1994.11 チーム発足準備
万世スポーツ少年団ミニバスケットボール部発足を目指しコーチ結団式&顔合わせ&打合せ。(万世地区バスケットボール愛好会メンバーと現高野部長との初対面となる。)

1995.01 試行期間
毎週日曜日練習の試行期間に入る。

1995年度 第1期
男子:初年度ではあったが運動能力に優れた選手や長身の選手に恵まれ、ある程度勝てるチームができた。
女子:人数が少なく小さい子まで入ってやっと10人というきびしい状況で勝利は難しかったが仲の良いチームとなった。
男子コーチ陣:渡部、小野塚、小関、樋口
女子コーチ陣:高野、中村、戸田、縮
  • 置賜地区大会男子初勝利(8/20)
  • 初勝利を記念し社会人チームAugust20結成(休部中)
  • 男女(白)ユニフォーム購入
  • 男子(青)ユニフォーム 八巻先生から寄付していただく

1996年度 第2期
男子:個性のあるメンバーが揃いプレーも大胆でのびのびとプレーしており中学・高校と楽しみな選手達ばかりだった
女子:あいかわらず10人がやっとのチームで性格はおとなしい良い子があつまった。
  • 女子(黒)ユニフォーム購入

1997年度 第3期
男子:ポジションごとにしっかりしたプレーができるチームが出来あがった。
女子:総勢11人と寂しいチームで夏までは全く勝てないチームだったがキャプテンの急成長ですばらしいチームとなった。
  • 置賜地区大会女子初勝利(8/23)
  • 初勝利を記念し社会人チームAugust23結成(休部中)
  • タケダスポーツ杯女子格上チームを次々と破り奇跡の米沢地区初優勝!
  • コーチ陣人事異動
   男子コーチ陣:高野晴夫、小関慎一、樋口健一、戸田俊弘
   女子コーチ陣:中村二男、小野塚謙太郎、関勝

1998年度 第4期
男子:長身選手がいない分、本当にスピードのあるバスケットができるチームとなり監督理想のパスワークを実現した。
女子: 初めて6年生が5人揃い高さスピードとも過去最強となった。それぞれの仕事をきっちりとできる選手達だった。
  • 男子3月の置賜地区新人大会で初のベスト4に入る。

1999年度 第5期
男子:ダンクの出来るビッグセンター兼シューターを中心としたチームでガード陣からの山なりパスは絶品だった。
女子:経験の少ない6年生が集まり夏まではキャプテンにおんぶ状態だったが、5年生と新人6年生の成長でまとまりのある良いチームになった。最後の大会ではキャプテンが骨折で出場できず、つらい試合となったが全員が力を合わせて勝ったことは忘れられない。
  • 第2.4土曜日練習はじまる

2000年度 第6期
男子:人数が少なく厳しい状況にあるが本当に純粋な気持をもった子供達がそろった。プレーも確実に進歩し最後は大変感動的な試合をすることができた。
女子:万世史上最強のチームとなった。目標の県大会出場はならなかったが、吾妻杯・タケダ杯と2度の市内大会優勝を飾った。
  • 水曜日練習はじまる。
  • 吾妻スポーツ杯 女子 初優勝!
  • 初の合宿キャンプを実施
  • 万世ミニバス ホームページ スタート!
  • タケダスポーツ杯女子2回目の優勝!

2001年度 第7期
男子:当初は人数が10人に満たず大変なスタートだったが終盤からは6年生の成長とチビッコの頑張りで良いチームが出来上がった。
女子:6年生が少なく今年はどうなることか・・・・。と思っていたが、女子としては過去最高の成績をおさめた。少しずつ万世女子の基礎レベルがあがってきた。
  • HPを開設に伴い福島市との交流を開始!!
  • 置賜地区新人戦で女子初のベスト4
  • 電力旗杯地区予選で女子初のベスト4
  • 少年少女スポーツ交流大会で女子初の3位

2002年度 第8期
男子:6人でのスタート、新人戦ではファールトラブルで3人で戦いました。チビッコ軍団ではありましたが頑張りました。
女子:毎年のことですが過去最強チームとなりました。新人戦・電力杯での置賜地区初優勝!2度の県大会出場と万世の記録を塗り替えました!
  • 置賜地区新人戦女子初優勝!
  • 東北電力旗杯置賜地区予選会女子初優勝!県大会初出場!
  • 山形県少年少女スポーツ交流大会置賜地区予選会女子準優勝!
  • 山形県交歓大会置賜地区予選会女子準優勝!県大会出場!
  • 男女(白)ユニフォーム購入

