石田 隆


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:石田 隆(Takasi Isida)
年齢:17歳→19歳→22歳
クラス:人間/暗殺者
生年月日:1985年10月15日
血液型:A型
身長:176cm
出身校:私立桜門学園
好きなもの:みたらしだんご
嫌いなもの:魚貝類全般
能力:固有時限操作
効果:モノの時間の流れを操作し、他者に対してはモノの破滅を、自分に対しては身体強化に用いる。
元々は戦闘用に使えるような簡易な術式ではなかったが、起源と因果を結ばせることによって自分の時間を奪って【加速】することや、他者の時間を奪って【根絶】することを可能とした。
発動条件:任意スペル詠唱
能力上限:身体への負担が大きいため、ファウスト(1.2倍)・ダブル(2倍)までの解放しか出来ない。
    :他者に対しても同様。
キャラ性能
 遠距離攻撃を一切持たない格闘型。
最初からDevice装備でなかったり、耐久値が格闘型にしては低かったりと、
何かと不遇な扱いを受けている。
ただ、成長率はかなり高く、残影術も石田隆のレベルが上がるたびに強化されてゆく。

使用武器
Mirage1
Phase
柊優子の愛剣。固有時限操作の対象として使うことが可能なこと以外は至って普通のナイフ。
Rebellion2
Phaseを改良した次世代機。
執行者の魂を殺す反逆の剣。
人物考察
The Device Operation
 本作のもう一人の主人公。そして、ただの人間。
腕っ節が強く、口が悪い根っからの不良体質。
柊優子の下で暗殺家業を営み、日々世界の陰で人殺しを行っている。
優子の戦線離脱と同時に彼女の愛剣を受け取る。
元々、起源【滅奪】を生まれながら持っている生粋の殺人機械で
その高度な戦闘能力と冷徹な判断力、
任務遂行に絶対を思う彼の行動原理として複数の有能な執行者を瞬時に惨殺したり、
瀕死に陥った本田千尋にトドメを刺したり、ダークヒーロー的な本質を持つ。
野田とは対象的な人物で、Mirageの裏の主人公とも言える存在。
石田隆の扱う戦闘スタイル【暗殺術】は柊優子の直伝。
高い暗殺能力は人間に対しては凄まじい威力を発揮するが、人外の者や執行者相手ではまったく歯が立たない。
そこで、彼は柊優子から彼女の唯一にして最強の魔術【固有時限制御】を伝授される。
時間と言う概念を無にし、接近戦になればたとえ執行者であっても対等に戦えると考えた彼女なりの戦術である。
『相手を殺す』と言う一点においては野田康治以上のレベルであり、対人戦闘能力に秀でている。
 その昔『大天使』にただ一人戦いを挑み、引き分けたらしい。
Seventh Atlas
 本作の主人公。反逆の剣を操る黒き翼を持つ死神。R2を駆使する元暗殺者。
Seventh Atlasの時点で桜門により賞金首として狙われている。
【黒】の汚名を背負いながらも、彼は世界を変えるためたった一人桜門への反逆を開始する。
レジスタンス組織『黒の翼』の初代リーダーで創設者のひとり。
雪華の神話
 雪華の師として彼女に対して戦う術を教え込む。
ただし、元々剣士としての才能があった彼女に対してあまり成果が上がらず
石田は彼女へある試練を与えることに。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。