|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

質疑結果/2011_02/14693

r:このページは、文殊で登録されている国民番号を持つプレイヤーしか閲覧することは出来ません。




[No.14693] 輸送オート三輪について0220

投稿者:都築つらね@満天星国

投稿日:2011-02-20 21:21:59

[質問][その他][内政]
お疲れ様です。満天星国より以下質疑を行わせて頂きます。
質疑上必要なマイルは 45:満天星国:- より支払いを行います。

■らうーるカーと輸送オート三輪について
L:輸送用オート三輪の開発 = {
 t:名称 = 輸送用オート三輪の開発(イベント)
 t:要点 = {
オート三輪とは、バイクからはじまるモータリゼーションの一環で生まれた、過渡期的な存在である。
導入コストが安く、バイクの生産設備や整備技術の継承が出来ることから、初期のモータリゼーションでは主導的な役割をし、のちの四輪車までのストップギャップを見事にはたした。
国内産業の発展においては、その功績は著しい。

 t:周辺環境 = 満天星国


Q1:
以前の質疑より、
Q3:
これまでにも普通に四輪車や二輪車などが開発販売されてきていたということですが、
“らうーるカー”と既存の車両とを比較した場合、主にどのような差があるのでしょうか。(ex.価格や荷重など)

車輪つきのほうがペイロードに大きなアドバンテージがあるね。
という回答を頂いております。
車輪付きのほうが荷重にアドバンテージがある、ということですが、現状らうーるカーが100%シェアを占めている中で、運輸においてはどのような対応がなされているのでしょうか。

Q2:
らうーるカーが帝國においてシェア100%を占めたのはどういった理由によるものでしょうか。

Q3:
<輸送オート三輪の開発>のL:は上記の通りですが、その中で“四輪車までのストップギャップ”という表記があります。しかしながら、現状最も普及しているらうーるカーはニュートン式エアカーであるため「車輪が無い」と考えており、また以前の質疑より、サイドカーの延長線上にあるものという回答を頂いております。
アイドレス作成にあたり、この「車輪の有無」についてはあくまで要点として、らうーるカーの発展系としてエアカーとしての開発は可能でしょうか。

Q4:
(Q3がイエスだった場合)
輸送オート三輪を、らうーるカーの発展系としてか、或いは純粋な輸送力としてかの、どちらの方向性で開発すべきか迷っております。
藩国PLにおける意思決定は上記質疑を元に行いたいと考えておりますが、設定国民の関係者の中からどちらの方向性で進めるべきかについて意見を聞いておきたいと思います。以下それぞれから確認できれば幸いです。
自動車業界⇒
運輸業界⇒
政府職員(労働経済産業局,運輸通信局 )⇒
輸送オート三輪を最も利用しそうな層として個人商店経営者⇒
回答者:芝村 2011/06/01 20:28:47
お疲れ様です。満天星国より以下質疑を行わせて頂きます。
質疑上必要なマイルは 45:満天星国:- より支払いを行います。

■らうーるカーと輸送オート三輪について
L:輸送用オート三輪の開発 = {
 t:名称 = 輸送用オート三輪の開発(イベント)
 t:要点 = {
オート三輪とは、バイクからはじまるモータリゼーションの一環で生まれた、過渡期的な存在である。
導入コストが安く、バイクの生産設備や整備技術の継承が出来ることから、初期のモータリゼーションでは主導的な役割をし、のちの四輪車までのストップギャップを見事にはたした。
国内産業の発展においては、その功績は著しい。

 t:周辺環境 = 満天星国


Q1:
以前の質疑より、
Q3:
これまでにも普通に四輪車や二輪車などが開発販売されてきていたということですが、
“らうーるカー”と既存の車両とを比較した場合、主にどのような差があるのでしょうか。(ex.価格や荷重など)

車輪つきのほうがペイロードに大きなアドバンテージがあるね。
という回答を頂いております。
車輪付きのほうが荷重にアドバンテージがある、ということですが、現状らうーるカーが100%シェアを占めている中で、運輸においてはどのような対応がなされているのでしょうか。

環状線が多いねえ。
あと船。陸路輸送はほとんどされていない。

Q2:
らうーるカーが帝國においてシェア100%を占めたのはどういった理由によるものでしょうか。

収得が容易で燃費がいい。

Q3:
<輸送オート三輪の開発>のL:は上記の通りですが、その中で“四輪車までのストップギャップ”という表記があります。しかしながら、現状最も普及しているらうーるカーはニュートン式エアカーであるため「車輪が無い」と考えており、また以前の質疑より、サイドカーの延長線上にあるものという回答を頂いております。
アイドレス作成にあたり、この「車輪の有無」についてはあくまで要点として、らうーるカーの発展系としてエアカーとしての開発は可能でしょうか。

ええ

Q4:
(Q3がイエスだった場合)
輸送オート三輪を、らうーるカーの発展系としてか、或いは純粋な輸送力としてかの、どちらの方向性で開発すべきか迷っております。
藩国PLにおける意思決定は上記質疑を元に行いたいと考えておりますが、設定国民の関係者の中からどちらの方向性で進めるべきかについて意見を聞いておきたいと思います。以下それぞれから確認できれば幸いです。
自動車業界⇒
運輸業界⇒
政府職員(労働経済産業局,運輸通信局 )⇒
輸送オート三輪を最も利用しそうな層として個人商店経営者⇒

3マイル消費した。