魔王


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

破滅の運命から逃れることはできない。
しかし高い資質を持つ人間は、ときに歪みに適応し、そのさまざまな「破滅」を自らの力としてしまうことがある。
とくに精神力の高い者は、高度な知性を維持したまま、臨界者となり、向こう側の存在となって世界に牙をむく。
彼らのことを、世界は「魔王」と呼ぶ。

魔王は現在「7人」観測されている。
その数字と性格から、七つの大罪になぞらえられられている。

  • 傲慢
非常に無謀で怖いもの知らず。また、自分が最強の生物だと信じており、自身の力を誇示する目的で災厄を起こしている。
魔王となることができたのも自分の才能か何かだと思っている。
そのため傲慢という呼称を嫌っており、自分のことを「キング」と名乗っている。
魔王の中では最も「人間らしく」「まとも」
精神に異常を来すこともなければ、異形となることもなく、あくまで「人間の偶然としてありうる可能性のすべての最大値をとった」ような能力を有する。
強い者を常に追い求めており、強い人物の前に姿を現し、挑戦として災厄を起こすという。
性格はいわゆるいい人であり、他の魔王からも慕われている。ただ少し考えが足りないとも言われている。
実はもともと一人の人間ではなく、人間の持つ強さの概念が実体化した存在。
本人は自身の成り立ちに自覚なく、自身に元人間としての記憶がないことも、単純に歪み副作用と考えてしまっている。
使用スキル:物理攻撃、あらゆる耐性
  • 憤怒
社会に解けこんで、人間生活を謳歌する穏健派。驚くべきことに、彼は自分自身が魔王であることに全く気がついていない。
魔王として特徴的な能力や特性は持ち合わせていない。ただ、存在そのものが巨大な歪みを有し、さらにそれが伝染するという性質を持つ。
しかし本人は無意識に歪みをコントロールしており、めったなことがなければ災厄は起こらない……だろう。
ただ気がつかないうちに、彼に関わった人間が災厄の種や、超越者に変えられてしまうだけである。
機関は憤怒の存在に気がついているが、何者かの手引きによって、彼を守るべくある組織が暗躍しているという。
もし彼が自分自身の真実に気がついたならば、たちまち彼の異常性は暴走し、世界は歪みに飲み込まれてしまうのではないか、と予想するものもいる。
使用スキル:物理攻撃、魔法攻撃など
(シナリオの例として、主人公が巻き込まれ体質であり、実は憤怒だったという展開が可能ですね)
  • 嫉妬
かつて不幸な人生を送っていたため、ポジティブな人間や希望を持った人間、幸福な人間をこの上なく恨んでいる。
非常にネガティブで面倒くさい性格をしているため、他の魔王からも関わりたくないと思われている。
最も積極的に災厄を起こす魔王の1人で、また、特定の1人をターゲットとした災厄を起こしやすい。
肉体を失っており、いわば霊体として存在する。
顕現する際は何者かに憑依し、人格を乗っ取るか、または二重人格として暗躍するようだ。
使用スキル:妨害、魔法攻撃、精神異常など
  • 怠惰
さまざまな災厄の黒幕とされる、幻の魔王。その姿を目にした者はいまだおらず、その存在も色欲によってはじめて語られた得体の知れない魔王である。
その性質をひとことで言い表すならば、「全知」。これから起こりうるすべての出来事、いままで起きたすべての出来事、今起きているすべての出来事、その全てを知っている。
その知覚はパラレルワールドにまで及び、ゆえに彼はこの世界に失望し退屈している。
誰もが自分の想像の域を超えない。歪みという概念にすら、限界があるのだ、と。
しかし反面、彼は心の底で期待しているのだ。運命を覆す力の持つ者の出現を、退屈を打ち破る者の存在を――
使用スキル:????
  • 強欲
さまざまな悲劇的災厄の黒幕。歪みを悪いものと認識せず、可能性として好意的に受け入れている。
災厄を起こすのも可能性を試すための実験であり、だれかを不幸にするという意識は全くない。
怠惰とは親交が深く?、ちょくちょく彼を実験に付き合わせている。
(全知である怠惰は彼の実験の結果もすべて知っているが、彼は自分から何かを話すことはほとんどない)
興味の対象は特定の人物にもおよび、自ら接触を試みることもあるらしい。
元渡来人の研究者。とにかく飽きっぽく、我慢が嫌い。
使用スキル:不調、妨害、魔法攻撃など
  • 暴食
破壊や殺戮が大好きで、災厄を起こすことそれ自体を目的に災厄を起こしている。災厄は派手でシンプルなものが多い。
壊したいときに壊し、殺りたいときに殺る、がモットー。
彼と接触したことのある人物の話ではその性格が定まらず、多重人格者ではないかと推測されている。
破壊や殺戮が好きなのも「それ担当」の人格が存在しているからではないかといわれている。
実は元は複数の人間であり、災厄によって一体化してしまったという起源がある。
唯一明確に正体が露呈している魔王。円卓もその居場所をつきとめているが、彼の強大すぎる生命力ゆえに討伐できないでいる。
使用スキル:物理攻撃、大規模魔法攻撃など
  • 色欲
寂しがりな性格で、仲間を増やすために臨界者を生もうと資質のある人間を探し求めている。
その反面、自分を否定したり攻撃したりする人間は心底嫌いで、そういった人物に対して一切の慈悲を持たない。
機関が最も危険視している魔王の1人であり、最も接触する機会が多い魔王でもある。
その性格ゆえかおしゃべりで、多くの魔王の情報が色欲から入手したものである。
実は原初の魔王なのではないかと推測されている。
ちなみに彼女には彼女の端末とも呼ぶべきしもべが多く存在する。
人前に姿を現す彼女は、あくまで彼女の端末を通してであることが多い。
「色欲だなんてやめてくださいなぁ。 まるで私が変態みたいではありませんか???」
使用スキル:洗脳、魔物の召喚など