術式


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

術式
正式名称『高次元乙(甲)式 魔導術』
高次元粒子と魔術を融合させ、新たな新時代の『術式』として昇華させたもの。
術式には2種類あり、乙式と甲式とある。
乙式は魔術に特化しており、高次元粒子との融合率が低いため身体への負荷が少ない。
Deviceへの直結回路を魔術で代用するため、魔術師でもDeviceを扱えるようになる。
甲式は執行者が魔術を使えるようになる術式で、もっとも魔術への依存率が高い。
その分身体への負荷が高く、通常の人間は扱う前に死に至る。
さらに、術式を解放することで能力を乗算する。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。