ショックアロー譜面リスト

ショックアローとは?

  • DDRXからの追加要素。現状では一部の曲の鬼譜面にのみ搭載されている。
  • 楽~激譜面にショックアローを追加したタイプと、独自の譜面が用意されたタイプの2種類がある。
    • 元の譜面の左右を入れ替えた上でショックアローを追加した譜面もある。
  • 踏むと効果音が鳴ってゲージ減少+コンボ切断、さらに一瞬ノートが見えなくなる。
    • なお、踏みっぱなしでもショックアローは反応してしまう。
    • 「一瞬ノートが見えなくなる」のが非常に厄介で、譜面の配置によっては連続してショックアローを踏んでしまうこともある。
  • 避け方は、大ジャンプするかパネル以外の部分(銀パネル)を踏むかの2通りが考えられる。状況に応じて使い分けよう。
    • 同時踏みが無い配置では、片足を中央に置いたままもう片方の足でノートを踏んでも良い。
    • DPにおけるSA譜面は中央の銀パネル以外を踏むことが必要になるため、SPよりもSA譜面独自の慣れが必要となる。
  • 同時踏みの合間にショックアローが来るタイプの譜面では譜面の密度が凄まじいことになる。

曲名 難易度 フォルダ 元譜面 解説
COME BACK TO MY HEART(鬼) 6 X3 独自 楽譜面引用でない独自譜面。とは言えSA含めて8分が無いので体感難易度はそこまで変わらない。現在最も楽な部類の鬼譜面でもある。
Flight of the Phoenix(鬼) 7 X SA入門譜面だが、8分3連の末端がSAという配置が存在する。慣れない内は銀パネを片足で置いて8分2連をスライドしてしまおう。
only my railgun(鬼) 8 X2 独自 4分の間にSAが入った譜面で、8分3連銀パネで処理しても良いが関西ステップ(銀パネに片足着地して同時)すると非常に楽。
BALLAD THE FEATHERS(鬼) 8 X2 SA>8分2連の実質3連がある最低難易度の譜面で、銀パネ始動でも良いが銀パネ待機で裏拍8分2連として処理しても良い。
Heatstroke(鬼) 8 X2 SAこそ4分のみだが、FAや8分3連渡りが激しい踊譜面がベースの為、ギミック耐性が必要。
†渚の小悪魔ラヴリィ~レイディオ†(鬼) 9 2013 独自 4分を主体とした譜面に、ちょくちょくSAが交ざる。難しい配置ではないが、適切に避けるならば1P・2Pそれぞれの矢印のパネルの中央で避ける方法、1P→・2P←パネルの前後に避ける方法のどちらも必要になる。
SigSig(鬼) 10 X3 SAはほぼ4分間隔で配置されているため避けやすい。それ以外では8分3連がメイン。
smooooch・∀・(鬼) 10 X2 独自 元祖独自SA譜面で、PVを意識した動きが可能。足12の激譜面と傾向が違うものの、こちらの方が振り回す上にSA同時がかなり嫌らしく、難易度的にはどっこいな詐称。↑↓同時>SA>逆サイド↑↓同時がかなりの難所で、体の向きを固定してホームポジションを跨いでSAを避けると良いかもしれない。
south(鬼) 11 2013 独自 片側にしかSAが来ない配置だけではなく、片側SAと同じタイミングでノートを踏ませる配置も登場する前代未聞の譜面。終盤の片側SAの合間に同時押し・更には片側SA+通常ノートを踏ませる配置が視覚難。大ジャンプを利用すべきか。
Theory of Eternity(鬼) 11 X2 SP同様、銀パネルを絡めた8分踏みの練習譜面。1Pと2Pの間の銀パネを上手く利用すれば、スムーズな交互踏み・渡りが可能。ラストの縦連地帯も体の向きを変えずに全て処理できる。
TWINKLE♡HEART(鬼) 11 X3 独自 4分がメインであるが、ノートのほとんどが同時踏み・SAで構成されている。そのため体力・足運びが重要。
Dance Celebration(鬼) 12 X SAの前半は避けやすいものの、中盤は渡りが絡み避ける場所に注意しなければならず、後半は密集しているので見切るのが難しくなっている。
MAKE IT BETTER (So-REAL Mix)(鬼) 12 2nd 独自 X3で新規追加された譜面。SAと地団駄が特徴的な譜面で、SA絡みは同時か遠配置のどちらかで踏み方を考える必要有り。
Melody Life(鬼) 12 X2 激譜面の左右反転をベースにSAを追加した譜面で、SA>8分2連の形や連続同時の合間にSAが交ざる配置の為、全体的に同時SA処理が問われる譜面と言える。
Mermaid girl(鬼) 12 X3 激譜面の左右反転に良心的なSAが追加された譜面。左右反転なのでアフロ捻りは前足で取るタイプのままなので踏みやすい。SAは序盤にSA始動8分がある程度の為、あらかじめ銀パネに避けておくとやりやすい。
New Beginning(鬼) 12 X3 激譜面の左右反転に8分末端SAを追加した譜面。8分から8分へのSA、つまり片足銀パネ回避は必須では無いので、SA譜面としては弱め。
One Sided Love(鬼) 12 2014 独自 8分滝主体の激にSAを足したような譜面で、有りそうで無かった8分滝SA特化譜面。SA>裏拍8分3連の繰り返しで、唯の8分では無く交差配置やアフロ捻りにSAが絡む前代未聞の配置。余程交差踏みやアフロ捻りが出来ても尚認識難であり、SAの影響でチュンリーも使えないので非常にコンボを切りやすい。
Waiting 4 u(鬼) 12 X SA黎明期の譜面だけあって、昨今のように左右反転されたり独自譜面という訳では無い。SPよりも8分SAが減っており、激譜面とそこまで難易度が変わらないと言える。
アルストロメリア (walk with you remix)(鬼) 13 X3 独自 激譜面にSAを足したようなリズムで、サビは8分銀パネ片足避けが必須。道中のSA>4分の繰り返しは銀パネチュンリーも有効。一部キツめの銀パネ渡りがあるのでそこ勝負。終盤の↑遠距離は速度が遅いのでそこまで気にならないかも。
