※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Quick Lookウインドウを最前面で表示

対応:10.6.x(他環境未確認) 非対応:
Quick Lookウインドウが最前面に表示されるようになります。
defaults write com.apple.Finder QLHidePanelOnDeactivate -bool no
killall Finder

元に戻す場合は、
defaults delete com.apple.Finder QLHidePanelOnDeactivate
killall Finder

Quick Lookの起動アニメーションをスローにする

対応:10.6.x(他環境未確認) 非対応:
defaults write com.apple.Finder QLEnableSlowMotion -bool yes
killall Finder

上記コマンドを入力後、「Shift」キーを押しながら「スペース」キーを押すと、スローモーションでQuick Lookが起動するようになります。

元に戻す場合は、
defaults delete com.apple.Finder QLEnableSlowMotion
killall Finder

X-Rayモードを有効にする

対応:10.6.x, 10.5.x(他環境未確認) 非対応:
通常、フォルダを Quick Look すると、フォルダアイコンが表示されるが、X-Rayモードを有効にするとフォルダが透けて、中身が見えるようになる。
defaults write com.apple.Finder QLEnableXRayFolders -bool yes
killall Finder

元に戻す場合は、
defaults delete com.apple.Finder QLEnableXRayFolders
killall Finder

QuickLook 中のファイル内の文字列をコピーできるようにする

対応:10.7.x 非対応:10.6 以前
QuickLook している最中にカーソルで文字列を選択し、コピーできるようになる。
defaults write com.apple.finder QLEnableTextSelection -bool yes
killall Finder

元に戻す場合は、
defaults delete com.apple.finder QLEnableTextSelection
killall Finder