frame_decoration

あらすじ

霖之助の協力のもと日本人形を完成させたアリス
次は一人で作ろうと自宅に篭るが、霖之助にフラグを立てられていたため、寂しくなって香霖堂へ。
なんだかんだでめでたく毎日通うことになりました。



スー……、パタン。
霖之助にあてがわれた部屋に荷物を置きにあがったアリス。
廊下から見えないように襖を閉めると、糸が切れた人形のように崩れ落ちる。

「はぁぁぁぁぁぁぁぁ……」

畳に腰を下ろして両手を突き、大きく息を吐く。
本来陶磁器のように白い肌は首まで真っ赤に染まっていた。
心臓はここで一生分働きつくしてやると言わんばかりに回転数を上げ、手足はいまだに軽く震えている。

(あれは反則にも程があるわよ……!)

叫びだしたくなるほどに昂ぶる感情を抑え、アリスは先ほどのことを思い出す。

『ありがとう。また来てくれて嬉しいよ』

ただでさえ受け入れられたことが嬉しくて頭が煮立っている所だというのに、そんなことを言われた日にはもう声も出せなくなってしまう。
真っ白な頭の中とは正反対の真っ赤な顔で、カク……カク……と壊れた人形のように首を縦に振り、転びそうになるのを何とかこらえて部屋に辿り着いた。
訝しがられたかも知れないが、取り繕うことなど不可能だ。
スキマと閻魔と花の妖怪と亡霊の姫に同時に喧嘩を売って無傷で生還するくらい無理だ。

霖之助の笑顔が頭から、言葉が耳から離れない。
上海と蓬莱を呼び寄せて力いっぱい抱きしめる。

「~~~~~~~っ」

声にならない叫びと共に畳の上を転げ回るアリス。その顔はこれ以上ないほどにやけまくっている。

来てくれて嬉しい。

来てくれて嬉しい。

来 て く れ て 嬉 し い!

それはつまり、霖之助もアリスに会いたかったということだ。
それもあの朴念仁がわざわざ口に出して思いを伝えるほどに。
期待しすぎてはいけないと理性が警鐘を鳴らそうとするが、このくらい自惚れたって構わないだろうと黙らせる。
いつまでも悶え続けるアリスが再び霖之助と顔を合わせられる程に落ち着くのは、相当後になりそうだった。

一方の霖之助は、部屋から聞こえてくる妙な音に首をひねっていた。