バレンタイン

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バレンタイン【執筆者/藍奈】






「なぁなぁ、八戒」
「何ですか?悟空」
「あのさぁ~バレンタインって何?」
「・・・・バレンタイン・・ですか?」
「うん」
「そうですねぇ~まぁ簡単に言うと、好きな人にチョコレートのお菓子をあげる日ですかね」
「好きな人に・・・?」
「えぇ。そうだ、今からチョコレートケーキを作ろうと思ってたんですけど、悟空も何か作りますか?」
「・・・うん。オレ、作って三蔵にやる!!」
「では、早速はじめましょうか」


―10分後―

「あぁ~悟空!それは別々にしてください!!」
「へ?コレ?」
「そうです。って、悟空・・・何をレンジに入れました?」
「何って、卵」
「!!!卵はレンジで温めちゃいけないんです!!って、わあ」

ボン!!!

「・・・・・」
「・・・わりぃ八戒・・・・」
「・・ふぅ。さ、悟空。今度はちゃんとうまくいきますから、頑張りましょう!ね?」
「でもさぁ~」
「三蔵に渡すんでしょ?」
「・・・・そうだよな。よし、作るぞ!!」


―1時間後―

「できたぁ――!!サンキュな、八戒!」
「いえいえ。良かったですね上手に出来て」
「三蔵、くってくれるかな?」
「さぁどうでしょう。でも、悟空が一生懸命つくったものなら何でも喜ぶと思いますよ?」
「・・・・俺、三蔵のとこに持っていってくる!」
「いってらっしゃい」


「三蔵――――!!」
「ぁあ?五月蝿い」
「なぁなぁ、三蔵。今日何の日か知ってるか?」
「・・・・バレンタインだろ。それがどうした」
「はい」
「・・・何だ?これは」
「俺が作ったんだ!な、食ってみろよ」
「あぁ?誰がテメェが作ったもんなんか食うかよ」
「何でだよ。八戒に教えてもらったんだから美味いぜ!」
「ふん。なおさら食えんな」
「何だよ~せっかく作ったのによ」
「・・・・」
「八戒が今日は好きな人にお菓子やる日だって言ったから、」
「から、何だ?」
「だから・・俺、三蔵怒るとこえーけど、一番好きだからやろうと思ったのに・・」
「悟空」
「な、何だよ」
「貸せ」
「へ?」
「よこせっつってんだよ!」
「さん・・ぞう?」
「・・お前にしちゃ、よくできてんじゃねぇか」
「!ホントか?」
「こんなもんで嘘つくか。アホが」
「~~~~三蔵!!!」
「離れろ!このバカ猿が!!」
「ヤダ!!ぜってぇ~離れねぇ!」


「どうやら上手くいったみたいですね」
「けっ。何が悲しくてあの猿の失敗作をくわにゃならねぇんだよ」
「仕方ないでしょ?捨てるのはもったいないですし」
「はぁ~あ。バレンタイン嫌いになりそう」
「そうですか?私は好きですよ?皆が幸せになれる日ですからね」
「・・・ったく。八戒には敵わねぇな」
「褒め言葉ですね」










皆さんにとっても、素敵な日であることを―

ハッピーバレンタイン♪









|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

更新履歴

取得中です。