curling @Wiki / カーリングまとめサイト 刈屋アナ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

刈屋アナ

NHKアナウンス室スポーツ中継担当、刈屋富士雄アナウンサー。カナダ戦、スウェーデン戦、イギリス戦を担当。

「伸身の新月面が描く放物線は栄光への架け橋だ!」
「トリノの女神は荒川にキスをしました。」

「世界のまりりん」
「他の国の放送局にもまりりんを広めておきましたよ」
「まりりんショット」
「ご存知まりりん」
「まりりんの2投目・・・・」
「いまやすっかりお馴染み世界のまりりんショットです!」
「100%の林」
「見えてますよね
さっちゃんは今日もお休みです」
「来てます来てます」
「ナイスですナイスです」
「微妙おおおお~~!」
「来た来た来た来た来ましたーーーーーーーーーーーっ!」
「くわぁっーーー!」
「(選手の会話で「コース見えてる?」)。見えてます。思わず私が応えてしまいました」



NHK刈屋アナ また金絶叫
「ト リノの女神は荒川にキスしました」 24日早朝のトリノ五輪フィギュアスケート女子の生中継で、荒川静香選手(24)の金メダル獲得の瞬間を実況したの は、NHKの刈屋富士雄アナウンサー(45)。一昨年のアテネ五輪男子体操団体でも、「栄光への架け橋だ!」の名ゼリフで日本を世界の頂点へ導いた刈屋ア ナが、再び金メダル実況を繰り広げた。また芸能界も、アジア初の快挙を成し遂げた荒川選手の祝福ムードに包まれた。 最大のライバル、スルツカヤ(ロシ ア)のポイントが発表された瞬間、一気に声を張り上げた。 「トリノのオリンピックの女神は荒川静香にキスをしました! 日本の荒川静香、金メダル!」。 冷静だった声のトーンがグングン上がる。「アジアで初めて、アジアの選手が初めて、冬のオリンピック、フィギュアスケートの頂点に立ちました!」。 04 年アテネ五輪でも、名実況が話題となった。「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!」の名調子で、男子体操団体の28年ぶりの金メダル獲得の瞬 間を彩った。それから2年―。アテネの時と同じ早朝に、再び日本のお茶の間を熱くさせた男は「ショートプログラムが終わった時、荒川さんが金メダルを取れ るかもしれないと思いました。最後の公式練習のとき、トリノ五輪の女神が荒川さんを指名するイメージが浮かび、その通りになって感動しています」と話し た。 入局24年目のベテランは、94年のNHK杯からフィギュア実況のスペシャリストとして活躍。荒川とは長野五輪直前の9年前に出会い、栄光と挫折を 実況席の内外から見守ってきた。それだけに実況中も思いがあふれ出た。「さあ、ここからの2分15秒が荒川静香、長野から8年の思い」。演技が終了すると 「9年前から見てきましたが、最高ですね…」とため息をついた。 トリノ中継はNHK5人、民放6人のアナが担当しているが、中継本部には視聴者から「実 況がうるさすぎる」との声が殺到していた。そうした意見は現場にも伝えられたが、刈屋アナは抑制された実況で演技を見せることに重点を置いた。歴史的瞬間 に刈屋アナあり―。もう1つ五輪の伝説が生まれた。


NHK刈屋アナ:また“金メダル実況”
  荒川静香の金メダル獲得で、もう1人、“五輪2大会連続の金メダル”となった日本人がいる。24日に女子フィギュアスケートの実況を担当したNHKの刈屋 富士雄アナウンサー(45)だ。04年アテネ五輪の体操男子団体による金メダルの実況に続き、名調子を披露して日本列島に感動を伝えた。一方、テレビ各局 は、予定の番組を変更して荒川にスポットを当てる“荒川シフト”を続々と編成し始めている。 「トリノオリンピックの女神は、荒川静香にキスをしまし た!!」 最終滑走のスルツカヤの得点が出て荒川の金メダルが決定した瞬間だった。刈屋アナの口から出た“決めゼリフ”が、この言葉だ。 フィギュアの実 況は94年のNHK杯から担当。五輪は長野、ソルトレークシティーの両大会でも担当した同種目の第一人者。この日の実況は荒川の演技直前の紹介から「大好 きな曲で最高の舞台で演じる幸せを感じながら…」などと情感たっぷり。逆に演技中は実況や解説を抑え、視聴者にじっくりと選手1人1人の“ワールド”を体 感させる巧みなテクニックで進行。そして、最後の最後にズバリ決めた。 刈屋アナは、スポニチの取材に「最後の公式練習の時、トリノオリンピックの女神が 荒川さんを指名するイメージが浮かび、その通りになって感動しています」とコメント。「女神のキス」は演技前の各選手を見つめて浮かんだ、とっておきのフ レーズだったようだ。 さらに「9年前から荒川さんを見続けてきて、苦しい時代や、もうやめますと言っていたことを思い出して、やめなくて良かったと心か ら思いました」と祝福した。 2年前の金メダル。アテネ五輪体操男子団体では「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への懸け橋だ!」の実況で、日本中を感動 に包んだ。強運にも夏冬2大会連続の日本金メダルに立ち会い、声で再び多くの心を動かした。 五輪実況の経験は夏4回、冬3回。今大会はカーリングも担当 し、日本チームの美人選手・本橋麻里の愛称「マリリン」を連呼。「対戦国の実況に“マリリンと呼んでください”と言ってきました」とNHKアナらしから ぬ!?くだけた親しみやすさも実況に織り交ぜた。NHKの局内でも「刈屋アナは今大会は注目の高い、いい種目に当たってますね」と“金を呼ぶ男”の運に驚 いている。 ◆刈屋 富士雄(かりや・ふじお)1960年(昭35)4月3日、静岡県生まれ。御殿場南高校を経て早大社会科学部卒業後、83年にNHK入 局。福井、千葉放送局などを経て、現在はニュース、スポーツ、大相撲中継を担当。大学時代はボート部で活躍、スポーツ実況を志す。プライベートでは三つ子 のパパ。