※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Pure Love【執筆者/藍奈】






「英二、今度の休みにどこか出かけないか?」

昼休み。俺は、大石と一緒に弁当を食べていた。
部活の話しとか、不二やおチビの話をしていると、突然大石からデートの誘い。

「なになに?急に、出かけようなんて」

「いや・・・最近、二人で出かけてないから、たまにはいいかなって思って」

「ふ~ん・・・・いいよ。遊ぼう」

そんな感じで、今度の休み。二人で出かけることが決まった。




+ + + +




「はぁ・・・・・デート・・・とは違うか」

家に帰り着くと自分の部屋に閉じこもる。
ベッドに寝っ転がり、くまの大五郎を抱きしめる。

「いつからだっけ・・・」

俺が大石のこと、好きになったの。

最初は普通の友達だった。
すっげお人好しで、いいヤツだなって思って。
ダブルス組むようになって・・・大石のこといろいろと分かってきて。


気づいたら好きになってた。


「大石・・俺が告白したら、驚くかな・・・・」

告白したいと思ったことはない。
だって、怖いじゃん。

拒絶されたら・・・

それを考えると何も言えなくなる。
それに、大石は優しいから・・・・同情とかされたら、自分が惨めなだけだし。

「はぁ・・・」

何度目かの溜め息をついて、俺は寝た。




+ + + +



駅前の時計の下が集合場所。
待ち合わせ五分前に着いた俺は、笑いが出た。

「大石、来るの早すぎ!」

待ち合わせ場所には大石がいて、俺が来ないかキョロキョロしてた。

「英二・・・待たせちゃ悪いと思ってな」

恥ずかしいのか、照れくさそうに笑う。
そんな大石が愛しいと思う。

「で?何分前に着いたんだよ」

「笑わないか?」

「さぁ?」

「・・・30分くらい前・・かな?」

「・・・・・・・・」

一瞬唖然とすると、俺は笑いを堪える事が出来なくて笑った。

「な、何もそんなに笑う事ないだろ」

「だって・・大石、早すぎっ・・・」

「悪かったな。ほら、行くぞ」

頭を掻くと、俺の手を引いて歩き出す。
大石の手は・・・ほんの少し熱かった。



映画を見て、ファーストフードで昼食をとる。

「あの映画、おもしろかったな」

「あぁ。ラストは意外だったけどな」

さっき見た映画の話をしながら、ハンバーガーを頬張る。
どこにでもある光景。
ありふれた会話。

隣には、ラブラブな恋人たちが楽しそうに会話をしている。


(楽しそう・・・結局、俺らは友達にしか見られないんだろうな・・・)


心の中で呟いて虚しくなる。
ぼんやりとハンバーガーを見つめていると、大石の声が耳に入ってくる。

「・・・じ・・・英二!!」




現在作成中。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

更新履歴

取得中です。