※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

卯月言語

【 陣営 】:転校生
【 性別 】:男性
【 所持アイテム 】:なし
【 ステータス(体力/筋力/体術/知性/精神/FS 詳しくはwikiのキャラメイクページ参照) 】:体力:7/筋力:7/体術:2/知性:5/精神:4/FS(暗算):1
【 特殊能力名 】:深心活殺の聲
【 特殊能力内容・原理 】:しんしんかっさつのこえ。話術によって、範囲内の対象者全員(NPC含む)の潜在意識を支配する能力。
術にかかったキャラは、このキャラに対してダメージ、弱体化、通常攻撃などの直接的なマイナス行動を行うことが出来なくなる(ただし、間接的なマイナス行動(例えば、他の転校生への攻撃や転校生陣営全体が不利になる行為など)は通常通り可能)。
また、このキャラに命令された行動は、必ず行わなければならない(ただし、対象者全員自殺や敵陣営同士で殺し合う等、一瞬でゲームが終わるような命令は出来ない)。

範囲:話し声が聞こえる距離(基本は普段話す声量で聞こえる範囲が射程距離。)

持続時間:※1を参照

制約:声の聞こえないキャラには無効。
制約:潜在意識を持たないキャラには無効。
制約:精神6のキャラには無効。
制約:本戦開始前までに、能力予想によってこの能力の全容(効果、範囲、持続時間、制約など)が当てられていた場合、その陣営内のキャラに対してこの能力は無効となる)。※2

※1:能力手順は、
転校生ターン、能力発動(能力範囲内の対象キャラ全員(NPC含む)に命令可能)→再生派ターン、支配派ターン(対象キャラ(NPC含む)が能力範囲内に入ってきた場合、能力者への直接的なマイナス行動を強制的に禁止、ただし間接的なマイナス行動は通常通り行われる)→効果時間終了(能力休みなし)→転校生ターン・・・、を一連の流れとする。
※2:一部だけ予想が当たっていた場合(例えば、範囲は当たっているが他の項目が外れている)や曖昧な予想(例えば、操作系能力だろうといった大雑把な表現など)は能力無効化の対象外。無効化の対象となるには、ある程度完璧な予想が為されている必要がある。

【 キャラクター説明 】:うづき げんご。
AD2014年時代の『暦』副部長。旧姓、口舌院。姉と妹がいる。
常に笑みを絶やさず物腰柔らかな人物。
秩序や平和を重んじるハト派の魔人だが、珍しくタカ派の魔人からの一定の評価を得ている。また、一般生徒や反魔人派の教師からも信頼されている。そのことから、“学園の良心”と呼ぶ者もいる。
たった一度でも彼と接すれば、どんな善良な人物であるか肌で感じることができると言われ、その評価を覆した者は今日までいない。また、国から直接助言を求められ、それによっていくつかの政策や事件が解決したという噂も。

ある事件によって『暦』が壊滅状態になった際に、前副部長の意志を継いで幼馴染である“皐月咲夢”と共に部を再建させた実績を持つ。

今回の依頼は邪神の復活を阻止することだが、彼としては支配派と再生派が手を取り合って平和的に解決する方法を模索しており、無益な殺生も出来れば行いたくないと考えている。

一方で、彼に何か言いようのない違和感を感じている者も一部いるようだが果たして……。