2003年度 第9期
男子:今年は6年生のいないチームです。小さい体でがんばりました。
女子:前年度の6年生が多かった分、試合経験の少ない選手がほとんどですが、なんとか県大会に出れました。   
  • おたかぽっぽ杯女子初優勝!米沢地区大会4回目!
  • 置賜地区新人戦女子二連覇!!
  • 東北電力旗杯置賜地区予選会女子準優勝!県大会出場!
  • 吾妻スポーツ杯女子優勝
  • タケダスポーツ杯女子優勝

2004年度 第10期
男子:同じメンバーで組む2年目のシーズン。
女子:良い子が集ったチームでした。センターがしっかりと役目をはたし最後はチーム全体が盛り上がりました。あと一歩…あと数ヶ月あれば…
男子コーチ陣:高野晴夫、小関慎一、鈴木咲恵、戸田俊弘
女子コーチ陣:中村二男、小野塚謙太郎、関勝、粟野茂
  • K.Bディッパーズに改名
  • 男女(黄)ユニフォーム購入
  • デジタイマー購入
  • 横断幕購入
  • 昇り旗購入
  • 10周年記念式典

2005年度 第11期
男子:連日の猛練習で近年になくスピードとテクニックがあるチームになりました。レベルの高い置賜地区のなかで劣ることなく力を発揮できた年でした。
女子:何かと問題が多いチーム…。それだけに忘れられないチームでした。苦労したが、いつも最後は目標を達成してしまう不思議なチームでした。
  • おたかぽっぽ杯女子初優勝!
  • 置賜地区新人大会女子第3位!
  • 東北電力旗杯置賜地区予選会女子準優勝!県大会出場!
  • 山形県少年少女スポーツ交流大会置賜地区予選会女子準優勝!県大会出場!
  • 山形県交歓大会置賜地区予選会女子準優勝!県大会出場!
  • 米沢選手権冬季大会男子優勝!
  • デジタイマー購入
  • 籠球魂の大旗作成

2006年度 第12期
男子:コメント願います。
女子:「お前達は下手クソなんだから県大会なんて行けない。だから楽しく一生懸命やりなさい」の言葉から始まった一年。とにかく明るくて仲良しなチームでした。バスケはキャプテンのズバ抜けた運動能力に支えられ接戦では絶対負けない。バスケよりも気持ちが強いのが特徴。最後は奇跡的に県大会出場を果たしました。弱いチームでもやれば出来ることを証明!
  • 置賜地区新人大会女子ベスト4!
  • 東北電力旗杯置賜地区予選会女子ベスト4!
  • 山形県少年少女スポーツ交流置賜地区予選会女子ベスト4!
  • 山形県交歓大会置賜地区予選会女子ベスト4!県大会出場!
  • 米沢地区交流大会女子優勝!
  • 勇・優・友・勝の大旗作成

2007年度 第13期
男子:コメント願います。
女子:六年生は8名だが、そのうちの6名が新人。本当に全く勝てないチームだった。練習試合では大敗、米沢新人は5位、置賜新人は予選敗退…そんな感じで厳しい一年が始まった。練習は基礎の基礎と体力強化のみ。全くバスケらしい練習ができない日々が続いた。それの成果がやっと出たのは夏以降。電力ではシードチームを次々と倒し第三シードを獲得、交流大会では優勝。そして最後の交歓大会でも優勝を飾ることができ、過去最高の成績を収めることができた。大変勉強になった一年だった。
  • 東北電力旗杯置賜地区予選会女子3位!県大会出場!
  • 山形県少年少女スポーツ交流置賜地区予選会女子優勝!県大会出場!
  • 山形県交歓大会置賜地区予選会女子優勝!県大会出場!
  • 米沢地区交流大会女子2連覇!

2008年度 第14期
男子:コメント願います。
女子:六年生は2名。ふたりとも4年生からベストメンバーでチームを引っ張ってきた。KBDと言えば大きなチームだったのだが、この年は非常に小さく夏までは150cmを越える選手がいなかった。徹底してディフェンスと速攻を強化し速い展開のゲーム作りに心がけてきた。秋以降は6年生が少ないため他のチームのように上達できず厳しい感じにはなっていったが、なんとかすべての県大会に出場することができた。最後はキャプテンの故障で不完全燃焼ではあったが印象深いチームだった。
  • 東北電力旗杯置賜地区予選会女子2位!県大会出場ベスト8!
  • 山形県少年少女スポーツ交流置賜地区予選会女子2位!県大会出場!
  • 山形県交歓大会置賜地区予選会女子3位!県大会出場!
  • 米沢地区交流大会女子3連覇!
  • 男女(白)ユニホーム新調

