curling @Wiki / カーリングまとめサイト レジェンド

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レジェンド

 ノルウェー女子代表のベテランスキップ、Dordi NORDBY選手のこと。
 国際試合成績は通算400勝を超え、世界選手権では122勝、優勝2回を含む11個のメダルを手に入れるなど数々のタイトルを手に入れてきた。
 一部では「ノルウェーの魔女」とも呼ばれ、予選ではその魔法のような投石術で日本を翻弄。 準決勝で後に優勝するスウェーデンと対戦するが残念ながら敗れ、その後の3位決定戦でも集中が切れたのかカナダに大差で敗れ4位に終わった。

html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。

乗り物酔いしたノルウェー、遅刻したカナダに敗れ (Exciteニュース:リンク切れ)
乗り物酔いになるくらいなら、遅刻したほうがいいかも。

 ノルウェーのオリンピック・女子カーリングチームの選手4名は、時間管理が勝利のためにいかに重要な要素であるかを学んだ。

 ノルウェー・カーリングチームのスキップ(リーダー)は、「4人が乗り物酔いの状態で氷上に立っていました。運転手が遅刻したのですが、彼は選手村から試合会場まで通常50分かかるところを、わずか20分で到着させたのです」と語った。この日、ノルウェーはカナダと対戦したが、10対8で負けてしまった。

 ノルウェーは対戦相手のカナダを真似た方が良かったかもしれない。カナダチームは試合に約1時間遅刻したのだ。

 カナダチームのリーダーは遅刻の理由について、「耳栓をして寝ていたのです。みんなが一生懸命ドアをノックしていたと思います」と、到着後恥ずかしそうにレポーターにコメントした。

 試合後に彼女は「全速力でここまで走ってきました。試合に勝てて本当にうれしいです」と語った。