※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ご主人様とオレ☆【執筆者/藍奈】








「ねぇ俊樹」

「な、何だよ」


恐る恐る呼び掛けに応じる。


「僕のこと、ご主人様って読んでよv」


今、花月は俺に何て言った?



ご主人様?



「花月、何でご主人様なわけ??」


俺の問いに花月は厳しい目つきで答える。


「違うでしょ?俊樹。花月じゃなくて、ご主人様!」


早速、花月からそんなことを言われる。俺は少しビクつきながらも言い直す。


「あの・・・ご主人様?//」

「それでいいんだよ、俊樹v」


花月は一人満足顔をしている。


「どうしてご主人様なんですか?」


自然と敬語になるのは何でだ?
恥ずかしさで顔が赤くなるのが分かる。


「どうしてって、俊樹はメイドでしょ?僕は君の主人。そう呼ぶのは当たり前じゃない」


当たり前と言われればそれまでなんだけど、問題は花月が言うと妙に納得してしまうという事。
この時点で俺はメイドなのかもしれない。


「でも・・・」


それでもご主人様と呼ぶには、やっぱり抵抗がある。


「でもじゃない。ちゃんと呼ぶんだよ?」


真剣な目で見られると何も言い返せなくなった。


「はぃ。ご主人様」

「うん、それでいいよ。良い子だね、俊樹は」


不意に頭を優しく撫でられドキッとした。


「うん?どうしたの、俊樹」


呼び掛けられて花月を見つめていたことに気付く。


「//何でも・・・なぃ」


恥ずかしさで俺は目をそらした。



それにしても、メイドなんて何すればいいんだ?



俺は言葉に気を付けながら花月に問掛ける。


「あの、ご主人・・様?」


呼んだだけなのに、花月はすごく嬉しそうな顔をして俺を見る。


「何?俊樹v」

「あの、俺は何をすればいいんですか?」


俺の問掛けに花月は?マークを頭上にとばす。
その様子から何も考えてないということが分かる。


「そうだね、メイドなんだから何かしてもらわなきゃね」


なんて呑気な事を言っている。
どこか抜けてる花月。


「そうだなぁ、何か飲み物を持ってきてくれない?」


俺は頷くと台所に向かった。




+ + + +




飲み物と言われても冷蔵庫の中にはなにも入ってなかった。


「何もない・・・水でもいいよな」


食器棚からコップを一つとり、その中に水を入れた。
コップを片手に俺は台所をでた。


「こんな格好、筧にだけは見られたくねぇな」


微かに・・・いや、強く思ってると肩を誰かに叩かれた。


「何してるんだ?そんな格好で」






⇒NEXT
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

更新履歴

取得中です。