frame_decoration

あらすじ

アリス、霖之助から和裁について教わる。
和裁の技術を習得すべく、日本人形を作り始めた。
アドバイスを求めるうち、興味の主体が徐々に霖之助に移っていく。



「で・・・できたーっ!」

若い女性の声が響き渡るここは魔法の森、アリス=マーガトロイドの自宅。
声の主アリスは先ほどから完成した人形を頭上に掲げ、どこぞの厄神の如くくるくると回っている。
喜ぶのも当然、今回作成した人形は今まで作ってきたものとは作り方がかなり異なる日本人形である。
基本となる人形の体は何とかなったが、慣れていないせいか和服の作成に苦労した。
その分、喜びもひとしおと言うわけだ。

「今日はお祝いね! 久しぶりにフルコースでも作ろうかしら? あーうれしー!」

たっぷり30分は喜び続けたアリス。そろそろ料理に取り掛かろうと考えたところでふと気付いた。

「霖之助さんにも見てもらわないとね……!」

新しい人形を嬉しそうに抱きしめつつ、つぶやくアリス。
実際、今回の人形作りでは霖之助に随分と世話になった。霖之助のアドバイスがなければ到底完成しなかっただろう。

「見てもらうだけっていうのもなんだし、お礼もしないとね……よし!」



「こんにちわ、霖之助さん!」

「ああ、いらっしゃい。人形作りは順調かい?」

「ふっふっふ……これを見なさい!」

アリスの差し出した人形を手に取り、目を丸くする霖之助。

「すごいな……とても初めて作ったとは思えないよ」

「でしょう? 我ながら上手くできたと思ったのよ!」

えっへん! と胸を張るアリス。

「ふむ……いやたいしたものだよ。よく頑張ったねアリス。おめでとう」

そう言って体を乗り出し、アリスの頭を撫でる。

「あ……ありがとう……」

さっきまでの勢いはどこへやら、アリスは顔を赤らめて俯いてしまう。しかしその顔は照れ笑いで本当に嬉しそうだ。

「わざわざ見せに来てくれたのかい?」

「ええ、霖之助さんがいなかったら完成しなかったもの。霖之助さんに見せないなんてありえないわ!」

本当に嬉しいのであろう、いつもよりテンションの高いアリスを見て霖之助も顔を綻ばせる。

「そういうわけで、今日はお礼とお祝いをかねて夕御飯をご馳走するわね!」

「僕は自分の知識を自慢しただけで、大したことはしていないよ。
 と言っても、折角作ってくれるというのを断るのも失礼だ。お願いするとしよう」

「任せて! といっても、作るのはほとんど人形だけどね」

と、軽く舌を出すアリス。

(初めて会ったときはこんな表情をする子だとは思わなかったな……)

そう思う霖之助だが、口から出たのは違う言葉だった。

「そういえば君は家事を人形にさせているんだったね。折角だし、人形たちが料理するところを見ててもいいかい?」

「……霖之助さんらしいわね。別に見られて困るものでもないし、いくらでもどうぞ。私は代わりに店番をしておくから」

本当は料理を人形に任せて霖之助と話がしたかったアリスだが、お礼をしに来た手前そんな我侭は言えない。
話すのは料理を食べながらでもできるか、とここは引き下がることにした。

「いいのかい? 別に店は閉めても構わないんだが・・・」

「お礼をしに来て店に迷惑をかけるわけにもいかないでしょう? いいから今日は私に任せなさい!」

胸を張るアリス。
そこまで言われては無理に断るのも悪い、という結論に達し、霖之助は人形たちとともに台所に引っ込んでいった。



「ああは言ったけど……お客さんなんて来ないじゃない……」

張り切って店番を始めたアリスだったが、店内には見事なまでに閑古鳥が鳴き続けていた。
こんなことなら店を閉めてもらってもよかったかな……。いやいや、まだお客さんが来ないと決まったわけじゃない。
そんなことを考えていると、店の扉が開く音が聞こえた。
正直待ちくたびれていたが、店番を引き受けた以上疲れを見せるわけにはいかない。

「いらっしゃいまs「おーっす香霖!」」

渾身のいらっしゃいませをさえぎって入ってきたのは、自称普通の魔法使い、霧雨魔理沙だった。

「あれ? 何でアリスが店番してるんだ? 香霖はどこ行った?」

「……まあいいわ。説明してあげる」

どっと疲れが出たのを感じつつ、律儀にこれまでの経緯を説明するアリス。

「と言うわけで、今は代わりに店番してるの」

「なんだなんだ、人が研究で篭ってる隙にこそこそと。そういう時は一言教えてくれるのが人情ってもんだぜ」

「あんたが来なかったんでしょうが……」

「で、いま気合の入った料理作ってんだろ? こりゃ晩飯が楽しみだ」

「話聞きなさいよ……。ていうか、あんたの分まで作ってるわけないでしょうが」

「薄情なやつだな全く。まあいい、今日は退散しとくぜ」

「珍しいわね……。強引に奪ってでも食べそうなものなのに」

「お前は私を何だと思ってんだ? 今日は仕入れに来たんだよ。まだ研究の目途がたってないからな」

そう言って店内を漁りだす魔理沙。

「じゃ、香霖とよろしくやってな」

「ちょっと待ちなさい」

そのまま出て行こうとする魔理沙を引き止める。

「お、ご馳走してくれる気になったのか?」

「んなわけないでしょうが。あんた商品持っていくならお金払いなさいよ」

「香霖から聞いてないのか? 私は借りてるだけだから代金はいらないんだぜ?」

「あんた私や紅魔館だけじゃなくてここでもそんなことしてたの!?
 とにかく今は私が店番してるんだから、きっちり代金は請求するわよ!」

「よう、香霖。邪魔してるぜ」

「ああ、霖之助さん? 今ちょっと魔理沙と売買の神聖さについて話してるから……」

と言いつつ台所のほうを振り合えるが、霖之助の姿など影も形もない。

「引っかかったな! 甘いぜアリスーーーーぅぅぅぅ……」

その隙を突いて箒で飛び出す魔理沙。
あっけにとられたアリスが我に帰ったときには、その姿は遥か彼方に消え去っていた。



「まったく魔理沙ときたら! 霖之助さんももっと厳しく言わないと駄目よ!?」

「言って聞くような相手なら苦労はしないんだけどね」

さっきから憤りっぱなしのアリスに対し、霖之助は既に諦めているらしく、苦笑しながら料理を食べ続ける。
結局店番を放りだしてまで魔理沙を追いかけるわけにもいかず、見逃す結果となってしまった。
アリスとしては憤懣やるかたないが、店主がこれではアリスが怒っていても仕方ない。

「それにしても美味しい料理だ。洋食はよくわからないが、人形に遠隔操作させてこれなら君自身の手料理はもっと美味し
 いんだろうね」

「まあ、自分で作れないものを人形を介して作れはしないわね」

「それはいいことを聞いた。是非君自身が作った料理を食べてさせて欲しいね」

一瞬、『僕のために味噌汁を……』という台詞が頭に浮かんで顔が熱くなる。

(まあ実際は好奇心で言っているんだろうけど……)

かと思えば、そう思った途端に顔の熱は消え、少し寂しさを感じる。

(……参ったわね)

どうやら自分は、自分が思っている以上にこの男に好意を抱いているようだ。