鶴谷国重


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:鶴谷国重(Kunishige Turutani)
年齢:35歳→37歳
執行者ランク:S
生年月日:1968年8月30日
血液型:A型
身長: 170cm
出身校: 私立桜門学園
好きなもの: 物理学・コーヒー
嫌いなもの: 野田光一

起源:【夜】nyx ニュクス
ギリシア語で夜の意。
能力:虚空残影術
効果:自身に強力な高次元粒子を纏わせ、眼にも留まらない速度で移動する。
発動条件:特になし。
能力上限:特になし。

性能
現代に生きる最凶。
テトライリデセンツの生き残りだけあって、その力は絶大。
隙らしい隙もなく、十六支元の一撃は戦艦すら消すことが可能とされる。

使用武器:
宝剣【十六支元】
虚空に数十体の幻影剣を出現させ投擲する宝剣。鶴谷国重長年の愛剣。
【】
無。狂気との契約により、人を超越した身体を得た者の姿。

人物考察
The Device Operation
 本編の最重要人物。
Seventh Atlas
 正真正銘のラスボスと化す。彼の狂気は世界をも巻き込み、過去の大戦に負けず劣らずの混乱を招き入れる。
ニーベルングと表向きは友好関係を結んでいたが、中盤でその契約を破棄、ニーベルングへの奇襲を開始する。
ニーベルングに身を隠していた石田隆、ただ戦うことを拒み続けた野田康治を黒崎葵と言う餌でムリヤリ戦場へ引っ張り出し、彼らに最終課題を突きつける。
この戦争の意味とは、何か?その問いに答えられる者はもうこの世にいないと言うのに、鶴谷は一人【扉】との戦いを止めないでいた。
 野田康治との全面対決を経て、彼はやっと自分に宿った悪霊から解放されることに。すべての真実を野田康治に語り、彼は瓦礫と炎に身を焦がし朽ちていった。【扉】への新しい力はここに世代を超えて蘇った、光一、澪、雪乃、オレもそっちへ行くよ。と、彼は最後に笑みを浮かべて散ったと言う。
 誰よりも世界の平穏を願い、捻じ曲がったやり方とは言え、彼は最後まで執行者としてその激動の人生に幕を下ろした。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。