2009年度 第15期
男子:コメント願います。
女子:新人、電力と置賜大会を制覇し、上位進出を期待され出場した電力旗県大会だったが、まさかの初戦敗退…。その後、ディフェンスのシステムを変更したり、強豪チームとの練習試合を繰り返したりと頑張って活動してきた。新人、電力に続き置賜交流大会、置賜交歓大会を制覇し第一代表のプレッシャーを感じながら出場した山形県交歓大会。初の予選リーグ突破を果たし準々決勝に進出。そして置賜地区女子悲願のベスト4入りを果たし栄光の東北大会出場を決めた。年間116試合という多くの試合を行い頑張ってきた努力が結ばれた一年となった。
  • 置賜地区新人大会女子優勝!
  • 東北電力旗杯置賜地区予選会女子優勝!県大会出場!
  • 山形県少年少女スポーツ交流置賜地区予選会女子優勝!県大会出場!
  • 山形県交歓大会置賜地区予選会女子優勝!県大会出場!
  • 山形県交歓大会女子第3位!東北大会初出場!
  • 大旗「夢」作成
  • 第一回兼続カップ開催

2010年度 第16期
男子:コメント願います。
女子:前年度、東北大会出場にあたり本年度の本格始動が4月からとなった。また大量の卒団生と大量の新入部員でチームが一気に入れ替わりK.Bディッパーズの新たな時代に入ったような一年だった。試合ではなかなか勝てず数年ぶりに県大会出場を逃したが、これからまた一歩一歩上を目指すためのスタートの年だった。
  • 置賜地区新人大会女子ベスト4
  • 女子コーチに古田氏就任
  • 第一回慶次杯開催

2011年度 第17期
男子:コメント願います。
女子:6年生が少なく厳しいスタートとなった。予想どおり米沢新人は3位で置賜地区ベスト4入りは困難と思えたが、置賜地区新人の中止、クジ運などさまざまな要因があり実力的には置賜9位くらいだったが復興支援大会(電力)、交流大会とベスト4に留まることができた。交流大会以降は新人の強化や毎週末の練習試合で力をつけ、少しづつ成果が表れナイスゲームも観られるようになってきた。最後の交歓地区予選では、夏までのKBDなら到底敵わなかったであろうと思われるチームを崩し、真のベスト4入りを果たし2年ぶりに県大会出場を果たした。まとまった仲の良いチームだった。
  • 3.11東日本大震災発生のため置賜新人・第二回慶次・第三回兼続・おしょうしな・おたかぽっぽ・東北電力旗(復興支援大会として県大会まで開催)中止
  • 復興支援大会置賜地区予選女子ベスト4
  • 山形県少年少女スポーツ交流置賜地区予選会女子ベスト4
  • 山形県交歓大会置賜地区予選会女子第3位 県大会出場!
  • 男女(濃)ユニフォーム新調
  • 上郷小学校建設工事竣工に伴い新体育館での練習開始

2012年度 第18期
男子:数年間メンバー不足に悩まされたが徐々に増えきた。前半は小さい子が出場する分厳しい展開になるが能力に優れた6年生を中心に前半は耐え、後半に突き放すバスケで、勝利の勘を掴み交流大会で第4位、交歓大会では第3位で男子初の県大会出場を果たした。
女子:低学年の頃から頑張ってきたチビガード陣と5年生から入団したセンター陣で始動した。ボールを貰ってシュートする以外なにもできないセンター陣だったが、様々な人の尽力で少しずつ成長していった。決して上手な子がいるわけでもなく、点取り屋がいるわけでもなく、それが時には強みになったり、弱みになったり…そんなチームでした。新人戦や電力の頃は優勝チームとの差を凄く感じたが、伸びしろが多かった我チームは最後の交歓大会で劇的に優勝することができた。中学では心を強くし、接戦に強いチームになってもらいたい。
  • 男子コーチに佐藤真沙美氏就任
  • 置賜地区新人大会女子準優勝!
  • 東北電力旗杯置賜地区予選会女子第3位!県大会出場!
  • 山形県少年少女スポーツ交流置賜地区予選会男子第4位!県大会出場!
  • 山形県少年少女スポーツ交流置賜地区予選会女子第3位!県大会出場!
  • 山形県交歓大会置賜地区予選会男子第3位!県大会出場!
  • 山形県交歓大会置賜地区予選会女子優勝!県大会出場!

2013年度 第19期
男子:
女子:保育園の年中さんの頃から入団し8年間頑張ってきました。エースもセンターも不在というKBD女子としては珍しい年代でした。例年になくレベルの高い米沢地区…。新春の米沢新人戦ではクジ運関係なしに正真正銘の5位でスタート。過去最低レベルの実力の無さに不甲斐なく感じた春でした。それでも置賜地区新人戦では何とかベスト4入りし実力以上のシード権を取ることができ、それを必死に守るために練習を重ね、少しずつ強くなり最後には新の置賜地区ベスト4となる事ができました。到底勝てなかったチームにも勝てるようになり着実に上達した1年でした。人数が多かったわりに仲良く出来たチームだったと思います。中学でも頑張ってほしいものです。
  • 男子コーチに高橋俊一氏就任
  • 置賜地区新人大会女子ベスト4
  • 東北電力旗杯置賜地区予選会女子ベスト4
  • 山形県少年少女スポーツ交流置賜地区予選会女子ベスト4
  • 山形県交歓大会置賜地区予選会女子ベスト4!県大会出場!

