※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

資金を得る

◆新しい船を買う為、高級な服を着る為、その他諸々欲しい物を買う為の資金を
 得る方法をご紹介。

  • 紙アイテム取引
  交易クエスト報酬の仕入れ発注書や沈没船の断片地図など、必要な人には
  大量に保有したい一部の紙アイテムが、バザーでの売買上限額を超えた高額で
  取引されるので、シャウトで告知してトレードで取引をします。
  紙アイテムは初心者でも比較的容易に手に入れられるので、大いに利用しましょう。
  ※トレード取引には、共通の言語(例えば、両方がスペイン語スキルを持っているなど)
   が無いとトレードできませんのでご注意を。

  • 名産品交易
  ある地域特定の交易品があって、これを名産品と呼んでいます。
  これを2文化圏以上離れた距離(※)の街の交易所に運ぶことによって、
  通常より多くのお金と交易経験値、交易名声を得ることができます。
  高価な交易品ほど1度に購入できる量は少ないので、大量に積むには、
  対応する取引スキルと仕入れ発注書が必要です。
  ※2文化圏の距離:
    例えば、ブリテン_(北フランス)_イベリアのように、購入元の
    文化圏と売る先の文化圏の間に別の文化圏がある距離。
    ブリテン名産のウィスキーをイベリアのリスボンに運ぶと、近場で売るより
    儲かることが多い。多いというのは相場が重要なので。
  危険海域を航行することが多いのでリスクがありますが、M単位のお金を
  稼ぐこともできます。
  代表的なのは、安全海域での織物・酒類交易、アフリカ・インドからの宝石交易、
  東南アジアからの香辛料交易です。

  • 交易品の加工
  交易所で売っている交易品を、生産スキルで別の価値の高い交易品に加工して、
  交易所に売ることによって差額を得ます。
  文化圏の離れた交易品に加工することもできるので、この場合移動していない
  のに、上記の名産品交易と同じ効力があります。
  連続して行うには大量の仕入れ発注書(通称カテ)が必要です。
  代表的なのは、インドでの縫製で生糸と仕立て道具からベルベットを織るとか。
  近場だと、ナントでの工芸で小麦からアクアビット、イベリアでの工芸で
  小麦からウィスキーなど。

  • アイテム生産
  これは生産スキルを利用して、材料集めて、回復料理やカロネード14門などの
  大砲、ジョイントビルドの素材などを生産し、バザーやショップで販売することです。
  材料集めに時間が掛かるのと、アイテム枠を確保しなければならないのが
  辛いところ。
  海事修行用に大量に消費されるアイテムを生産すると、回転率も良いと思われます。

  • 装備品探索
  郊外や上陸地点などの陸地には、通称探索ポイントと呼ばれる場所があって、
  ここで探索すると、装備品などのアイテムや一部の交易品が掘れることがあります。
  家具の材料になる船大工のかなづちや船大工ののこぎりなどはM単位の
  高額で取引されます。
  ただ、目的のものが出土するまでにかなりの時間を費やし、
  また装備品アイテムはバザーやショップ売りが一般的なので、
  捌けるまでにこれまた時間が。

  • ジェノヴァスクール
  地中海のジェノヴァでなるべく同じ戦闘レベルの人と艦隊を組み、ジェノバとチュニスを
  以下のクエストをこなしたり、浮いているNPCに戦闘をしかけたりしながら往復します。
    ジェノヴァの「商戦狩り」、「大船団現る」
    チュニスの「弾薬輸送船襲撃計画」、「チュニス発の護送船」、「仕官からの依頼」
  主目的は戦闘レベル上げですが、艤装代を賄ってお小遣いももらえるくらいの
  稼ぎにはなります。
  ※自分の戦闘レベルが、艦隊の戦闘レベルのアベレージのプラスマイナス6.0未満
   ならおk。超えると、戦闘でもらえる経験値と名声が半減します。
  ※NPCに戦闘を仕掛ける場合、艦隊メンバーの国籍のNPCには仕掛けないように。
   1隻でも倒してしまうと、同じ国籍のメンバーの名声が減り、少しですが
   悪名がついてしまいます。

  • レア物収奪
  海事での大金の稼ぎ方。NPCを拿捕してレアレシピなどを収奪し、
  トレードで取引します。
  極稀に収奪でなく、レア物が取れることがあるようですが、資金を稼ぐには
  高R収奪スキルが必要です。
  レア物なので、拿捕すれば出るというものではありません。
  膨大な時間と根気と運と知識が必要ですw
  一冊のレシピが20M、あるいはもっと高額という場合もあります。
  これで生計立てられる人をレアハンターと呼んでいます。