英霊の声


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神懸かり的な小説。
読んでるこっちも神懸かり的状態になれます。
これは鳥肌が立ちますよ。
三島氏も一心不乱に書きまくって、気付いたら原稿出来てたって事があったらしい。
磯部さん乗り移った説あり。

二・二六事件を題材にした小説では至上のものだと思いまふ。