ちゅ~いん☆バニー(鬼) 13 2014 独自 SA>縦2連混じり同時の実質3連が特徴的で、3連リズムで処理するよりは銀パネ待機で裏拍始動2連で踏んだ方が痺れ難い。但し、連続して来る際は渡りが絡んでるので待機する場所を意識する必要がある。8分SA滝はサビ手前にしか無いので、その箇所以外のSA回避は基本的に銀パネチュンリーか大ジャンプとなる。
Diamond Dust(鬼) 13 X3 独自 激譜面と比べて16分が増え、忙しくなっている。SAは同時踏みの近くや8分間隔で配置されていることが多い。
Freeze(鬼) 13 X2 元々難解な譜面の激にSAが追加されて、FAとSAのダブルアタックでギミック耐性がかなり問われる。サビの滝に含まれるSAが最も難しく、それ以外のSAも8分片足避けを要求されるものばかり。避けることに気を取られるとFAが外れたりも。
going up(鬼) 13 X2 踊譜面の左右反転をベースにSAを加えた譜面だが、SA8分は無く元の踊譜面が簡単な為、CAPTAIN JACK (GRANDALE REMIX)(鬼)(削除済)に並ぶ逆詐称。足12SA譜面のWaiting 4 u(鬼)One Sided Love(鬼)と比べてはいけない。
heron(鬼) 13 2013 独自 徐々に密度と難易度が上がっていく尻上がり譜面で、サビからSA絡みの配置が一気に厳しくなる。8分SAは片足銀パネ回避が必須でありながら、同時にSAが挟まれた形は大ジャンプ避け推奨と、一筋縄では行かない。ラストの同時>SAの繰り返しは同時付点5連と見なしSAをホームポジションを跨ぐ同時として渡ると凌ぎやすい。
Right on time (Ryu☆Remix)(鬼) 13 2013 独自 AIR200。同時と同時の間にSAがある箇所は大ジャンプ推奨。ラストが同時3連>SAの繰り返しであるが、前半部分は同時3連の内2連が同じ同時なのを覚えておいて、この箇所のみSAは大ジャンプではなく8分同時として処理すると崩れにくい。
SABER WING(鬼) 13 X SPと違ってSA交じりの8分こそ無いが、SA>同時が非常に遠く痺れやすく踏み外しやすい。どこでSAを避けるかが非常に重要で基本的に同時回避で良いが、連続停止からの8分5連下ビジ>SA…の繰り返しの地点はビジした側の中央銀パネを片足で踏んで対処するか、あえて左右振りにすべくホームポジション上に片足銀パネで回避するという手も。
Summer fantasy(Darwin remix)(鬼) 13 2014 独自 south(鬼)に続くSAとノーツを同時処理する二例目の譜面。更にFAを踏みながらSAを避ける前代未聞の配置すらある。序盤の同時同時SASA…の箇所は片サイドずつ来るので、90度踏みの開始地点に近い位置の銀パネ(1・2セット目はホームポジション下、3・4セット目はホームポジション上)で同時着地待機すると踏みやすい。同時SA…の繰り返しの箇所は更に複雑になってくるので要アドリブ。SAと単押しがある箇所は片足を片サイド中央銀パネに置いた同時踏みとして処理する方が安定するかもしれない。前述のFAを踏みながらSAを避ける箇所は認識し辛いが足運び的にはそこまで厳しくない筈。
escape(鬼) 14 2013 独自 同時とSAの交互配置が多いので、大ジャンプ推奨。SAの処理さえ出来ればアルストロメリア (walk with you remix)(鬼)Diamond Dust(鬼)と言った足13SA譜面と同程度だろうか。
Horatio(鬼) 14 X 初期SA譜面らしく、特に後半が片足銀パネ回避だと交互に踏めないのがネック。8分同時として処理し地団駄着地するなどが有効。
Top The Charts(鬼) 14 2013 独自 SAのせいで目立たないが、足14にしてはジャンプ絡みの配置が多く、サビ前の左右振りもバランスを崩されやすい配置。挑戦レベルだとラス殺しに辿り着く前にかなり体力を削られるはず。
Another Phase(鬼) 15 2013 基本的に激にSAを追加した譜面だが、16分が長くなっていたり同時が増えていたりと、逆詐称気味の激と違い難易度相応以上に強くなっている。CSPのような16分でSAを避けかねない箇所は無いが、代わりに同時SA避け推奨配置になっている。
Desert Journey(鬼) 15 2013 独自 序盤のSA>ホームポジション地団駄からの↑渡り16分5連が最大の難所。SAのせいで初速が付きにくく、終点が渡りなのでブレーキスキルが必要。道中はSA片足回避が出来ないと苦しいが、BPMが遅いのでスライドで誤魔化してもある程度は何とかなる。2連SA後のSAトラボルタはホームポジションで交差したままFA拘束されるので、同時スイッチして正面維持が楽。ラストの縦3連>SA>同時は縦3連目をスイッチして、その勢いでSA回避して着地すると痺れにくい。
Blew My Mind(鬼) 18 2013 独自 VOL200。SAは2個しかない。DP18特有のラス殺しや局所難こそ控えめだが、全編通して満遍無く強い譜面。低速は勿論の事、ほぼ全ての箇所で足運びの研究が必要となってくる上に、手を抜ける箇所も無いので体力も相当必要。
New Century(鬼) 18 A 独自 SPと異なり前半からSAが出てくる上に、SA跨ぎ遠配置同時やsouth(鬼)片SA同時、Summer fantasy(Darwin remix)(鬼)SA8分などDPらしいSAを満遍なく踏ませる新世紀足18。Blew My Mind(鬼)New Decade(鬼)並に捻りと同時もあり下位譜面にあった休憩も無くなっているので、全編通して体力と譜面研究が必要。個人差次第で足18上位に躍り出る程。
Pluto The First(鬼) 18 X2 SAが非常にシビア。激譜面の歯抜け譜面だと思ってかかると痛い目に遭う。

