ひとりでの時の遊び方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ひとりでダンジョン

使用カード(1人用)

 

財宝 15枚(うち4枚、効果付き)  

仲間カード(ダムピールとダンジョンコックを除く) 各1枚

レッドドラゴン ミミック 女勇者 各5枚

ゲームの進行

仲間カードをよく切りランダムに6枚引きます。この6枚以外は使用しません。

そのうち3人を選びます。この3枚を以降「パーティー」と呼びます。

パーティーの仲間カードはは捨てられません。

パーティーの仲間それえぞれの下に財宝(効果のないほう)を各1まいずつ配置します。

余った仲間カード3枚とその他のカードを混ぜよく切ります。

10枚ずつの3つの束にわけ山にします。2つは表向きの山で、1つは裏向きの山です。

パーティーの3人に順番を決めます。以降順番通りに手番を行います。

手番のたびに1枚めくって引き、手番の仲間カードの下に重ねます。

これがその仲間カードの持ち札です。

(内訳や枚数は公開です。確認して構いません。)

ひいたら次の仲間カードの手番です。

持ち札に財宝のなくなった仲間カードは「行動不能」です。

以降その仲間カードの手番をとばします。

終了条件は以下のとおりです。

パーティー全員が「行動不能」→完全敗北終了

財宝を15枚全て集めた→一攫千金終了

山札がなくなった→迷宮踏破終了

 

 

 

 

ストーリー

冒険者のみんな、覚悟はいいか?

これから君たちは迷宮に潜る。

ダンジョンには3本の分かれ道があるが、明るい道は2本。1本はその先を見通すことは出来ない。

財宝の発見や頼れる仲間との出会いだけじゃなく、理不尽な魔物と遭遇することだってある。

仲間と協力して奥まで進みながら財宝を集めてくるんだ!

 

以下は終了後に読むストーリーです

 


完全敗北終了後ストーリー

ああ、やっぱり今回も駄目だったな。

今まで何人もの冒険者が挑んでは帰ってこなかった。

あいつらもその仲間だったってことさなあ。

うん?どうしたあんたたち、何?ダンジョンに行くだって。やれやれ。

どうして冒険者ってのはいつになっても絶えないのかねえ。

 

 


一攫千金終了後ストーリー

ほう、大した宝物ばっかりじゃねえか!こんだけの財宝がありゃあ一生働かずにくらせるってもんさ。

お前さん達はよくやったよ。かわいそうなのは他の冒険者だな。お前さんらに憧れて今もダンジョンをさまよっているらしい。

あそこにゃあ、もう財宝は残ってないと思うんだけどなあ。


 

 


迷宮踏破終了後ストーリー

こいつぁ驚いた!お前さんたち、まさかダンジョンを全部踏破したってのかい!?

少なくない犠牲もあったろうけど、お前さんたちの偉業は伝説として後世まで語られるに違いねえ。

いや、俺が語り継いでやる。うちの酒場にゃあ優秀な吟遊詩人が居るんだ。あいつに詩を作らせよう!

お前さんたちを称える歌がこの酒場の名物になるんだ。さあ、お前さんたちのパーティーを記していきな!