※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ストーリー


 2015年――日本は、深い森の底に沈んだ。
 さぁ、見渡す限りがこんなに美しい。
 文明は白けた亡骸を晒し、邦土は遥か太古の姿に立ち戻った。









 その素晴らしき森の世界を、白い光が包む。


 これは――

 これは、核兵器だ!!




 ***

  俺の名は……松陰!!
  アメリカ合衆国は……俺が支配した!

  かつてのリーダーシップを失った今のアメリカは
 まるで哀れな残飯だ!

  だが、それも今日で終わる!!

  手始めに、目障りなFORESTと化した日本を
 核攻撃で焼き払う!! 徹底的にな!!

  名付けて――
『デイブレイク・フロム・ザ・ウエスト★ ネオアメリカン・ヨアケ大作戦』!!!

 ***




 DAYBREAK!! 西からのぼる「核の炎(プロミネンス)」!
 DIE! BREAK! アメリカだけが最高(プリエミネンス)!

 言う間に四国は消し飛んだ。


「大統領、報告がございます」
「なんだ! 久坂!!」
「どうやら、FORESTの中心には『伝説の桐の木』となるものがあるそうです」
「なんだ! それは!!」
「なんでも、その木の幹に名前を刻めば、ふたりの愛は永遠だとか。ふ、素敵ですね、大統領」
「バカか! 貴様!!」
「ひぃ、ごめんなさい」
「永遠ってそれ……不老不死って事じゃねーか!!」
「え? そうなんす、かね……?」
「そうにきまってんだろーが! あやうく全部バーベキューの薪にしちまうところだった!!」
「ひぃ、ごめんなさい」
「こうしちゃいれねー、探すぞ、久坂! その伝説の木とやらを!!」
「あいあいさ……う、うぎゃああああああああ!!
「どうした、くさ……ぐぎゃああああああああ!!


 爆発四散する爆撃機! 松陰、久坂、死亡――




「ちっ、誰が噂を広めやがった。アメ公まで出しゃばりやがってよぉ」
「まぁ、おおよそ見当はつきますよ。私には、ね」
「くすくす……、伝説の桐の木、本当にあったんだもんねぇ」
「おいおい、桐の木には『二人』の名前を刻まなきゃいけないんだぜ? 一人でも、三人でも、まして百人、千人でもねぇ……。『二人』だ」
「問題ない。伝説の桐の木に名を刻むのは――」


「「「「俺達(私達)だ!!!」」」」



 永遠の愛(不老不死)を手に入れるのは、勝ち残った『二人組』!!
 伝説の木にその名を刻め、魔人TAGたちの仁義なき戦いが幕を開ける――