2014年度 第20期
男子:
女子:前年度試合に出場していたのはキャプテンのマリアだけ。あとは新人の6年生1人と、ちびっこ5年生集団。常識的に勝つのは難しいメンバーだったが6年生を中心に一生懸命努力し5年生の上達とともに強くなっていった一年だった。幸いにも例年に比べあまりレベルの高くなかった置賜地区だったこともあり春は上位をキープ。体格差が出始める夏・秋は厳しくなることも予想されたが、落ちるどころか最後の大会では決勝で対等に戦えるほどチカラをつけた。優勝こそ逃したが久しぶりに県大会でも勝利することができた。メンバーに恵まれない年ではあったがチーム関係者一丸となってチームを育てることができた。
  • 置賜地区新人大会女子準優勝
  • 東北電力旗杯置賜地区予選会女子ベスト4
  • 山形県少年少女スポーツ交流置賜地区予選会女子第三位!県大会出場!
  • 山形県交歓大会置賜地区予選会女子準優勝!県大会出場!
  • K.Bディッパーズ創設20周年記念式典
  • 男子(白)、女子(紺)ユニフォーム新調
  • 浅川分校廃校決定

2015年度 第21期
男子:
女子:春から怪我等でベストメンバーを組めない。それでも新人・電力と地区予選を制覇し挑んだ電力県大会。事実上の決勝となった遷喬との準決勝で敗退し東北大会出場を逃す。これが県内での唯一の負け試合となる。その悔しさを胸に11月からの全国予選にむけて三位一体で練習に励んできた。公式戦・練習試合は130試合を超え気力・体力的にも苦しい一年だったが、それだけに充実した一年だったと思う。
接戦に弱い今年のKBDが一回戦・二回戦と苦しい試合を勝ち上がった山形県交歓大会では見事優勝し、夢にまで見た全国大会、代々木体育館に立つことができた。KBD史上、一生忘れる事のできない一年となった。
  • 置賜地区新人大会女子優勝!
  • 東北電力旗置賜地区予選会女子優勝!県大会出場!
  • 東北電力旗山形県大会女子第3位!南三県大会出場!
  • 山形県少年少女スポーツ交流置賜地区予選会女子優勝!
  • 山形県交歓大会置賜地区予選会女子優勝!県大会出場!
  • 山形県交歓大会置賜地区予選会男子5位!県大会出場!
  • スミセイカップ山形県交歓大会女子優勝!全国大会出場!
  • 女子 第47回 全国ミニバスケットボール大会出場!
  • 女子 全国大会出場記念ユニフォーム(白)新調
  • 全国大会出場記念横断幕作成(努力してきた理由を今全力で表現しろ!)
  • 12月より男子コーチ:高野、島軒、安部修、高橋健
  • 12月より女子コーチ:中村、小野塚、古田、粟野、佐藤真沙美、高橋俊治、戸田
  • 八巻先生逝去

2016年度 第22期
男子:
女子:前年度の全国大会出場の煽りを受け、実質本格始動したのが4月となった。経験の乏しい3人の6年生と試合経験のない4年、5年…どうにもこうにも上手くいくわけもなく基礎をするための基礎練習から始めるのがやっとだった。チームの雰囲気も向上しないまま迎えた電力予選は何年かぶりの二回戦敗退。さらに交流大会では20年ぶりくらいの初戦敗退…。誰もが今年のKBDはこれまでか…と考えただろう。
しかし11月の合宿でようやく「ん!?」「何か変わってきたぞ」と感じ始めた。活動開始から8か月…通常の年であれば7月か8月にあたいする時期だ。そこから交歓大会まで2~3週間だったが電力予選でダブルで負けた相手に勝利し、決定戦も勝ち上がって奇跡の県大会出場を決め、6年連続12回目の県大会出場を果たした。
  • 置賜地区新人大会男子初優勝!
  • 東北電力旗置賜地区予選会男子初優勝!県大会出場!
  • 東北電力旗山形県大会男子第5位!南三県大会出場!
  • 山形県少年少女スポーツ交流置賜地区予選会男子準優勝!
  • 山形県交歓大会置賜地区予選会男子準優勝!県大会出場!
  • 山形県交歓大会置賜地区予選会女子第6位!県大会出場!
  • 男子(青)ユニフォーム新調