※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


          ,,.. ::::'''"´´::`ヽー、、、
      ,,..:::´´:::::彡':::::ミ 、:::::::::::::l l':::、、
     /:::::::::::::::::::ノノ''ゝ===イノ/〃r'`ヽ
    l:::::::::::::::::::::彡''´  ''ー=ニ彡'''``ヾ::::::',
.    !::::::::::::::'::/  l            l::::::|
.   |::::::::::::':/  l            |::;;;}
    {::l::::::::リ   l              |ミノ
    ゝミヾ;;ゝ    r‐- 、,,_    __,, イ,!'
    「       Y  ゝ o-= 、  r o‐=、イ
     | .    丶 ヽ 二イ  |、 二ノ!
.     |ゝ       、   ̄  '.   |  ̄ |
,,.. -‐:::,...ーl   |  冫    rヽ.  l    l'_
: : : : //: : :|    | l  / ` 'ー ´ 丶 |: :`: .、
: : : :;l: : : :.:.|   、..|    `ー---一   l: : : : : :
: : : : |: l : : : 、         ` ̄ ´  /: : : : : :
: : : : :、: : : : : \  ゝ     ノ  /: : : : : : :
: : : : :.ヽ: : : : : : :`: : : . .ー-- '--イ: : : : : /: : :
: : : : : : :\: : : : : : : : :`〈´: : /: : :.|: : : : :/: : : :
: : : : : : : : : \: : : : : : : ノ: ノ: : : : |: : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : :` : ‐-l/: ´.: : : : : :|: : : : _: :  -┐
: : : : : : : : : : : : : : : :.:|: : : : : : : : :| : 「: : : : : : : 」

 ヴァレリアン・ウラジーミロヴィチ・クィブィシェフ
1888年5月25日オムスクに将校の息子として生まれる。1905年からオムスク陸軍幼年学校で教育を受け、軍医大学に学ぶ(中退)。
1904年ロシア社会民主労働党・ボリシェヴィキに参加。20年代以降副首相、最高国民経済会議(ヴェセンハ)幹部会員・議長、
国家計画委員会(ゴスプラン)議長、政治局員など主に経済関係の要職を歴任し、初めて「第一副首相」の地位に就く。
スターリン派の有力幹部として集団化・工業化を推進した。末期にはトロツキズム糾弾に巻き込まれるが、
弾圧を受ける前(1935年1月25日)に急死したため、歴史から名前を消されることはなく、都市や工場などに多く名を残した。