※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DREAM or TRUE ?【執筆者/藍奈】









鏡越しに交わる視線。
潤んだ瞳さえも俺を刺激する。


「・・銀次・・」

「ん・・・なに?」


言いたい



たった一言



スキ・・・と



「いや。できるだけ痛くしねぇから」

「・・・・」

「だから・・・」



キライニナラナイデ



精液のついた手を花芯よりもっと奥の蕾に這わす。


「ひゃっ、何?」

「今から天国に連れていってやる」

「天国?・・わっ!ちょっ、蛮ちゃん」


ヌプっという音と同時に埋め込まれる指。


「やっ・・なに?イタっ」

「ワリィな」


指をゆっくりと出し入れさせる。
痛さに顔を歪める銀次のモノを片方の手で包む。


「やぁん・・蛮ちゃん、そこやぁ~」


ほんの少しだが緩んだ隙に指を1本増やす。
中に入り込んだ2本の指をバラバラに動かす。


「んっ・・・ばんちゃ・・ひゃぁん!!」


一際高く鳴いた場所。
指の動きを止め、そこを軽くつつく。


「見つけた・・・・ここだろ?銀次のイイトコロ」

「え?や、そこ・・ンっだめ・・」

「へぇ~だめな割にはさっきから止まらねぇけど?銀次のイヤラシイ蜜」

「そんなの・・知らなっ・・はぁ、ん」


イイトコを集中的にイジメてやる。
次第に足が自然と開き、腰も淫らに動き始める。


「気持ちイイんだろ?素直になれよ」

「はぁ・・ん、気持ち・・・イィ・・もっと~」

「もっと、何だよ。言わねぇと分かんねぇよ」

「ばん、ちゃん・・・いじわるぅ」


こんな時でも、そう言っては頬を膨らませる。


その仕草が・・また、可愛い。

余計苛めたくなる。


「フン、悪かったな。じゃ、このままにしとこうか?」

「!!だめぇ~ちゃんと、シてぇ」


こいつ、意味わかってんのか?
けど、銀次が俺を求めている。
素直に嬉しい。


「あぁ。分かったよ。奥だろ?」


望み通りに指を奥までやるが、限界はある。
一番触れて欲しいであろう、最奥には指が届かない。


「ん・・蛮ちゃん、もっとおくぅ~」

「ぁあ?そう言われても、これ以上奥にはいかないぜ?届かねぇ」

「~~やぁだぁ」

「やだじゃねぇ。届かねぇんだから仕方ねぇだろ?」


俺の言葉に黙り込むが、すぐにダダをこねる。
高まった熱は簡単には冷めない。
ましてや、銀次のモノは刺激を受け続けている。


限界は―近い。


「蛮ちゃん・・おね、がぃ」

「・・・そんなに奥までシて欲しいのか?」

「ん、奥がいい」


込み上げてくる笑い。
まさか、こんなになってくれるとはな・・


「銀次。奥までシてやるから、息止めんなよ?」

「ぁ、わかった・・・から、早く・・」


充分に濡らされたソコから指を抜くと、代わりに俺のモノを宛てがう。
そして、一気に中に入り込む。


「んぁっ!!いっ・・・あ、くるしっ」


ほぐれていても、そこは本来使われることのない場所。


「くっ!やっぱキツいな・・・」


圧迫感からか、辛そうな顔をする銀次。
俺は、銀次が慣れるまで動かなかった。


「銀次、力抜け。苦しいだろ?」

「あ、ぅん・・・はぁ-・・ばん・・ちゃん」


ゆっくりと息を吐かせ、銀次が落ち着くまで待ってやる。


「大丈夫か?」

「んっ・・ばん、ちゃん・・・動かないで・・」


まだ少し力の入る体を楽にさせるため、小さく震える前を触ってやる。


「やっ、ばんちゃ・・・触っちゃ・・」

「でも嬉しそうだぜ?ココ」


強い刺激は与えず、あくまでも力を抜かせるために触る。
次第に銀次から力が抜け、スムーズに最後まで挿入った。


「わかるか?銀次」

「くる・・しぃ~」


いや、聞きてえ言葉とは思いっきり違うんだけどよ。


「苦しいだけか?」

「はぁ、ん・・なんか、へんな・・感じ・・・」

「動くぞ」


銀次に負担がかからないように、ゆっくりと動き出す。


「だめ・・・ばんちゃん、動いちゃ」

「聞こえねぇよ」


銀次の口を塞いでやる。
舌を入れて内を荒らす。
奥にいく舌を捕らえ、絡める。


「ふぁ・・ん、ばん・・ちゃ・・ン」


激しいキスの合間に言葉を紡ぐ。
スムーズに出し入れができるようになってから激しい律動へとかえる。
十分に口内を荒らしてから離してやると、二人の間に糸ができる。


「あ、やっ・・そんな・・・にしちゃ」

「銀次。ココだろ?お前のイイトコは」


ピンポイントでそこを突いてやる。
突くたびに魚のようにビクビクと跳ねる躰。
快楽に溺れることを恐れ、逃げようとする腰をしっかりと掴むとグッと引き寄せる。


「逃げるなよ?銀次」

「そんなぁ~ヤダ、ばんちゃん・・はぁん」

「素直になれよ。ここ、こんなにしといてよ」


手を離すと自然につくイヤラシイ蜜。
こぼれ続ける蜜は言葉とはウラハラに悦びを表す。


「ばんちゃん・・・おねが、い」

「あ?何だよ」

「うごいてぇ~!!」


言われて初めて気づく。
イジメることに夢中になって動くことを忘れていた。


「へぇ~動いて欲しいんだ?」

「うん。早く・・」

「動いちゃヤダっつってたのにな!」

「ひゃあん・・・そこ、あっ」


腰を持ち、ギリギリまで浮かすと一気に落とす。
何度も繰り返し限界を誘う。


すると、銀次からまた「お願い」がでる。







⇒NEXT
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

更新履歴

取得中です。