらねの友犬 RD:4 評価値:3
      • 部品: 叱咤
      • 部品: 側にいよう
      • 部品: 散歩
      • 部品: 付き合い
    • 大部品: セロ式護身術 RD:5 評価値:3
      • 部品: 護身のための一撃
      • 部品: 訓練担当との絆
      • 部品: 修練の年月
      • 部品: 走り込み
      • 部品: 訓練用かかし



部品定義


部品: 概要

満天星国の王犬セロは灰褐色の大きな秋田犬である。眠たそうな面構えをしているが、非常に実直な王犬であり、都築つらねの友である。

部品: マスコット的存在

王犬はマスコット的な存在と言われるが、セロも言わずもがなマスコット的な存在である。
かわいいとはあまり言われないかもしれないが、その独特な風貌と実直さは人気がある。

部品: 実直な性格

元々秋田県という犬種は狩猟に使われたマタギ犬が元であり、よく猟師の言うことを聞き、その手伝いに奔走したという。
セロもその血を引くのか、よく働き、よく走る。ただし、それは唯々諾々と何かに従うという意味ではなく、物事の筋を良く通すという意味での実直さだった。

部品: 王犬の仕事

満天星国王犬の仕事は通常は主にそのマスコット的な役割を大いに生かし、藩国のイメージPR等で方々にお出かけしたり、面会したりすることである。
一方で、その都度様々なことを見聞きし、藩王の元へ持ち帰ることで、国内の情報収集役としても十分に勤めている。

部品: 王犬としての知識

王犬として様々な人に会うこと、地域や政庁内を歩き回ることは、人においてもそうそうできることではない。
セロは日々の仕事と散歩の中から、様々なことと出会い、知り、考えている。

部品: オーダーメードの首輪

セロが王犬であることを示すためにオーダーメードで首輪は作られた。
茶褐色の革に、クロム鋼で作られた満天星乙女のモチーフがつけられている。

部品: 眠そうな面構え

秋田犬というのは顔が横長で、目が細く見え、毛の長さも相まってどこかぼんやりとした印象を与える。
セロもその通りであり、怒り歯をむき出しにでもしない限り、どこか眠そうな顔である。しかし、それがまた愛嬌でもあり、彼の余裕を示すポーカーフェイスでもある。

部品: 美しい吠え声

滅多に吠えることはないのだが、危険を知らせたり、誰かを呼ぼうとした時、セロは非常に良く通る声で吠える。
それはどこか美しさも感じさせ、時には吠えてくれと頼まれることもあるが、リクエストには応えないのだった。

部品: 好物は牛筋煮込み

セロの好物は牛筋であり、その煮込みを早朝から…やるわけではなく、都築つらねがたまにではあるが、極めて薄味で犬にも食べられる牛筋の煮込みを作ることがある。
美味しそうにしている姿が目撃されている。

部品: 叱咤

都築つらねの名前と違う、飽きっぽく、優柔不断な性格に対し、必要とあらば叱ろうとする。
話し合い、考えるだけでは何も始まらないと、背中を押す。

部品: 側にいよう

一人で物事を進めようとするのは性分故しかたないが、だからといって心が折れることがないとは言わない。
だから友は、近かろうが、離れていようが、いつでもその存在が側にいる。

部品: 散歩

体力増進のため、精神衛生のため、何よりもなんでもなくとも、ふわりと美しい世の中を見るために、時には散歩に出かけよう。
春夏秋冬、それぞれにお互いの楽しみがあるのだから。

部品: 付き合い

会ったのはいつ頃だろうか、あのことを話し込んだのはいつ頃だったろうか。
友としての基準なんてものは定めていないが、これまでの付き合いの中で、友としてお互い感じていることは確かだった。


部品: 護身のための一撃

王犬ともなれば命を狙われることもあり、その俊足から逃げる術もあるが、逃げられない時のためにセロは戦闘の訓練を施されている。
大型犬ゆえの体躯、狩猟犬の血統であることからの鋭い五感。そのすべてを活かして、護身のための一打を撃つのだ。

部品: 訓練担当との絆

訓練者と日々顔を突き合わせての訓練であり、守らなければならない最低限のことの確認や、相互理解を深めている。


部品: 修練の年月

セロ式護身術を身に着けるには最低でも1年はみっちり訓練を行わなくてはならないと言われており、十分な結果に繋げるためには3年を必要とする。

部品: 走り込み

基本的には護身術であり、相手を倒すことが目的ではないため、重きに置かれているのが走り込みである。
足腰を鍛えれスタミナをつければ、並の人間相手であれば逃げ切ることは容易くなり、またダッシュを重ねることで近接戦での機敏な動きを可能とする。

部品: 訓練用かかし

対人を想定した訓練で使用される人形。要所要所に重りがしこまれており、どこをどう引き倒せばいいかなど、重心の確認などを行うための作りになっている。



提出書式


大部品: 満天星国王犬「セロ」 RD:18 評価値:7
  • 部品: 概要
  • 大部品: 王犬(セロ版) RD:8 評価値:5
    • 部品: マスコット的存在
    • 部品: 実直な性格
    • 部品: 王犬の仕事
    • 部品: 王犬としての知識
    • 部品: オーダーメードの首輪
    • 部品: 眠そうな面構え
    • 部品: 美しい吠え声
    • 部品: 好物は牛筋煮込み
  • 大部品: 都築つらねの友犬 RD:4 評価値:3
    • 部品: 叱咤
    • 部品: 側にいよう
    • 部品: 散歩
    • 部品: 付き合い
  • 大部品: セロ式護身術 RD:5 評価値:3
    • 部品: 護身のための一撃
    • 部品: 訓練担当との絆
    • 部品: 修練の年月
    • 部品: 走り込み
    • 部品: 訓練用かかし


部品: 概要
満天星国の王犬セロは灰褐色の大きな秋田犬である。眠たそうな面構えをしているが、非常に実直な王犬であり、都築つらねの友である。

部品: マスコット的存在
王犬はマスコット的な存在と言われるが、セロも言わずもがなマスコット的な存在である。
かわいいとはあまり言われないかもしれないが、その独特な風貌と実直さは人気がある。

部品: 実直な性格
元々秋田県という犬種は狩猟に使われたマタギ犬が元であり、よく猟師の言うことを聞き、その手伝いに奔走したという。
セロもその血を引くのか、よく働き、よく走る。ただし、それは唯々諾々と何かに従うという意味ではなく、物事の筋を良く通すという意味での実直さだった。

部品: 王犬の仕事
満天星国王犬の仕事は通常は主にそのマスコット的な役割を大いに生かし、藩国のイメージPR等で方々にお出かけしたり、面会したりすることである。
一方で、その都度様々なことを見聞きし、藩王の元へ持ち帰ることで、国内の情報収集役としても十分に勤めている。

部品: 王犬としての知識
王犬として様々な人に会うこと、地域や政庁内を歩き回ることは、人においてもそうそうできることではない。
セロは日々の仕事と散歩の中から、様々なことと出会い、知り、考えている。

部品: オーダーメードの首輪
セロが王犬であることを示すためにオーダーメードで首輪は作られた。
茶褐色の革に、クロム鋼で作られた満天星乙女のモチーフがつけられている。

部品: 眠そうな面構え
秋田犬というのは顔が横長で、目が細く見え、毛の長さも相まってどこかぼんやりとした印象を与える。
セロもその通りであり、怒り歯をむき出しにでもしない限り、どこか眠そうな顔である。しかし、それがまた愛嬌でもあり、彼の余裕を示すポーカーフェイスでもある。

部品: 美しい吠え声
滅多に吠えることはないのだが、危険を知らせたり、誰かを呼ぼうとした時、セロは非常に良く通る声で吠える。
それはどこか美しさも感じさせ、時には吠えてくれと頼まれることもあるが、リクエストには応えないのだった。

部品: 好物は牛筋煮込み
セロの好物は牛筋であり、その煮込みを早朝から…やるわけではなく、都築つらねがたまにではあるが、極めて薄味で犬にも食べられる牛筋の煮込みを作ることがある。
美味しそうにしている姿が目撃されている。

部品: 叱咤
都築つらねの名前と違う、飽きっぽく、優柔不断な性格に対し、必要とあらば叱ろうとする。
話し合い、考えるだけでは何も始まらないと、背中を押す。

部品: 側にいよう
一人で物事を進めようとするのは性分故しかたないが、だからといって心が折れることがないとは言わない。
だから友は、近かろうが、離れていようが、いつでもその存在が側にいる。

部品: 散歩
体力増進のため、精神衛生のため、何よりもなんでもなくとも、ふわりと美しい世の中を見るために、時には散歩に出かけよう。
春夏秋冬、それぞれにお互いの楽しみがあるのだから。

部品: 付き合い
会ったのはいつ頃だろうか、あのことを話し込んだのはいつ頃だったろうか。
友としての基準なんてものは定めていないが、これまでの付き合いの中で、友としてお互い感じていることは確かだった。


部品: 護身のための一撃
王犬ともなれば命を狙われることもあり、その俊足から逃げる術もあるが、逃げられない時のためにセロは戦闘の訓練を施されている。
大型犬ゆえの体躯、狩猟犬の血統であることからの鋭い五感。そのすべてを活かして、護身のための一打を撃つのだ。

部品: 訓練担当との絆
訓練者と日々顔を突き合わせての訓練であり、守らなければならない最低限のことの確認や、相互理解を深めている。


部品: 修練の年月
セロ式護身術を身に着けるには最低でも1年はみっちり訓練を行わなくてはならないと言われており、十分な結果に繋げるためには3年を必要とする。

部品: 走り込み
基本的には護身術であり、相手を倒すことが目的ではないため、重きに置かれているのが走り込みである。
足腰を鍛えれスタミナをつければ、並の人間相手であれば逃げ切ることは容易くなり、またダッシュを重ねることで近接戦での機敏な動きを可能とする。

部品: 訓練用かかし
対人を想定した訓練で使用される人形。要所要所に重りがしこまれており、どこをどう引き倒せばいいかなど、重心の確認などを行うための作りになっている。




インポート用定義データ


[
{
"title": "満天星国王犬「セロ」",
"children": [
{
"title": "概要",
"description": "満天星国の王犬セロは灰褐色の大きな秋田犬である。眠たそうな面構えをしているが、非常に実直な王犬であり、都築つらねの友である。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},
{
"title": "王犬(セロ版)",
"children": [
{
"title": "マスコット的存在",
"description": "王犬はマスコット的な存在と言われるが、セロも言わずもがなマスコット的な存在である。\nかわいいとはあまり言われないかもしれないが、その独特な風貌と実直さは人気がある。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},
{
"title": "実直な性格",
"description": "元々秋田県という犬種は狩猟に使われたマタギ犬が元であり、よく猟師の言うことを聞き、その手伝いに奔走したという。\nセロもその血を引くのか、よく働き、よく走る。ただし、それは唯々諾々と何かに従うという意味ではなく、物事の筋を良く通すという意味での実直さだった。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},
{
"title": "王犬の仕事",
"description": "満天星国王犬の仕事は通常は主にそのマスコット的な役割を大いに生かし、藩国のイメージPR等で方々にお出かけしたり、面会したりすることである。\n一方で、その都度様々なことを見聞きし、藩王の元へ持ち帰ることで、国内の情報収集役としても十分に勤めている。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},
{
"title": "王犬としての知識",
"description": "王犬として様々な人に会うこと、地域や政庁内を歩き回ることは、人においてもそうそうできることではない。\nセロは日々の仕事と散歩の中から、様々なことと出会い、知り、考えている。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},
{
"title": "オーダーメードの首輪",
"description": "セロが王犬であることを示すためにオーダーメードで首輪は作られた。\n茶褐色の革に、クロム鋼で作られた満天星乙女のモチーフがつけられている。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},
{
"title": "眠そうな面構え",
"description": "秋田犬というのは顔が横長で、目が細く見え、毛の長さも相まってどこかぼんやりとした印象を与える。\nセロもその通りであり、怒り歯をむき出しにでもしない限り、どこか眠そうな顔である。しかし、それがまた愛嬌でもあり、彼の余裕を示すポーカーフェイスでもある。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "美しい吠え声",
"description": "滅多に吠えることはないのだが、危険を知らせたり、誰かを呼ぼうとした時、セロは非常に良く通る声で吠える。\nそれはどこか美しさも感じさせ、時には吠えてくれと頼まれることもあるが、リクエストには応えないのだった。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "好物は牛筋煮込み",
"description": "セロの好物は牛筋であり、その煮込みを早朝から…やるわけではなく、都築つらねがたまにではあるが、極めて薄味で犬にも食べられる牛筋の煮込みを作ることがある。\n美味しそうにしている姿が目撃されている。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},
{
"title": "都築つらねの友犬",
"children": [
{
"title": "叱咤",
"description": "都築つらねの名前と違う、飽きっぽく、優柔不断な性格に対し、必要とあらば叱ろうとする。\n話し合い、考えるだけでは何も始まらないと、背中を押す。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "側にいよう",
"description": "一人で物事を進めようとするのは性分故しかたないが、だからといって心が折れることがないとは言わない。\nだから友は、近かろうが、離れていようが、いつでもその存在が側にいる。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "散歩",
"description": "体力増進のため、精神衛生のため、何よりもなんでもなくとも、ふわりと美しい世の中を見るために、時には散歩に出かけよう。\n春夏秋冬、それぞれにお互いの楽しみがあるのだから。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},
{
"title": "付き合い",
"description": "会ったのはいつ頃だろうか、あのことを話し込んだのはいつ頃だったろうか。\n友としての基準なんてものは定めていないが、これまでの付き合いの中で、友としてお互い感じていることは確かだった。\n",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},
{
"title": "セロ式護身術",
"children": [
{
"title": "護身のための一撃",
"description": "王犬ともなれば命を狙われることもあり、その俊足から逃げる術もあるが、逃げられない時のためにセロは戦闘の訓練を施されている。\n大型犬ゆえの体躯、狩猟犬の血統であることからの鋭い五感。そのすべてを活かして、護身のための一打を撃つのだ。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},
{
"title": "訓練担当との絆",
"description": "訓練者と日々顔を突き合わせての訓練であり、守らなければならない最低限のことの確認や、相互理解を深めている。\n",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},
{
"title": "修練の年月",
"description": "セロ式護身術を身に着けるには最低でも1年はみっちり訓練を行わなくてはならないと言われており、十分な結果に繋げるためには3年を必要とする。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "走り込み",
"description": "基本的には護身術であり、相手を倒すことが目的ではないため、重きに置かれているのが走り込みである。\n足腰を鍛えれスタミナをつければ、並の人間相手であれば逃げ切ることは容易くなり、またダッシュを重ねることで近接戦での機敏な動きを可能とする。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "訓練用かかし",
"description": "対人を想定した訓練で使用される人形。要所要所に重りがしこまれており、どこをどう引き倒せばいいかなど、重心の確認などを行うための作りになっている。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
]