以下の曲は削除されています。
曲名 難易度 フォルダ 元譜面 解説
ICE ICE BABY(鬼) 4 X2
Butterfly (2008 X-edit)(鬼) 5 X
Boys (2008 X-edit)(鬼) 6 X
DAM DARIRAM(鬼) 6 X2
マジLOVE1000%(鬼) 7 2013 独自 廉価女々しくて(鬼)と言った譜面で、同時大ジャンプでSAを避けていくこと推奨。密度は薄いが同時&FA&SAの三重ギミック耐性が問われる。
DAFT PUNK IS PLAYING AT MY HOUSE(鬼) 7 X2
コネクト(鬼) 8 X3 独自
DUB-I-DUB (2008 X-edit)(鬼) 8 X 遠距離同時の楽譜面にSAが追加され、更に飛び跳ねることに。因みにsouth(鬼)で一躍注目を浴びた片側SAはこれが初出。
GET UP'N MOVE (2008 X-edit)(鬼) 8 X 裏拍が特徴的な踊譜面をベースにしたSA譜面。裏拍に挟まれた形で入ってくるSAが難しい。
HERO(鬼) 8 X2 独自 踊譜面をベースにSAを足した譜面。難易度が1上がってるが、SAは全て4分なので嫌らしさが無く、踊特有の遠距離と縦連がこなせれば問題にならない範囲。
IF YOU WERE HERE(鬼) 9 X2 SAは4分のみであり、そこまで難しくない。問題はベースとなる楽譜面そのものが難解ということで、SA譜面では珍しい傾向と言える。
つけまつける(鬼) 10 2013 SAの位置は嫌らしくないので激と難易度は変わらず。スコア的にはサビ手前の縦連ゲー。
女々しくて(鬼) 10 X3 独自 ムービーはPVそのものを採用しており、SP,DPともにPVの振り付けに合わせて踏めるようになっている。
Smoke(鬼) 10 X3 独自 X3で新規作成されたSA譜面。同時が多く、SAが合間に挟まる配置ばかりなので銀パネ着地が肝となる。
Boom Boom Dollar (Red Monster Mix)(鬼) 11 2nd 独自 サビまではSAが無いが、一度だけ音合せ16分5連地団駄がある点やサビ手前の縦2連滝が交差配置な点に注意。サビのSA回避は基本的に大ジャンプで、着地後の8分が渡りや捻り配置なのでバランスを取るのが大変。
future gazer(鬼) 11 X3 独自 only my railgun(鬼)をそのまま強化したような譜面構成で、関西ステップのみだとSA後の8分に対応出来ない。片足銀パネSA回避が必要になってくるだろう。
CAPTAIN JACK (GRANDALE REMIX)(鬼) 12 X2 振り回しがかなり凶悪なSA譜面。SAは中央後ろの銀パネを踏むのが基本。さもないと距離が遠くて間に合わない。

コメント

名前:
コメント: