curling @Wiki / カーリングまとめサイト 大佐
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大佐



カナダ男子代表チームのスキップ、Russ HOWARD選手。冬季五輪金メダリスト最高齢。何故か尖った歯と、大声で指示する姿はまさに叩き上げ軍人。
 大佐率いるカナダは決勝のフィンランド戦では6エンドで6得点(しかも失投で本当は7点取れた)も上げ、念願の金メダルに。


 「金」ハワード(カナダ)50歳 「銅」ベアード(米国)54歳 世界中のオヤジが勇気をもらった!! カーリングの男子決勝は、2大会連続で銀メダルのカナダがフィンランドを10―4で破り初優勝を決めた。カナダは第6エンドに6点を奪って大差をつけ、第8エンド終了後にフィンランドがギブアップ。スキップ(主将)のラス・ハワードは50歳にして栄光を手中にした。3位決定戦では米国が英国を8―6で撃破。控えのスコット・ベアードは54歳で銅メダルを手に入れた。 まだまだやれる。もっとやれる―。世界中のおじさん、おばさんが勇気をもらったに違いない。50歳のハワードが、五輪の金メダルを手に入れた。「夢がやっとかなった」勝利が決まると、試合中の厳しい顔を崩して子どものような笑顔を見せた。 第6エンドで勝負を決めた。カナダのサード、ニコルズの第1投がフィンランドの赤いストーン2個をはじき出し、ハウス(円)内へ。このスーパーショットで今大会の1エンド最多記録となる大量6点を挙げ、10―3。第8エンドのラストショットが止まる前に、勝利を確信した4人は固く抱き合っていた。 実は、国内代表選考会の3週間前に、同国の最果てにあるニューファンドランド島のチームから控えとして参加を求められた。しかし、世界選手権で2度の優勝も経験している“伝説の男”。すぐに力を認められると、年齢24~26歳の若い選手たちに大声で気合を注入しながらグイグイと“息子たち”を引っ張った。 カーリングの本場だけに、国内には多くの賞金大会があり、海外の強豪国も合宿に訪れるなど、最高の環境にある。だが、五輪では2大会連続で銀メダル止まり。ようやく栄光を手に入れた“オヤジの星”は「まだ若い選手と一緒にカーリングを続けたいよ」とさらなる意欲を燃やす。 ハワードだけではない。英国を破って銅メダルをつかんだ米国のベアードも54歳。控えながら豊富な試合経験を反映させて、チームを表彰台へと導いた。さらに、銅メダルだったカナダ女子にも44歳や43歳の選手がいた。若くなくても世界で戦える。それがカーリングの魅力。日本の競技人口は、愛好者を含めても数百人程度だという。「年だから」とあきらめるのは早いかも―。 ◆最年長メダルは82年前の59歳 〇… 今大会の最年長出場となった54歳282日のベアード(米国)が銅メダルを獲得。これが冬季五輪史上最年長のメダリストと思われたが、実は違った。国際オリンピック委員会(IOC)は大会開幕前の9日、公開競技として実施された1924年シャモニー大会で3位以内に入った選手にもメダルを授与することを決定。その中に59歳61日の選手がいたため、ベアードは最年長メダリストとは認定されなくなった。


 50歳をすぎても、まだまだ衰え知らず。冬季五輪史上最年長の金メダリストが誕生した。24日に行われたカーリング男子決勝で、カナダがフィンランドを10−4で破り、初優勝した。スキップ(主将)で50歳のラス・ハワードは、昨年12月に行われた国内選考会の3週間前に代表入りしたばかりながら、チームの支柱として貢献した。3位決定戦を制した米国では、54歳の今大会最年長選手、ベアードが銅メダルを手にした。

 カナダ国旗が振られるスタンドに向かって、初老の男性が右手を突き上げた。カーリング大国に、初の金メダルをもたらしたハワードは誇らしげだ。「五輪の重圧、国旗を背負い、期待された試合を勝つ。これほどうれしいことはないね」。50年の人生で、1度も経験したことのない充足感に身を委ねた。

 親子ほど年が離れた若者たちとつかんだ頂点だった。0−2の第2エンド、正確なショットで、相手のストーンを2つ同時にはじき出すダブルテークアウトを成功。このエンドで追いついた。第6エンドには、ニコルズの好調さを見抜き、徹底的に攻めのショットを指示。6得点のビッグエンドを演出した。

 19日に50歳になったばかりで、冬季五輪史上初めての50代金メダリストになった。これまでは32年レークプラシッド大会での男子ボブスレーのオブライエン(米国)の48歳が最高で、74年ぶりに記録を塗り替えた。チームメートのグシュエは「僕らよりも髪が薄くて1人だけ早寝だけど、そんなことは関係ないよ」と、冗談交じりに敬意を表した。

 ハワードは映画「シッピング・ニュース」の舞台で有名な東部ニューファンドランド島のチーム所属。カナダ代表に呼ばれたのは、代表選考会の3週間前だった。最初は控えだったが、経験に裏打ちされた戦術の読みと独特の明るさで、スキップへ昇格した。同僚コンラブから「大きな子供」と呼ばれる50歳は「まだ若い人たちと一緒にカーリングをやりたいな」と、少年のような笑顔で話した。