※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

藤原 朱

【 陣営 】:転校生
【 性別 】:女性
【 所持アイテム 】:
なし

【 ステータス(体力/筋力/体術/知性/精神/FS 詳しくはwikiのキャラメイクページ参照) 】:体力:7/筋力:7/体術:2/知性:3/精神:6/FS(お掃除):1
【 特殊能力名 】:神の磐、佛の座
【 特殊能力内容・原理 】:
信仰の力を操り、土着の神や佛たちから御利益を受け、ものすごく運気が上昇する。
具体的には、商店街の福引でハワイ旅行が当たるぐらい。
朱に頭をなでてもらうと、他のキャラクターも二時間以内に一度だけこの能力を発動できる。
神佛の力には限界があるので、御利益を受けられるのはエリア一か所につき三回まで。

【 キャラクター説明 】:
(ふじわら あかい)
あの藤原道長の血を引く名家の当主とその妹との間に生まれた娘。十五歳。
藤原家としてはそんな関係から生まれた娘の存在は認められないので、生まれてすぐに当主と仲の良い宮司さんのもとに預けられた。
物心ついた頃には魔人として覚醒しており、育ての親である神社の人たちの甚大な苦労と愛情があって今のゆるふわな朱がある。
能力を有しているからなのか誕生の経緯によるものなのかは不明だが、黒に近い銀髪と暗赤色の瞳が特徴的な見た目である。

生じゃない八つ橋が好物で、学校の休み時間によくぽりぽり食べている。
彼女に八つ橋をお供えして恋愛相談をすれば行く末を教えてくれるが、ダメなときはダメと言われるので実際に相談する人はあまりいない。
見た目をからかうと、その日の授業で毎回先生にあてられたり昼食と夕食を床にひっくり返したりと不幸が訪れる。
不思議オーラを纏う神様っぽいところとほわんとした言動とのギャップがクラスで可愛がられている。

家では巫女として神事に参加することもあるし、正月などの忙しい時は神社の人たちと一緒に働いている。
最近は売り上げアップのために、営業スマイルを練習したりお守りをデザインしてみたり、いろいろ努力中。
彼女にセクハラをすると、帰り道に派手に転んでおまけに財布と家のカギを失くす羽目になる。
この世をばわが世とぞ思っている大学生の兄がいるが、会ったことはない。

邪神が復活すれば神社も仏閣も全部めちゃくちゃに壊されてしまうと、よそから来た人に言われて参戦を決意した。
武神をその身に降ろしているうえ、家の外では着ない巫女衣裳の出で立ちで、本気の程が窺われる。