後日

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

secret love【執筆者/藍奈】









「ね、リョーマ」

「なに?」

「明日は大晦日だね」

「うん」

「一緒に過ごそうね」

「///う・・・ん」


僕とリョーマにとって二人で過ごす初めての大晦日。
一年の最後の日をリョーマと一緒に過ごせて、一緒に新しい年を迎える事ができる。


すごく・・・嬉しい。


今でも覚えてるよ。
学校の屋上でリョーマから初めてキスしてくれた時のことを。
あの時、君は気付いてなかったかもしれないけど・・・リョーマの顔、真っ赤だったんだよ?
だけど悪戯っ子みたいな顔もしていて、すごく印象的だった。


ねぇ、今度はいつ君から僕にキスしてくれるの?





先輩と付き合いだして2ヶ月くらいたった。
先輩に『リョーマ』って言われるのにも慣れた。
先輩との・・・キスだって・・・慣れた///
けど、未だに慣れなくて出来てないことが1つ。

『しゅうすけ』って呼ぶこと。

明日は大晦日だから、12時ちょうどに言いたいなとは思うけど・・・たぶん出来ないだろうな。


ね、『先輩』のままじゃ嫌だよね?




「ふぅ、ちょっと歩きすぎたね」

「俺、もう歩きたくない」

「う~ん、でも歩かないと着かないよ?」


今11時をすぎたとこ。
あと1時間で年が明ける。
神社まであともう少し。
二人で、ゆっくりだけど歩いていく。

新しい年に向けて
一歩一歩・・・確実に・・


「ねぇ、先輩」

「何?リョーマ」

「あ、あのね・・・来年も・・」

「来年も・・何?」

「その、来年も一緒に・・・///」


言えない。

来年も一緒にいたい、だなんて。

恥ずかしくて言えない。




可愛いリョーマ。
最後まで言えないんだよね、恥ずかしいんだよね?

でも、大丈夫。

リョーマの言いたい事はちゃんと分かるよ。
だって僕だって、同じこと思ってるから・・・
今年は僕が言ってあげる。

だから、ね?

来年はリョーマが言ってね?
恥ずかしくても、最後まで言ってね?



「うん。来年も一緒にいようね?リョーマ」

「////」

「リョーマ?」

「うん///」





カウントダウンが始まる。

―――5



来年もきっといい年になるね。

―――4



リョーマと一緒だから。

―――3



しゅうすけと一緒だから。

―――2



二人で新しい一年を迎えよう。

―――1



二人で新しい一年を過ごそう。

―――0



約束・・・ね。





☆A HAPPY NEW YEAR☆













▼シークレットシリーズ完結
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

更新履歴

取得中です。