■情報
  • ストーリー
  • イベント
  • 小ネタ
  • 修験界
  • 2周目追加要素
    (ネタバレ注意!)

    (地名ネタバレ)

■システム

■アイテム

■キャラクター
■微ネタバレ

■悪魔台詞集

■スキル備考
    (地名ネタバレ)
    (ややネタバレ)

■その他
    (ややネタバレ)
    (ややネタバレ)
    (ネタバレ注意)

今日訪れた人 -
昨日訪れた人 -
統計 -

更新履歴
取得中です。

名前 解説
レギオン 同じ様な苦痛を味わう霊達が&br()集合して生まれた悪霊。&br()その名は「連隊」を意味する。&br()ゲラサ人に憑いた悪霊がこの名を名乗るが&br()キリストによって豚の中に送られ&br()豚ごと湖で溺死させられた。
イッポンダタラ 熊野の山奥に住んでいると伝えられる。&br()一つ目 一本足の妖怪。&br()山に雪が積もると その中に&br()一本足でつけたと思われる30センチ程の&br()足跡を残すとされる。
リャナンシー アイルランドの民間伝承に登場する&br()美しい女性の姿をした妖精。&br()人間の男の愛を求めていると言われる。&br()恋人となった男の生命を吸い取って&br()生きているが その代わりに恋人に&br()霊感を与えるという。
ネコマタ 長命の猫が力を得て妖怪に化身した存在。&br()知恵に長け人語を解する。&br()得た力の大小によって操る現象の規模は&br()様々だが中には人に化けたり&br()死者を使役したりする者もいるという。
トート エジプト神話に登場する全能の神。&br()ヒヒの頭を持っている。&br()悪神セトとは常に反目する立場を取り&br()オシリス イシスといった&br()善性の神々に従って行動した。
ナガスネヒコ 太古に大和地方を支配していた王。&br()アビヒコの弟。&br()神武天皇の東征軍を迎え撃ち&br()一旦は勝利するがアマテラスらの加勢を&br()受けた軍勢に敗れ去る。
アビヒコ 大和地方の有力な豪族。&br()ナガスネヒコの兄。&br()戦いに敗れたアビヒコと&br()ナガスネヒコは ともに津軽に渡り&br()そこで王朝を築いたという。
スカアハ ケルト神話の女王。&br()影の国を統べる女王でもある。&br()呪術師だがむしろ武芸に秀で&br()後にクー・フーリンの師となって&br()彼に魔槍ゲイボルグを譲り渡した。
クダン 牛から生まれる人面牛体で&br()人語を発する妖怪。&br()凶事の始まる前兆としれ現れ&br()必ず当たる予言を残して&br()死んでいくという。
フツヌシ 日本書記に登場する刀剣の神。&br()天孫降臨に先立ち&br()葦原中つ国を平常したとされる。&br()フツヌシという名は 物が断ち切られる&br()さまを現す「フツ」と神であることを現す&br()「ヌシ」から成っているとされる。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー